medium_3007393167

地方で仕事をしていて感じることですが、とにかく給料が安いですね。もちろん、業種や企業によって変わると思いますが、とても将来安泰という給料をもらえるなんて想像もできません。地方に移住して転職活動をしていた時期も、年収500万円に壁があるという話を聞きました。


実際、40代前後で年収500万円に到達しない人っていたりするわけです。一人暮らしなら500万円あれば、それなりに裕福な生活ができそうですが、家族がいると、500万円だと裕福な生活はできないでしょうね。


以前も計算しましたが、家族がいると、月に30万円くらいの出費があると思います。それだと月収35万円くらい必要で、とても一人の稼ぎでは生活できません。その為、地方で生活するには共働きが必要になるかなと思います。


以前、派遣会社に転勤してきた同僚と、以前の職場の話をしたんですが、給料が毎年5千円しか増えないし、もともとの給料が低いので、10年働いても、役職がつかなければ月収30万円到達しないという話をしていました。


私が勤めていた派遣会社はとてもいい給料ではありませんが、それでも、前の会社と比較すると給料がアップしたという話をしていました。


さらに、地方の場合、飲み会も多いので、サラリーマンの出費も多く、意外と貯金ができないのが現状ではないでしょうか。


そして、昇進だけが給料を上げる手段だとしたら会社員勤めも大半が負け組ではないかと思うわけです。なぜなら、役職を持てる人の数は限られるわけで、多くは平社員になってしまいます。その為、昇進が給料を上げる方法になるなら、役職がもらえない人はずっと給料が低いままです。


少ないパイの取り合いで勝ち残れない場合は、いつまで経っても生活が厳しいのが日本なのです。昔のドラマなどでも、よく旦那さんやくが課長昇進、部長昇進おめでとう的な発言をするシーンをみましたが、社会的に成功するには企業選びも重要だし、昇進する事も必須条件になってきます。


そして、こんなニュース記事もあります。

アラフォー世代の給料が下がる3つの理由とは?


記事によると、12月14日に放送された『クローズアップ現代+』(NHK系)では、アラフォー世代の苦悩を特集したそうで、まず、番組はアラフォー世代の5年前と現在の給与額の変化を紹介され、他の世代は軒並みプラスだが、「35~39歳はマイナス4,300円」「40~44歳ではマイナス23,300円」と、アラフォー世代の給与額だけがマイナスを記録しているとあります。


なんと、給料が下がるんですね。以前の職場では、課長職の方より、平社員のほうが給料がいいという逆転現象が起きていました。理由は、役職は残業代が出ないから稼げないというものです。


そして、この理由について、番組では3つの理由が書かれています。


1つ目は、「研修の機会が少ない」。

アラフォー世代は、就職時期が不況だったため、他の世代と比較してスキルや能力開発の機会に恵まれなかったとのこと。研修の機会が給料に直結しているのはどうなんでしょうかね。


2つ目は、「勤続年数が短い」。

アラフォー世代は、新卒時に希望の会社や業種に就職できず、転職をした人が他の世代よりも多くいるそうです。この要因として書かれているのが、

「転職した場合、中小企業に入ることが多くなっていました」
「勤続年数は評価されますから、転職して勤続年数が短くなれば賃金がなかなか…」


転職先が中小企業になりやすいことや勤続年数が給与額に影響することなどが原因で、給与が低くなっているとあります。これも日本の悪いところですよね。いまだに能力給で評価できない企業が多い。確かに、長く勤めるというのは評価にしたくなるのもわかりますが、、、


3つ目は、「昇進・昇格が遅い」。

アラフォー世代は、大量採用されたバブル期世代が上でつっかえているため、昇進や昇格が難しいのも原因とのこと。これは確かにそうですね。


と、今の40前後は給料が安い傾向があるようです。日本は稼ぎにくいし、税金も多いし、とにかく手元にお金が残らないのです。だから、収入が少ない場合は、以下の選択肢になるかと思います。


・夫婦で共働き
・副業、兼業をする


夫婦で共働きも限界があります。例えば、子供が小さくてアルバイトくらいしかできない場合、10万円も稼げないかもしれません。アルバイトは意外と稼げません。


そして、副業もすぐに稼げるようになるわけではないですし、収入も安定しません。兼業も本業への負担が増えます。


つまり、今以上の努力をしなければ、裕福な生活は中々手にできないのです。個人的には副業がお勧めですが、稼げるようになるまでに時間がかかるし、確実なのは転職ですね。



d6fdce893a45a63a3f531f3810a2e4a2_s

そして、今の会社の給料に不満があるという方で、転職を検討している方にオススメなのが、”workport”です。

>>IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】 


例えば、リクナビなどの転職サイトだと、自分の登録したスカウトを見て、気になった企業がオファーをしてくれますが、中々、自分が思うような企業に巡り合えない場合があります。リクナビはあくまで転職サイトなので、自分でレジュメを入力し、自分で動く必要があります。


しかし、サイトだけの情報だと、企業の細かい情報や求人などから見えない部分が分からない事が多いです。


workportなどの転職エージェントは、企業と仕事を探している人の間に立ち、転職活動で助かるような情報を共有してくれるので、企業を選ぶ際に、欲しい情報が手に入る可能性があります。


例えば、私はLinuxはあまり経験がないのですが、求人だとLinuxの構築、運用経験が最低3年とかかれていました。


その為、その求人は自分に合わないと思ったのですが、いざ、workportの担当者が求人を募集している担当者と話をしたら、Windowsサーバの構築経験があれば、Linuxの経験が少なくても大丈夫という情報を知る事ができました。


求人情報では、確かに企業が欲しい求人が書かれているのですが、それだけでは分からない情報というのが確かに存在する訳です。


その為、私たちのような仕事を探している人と、企業をつないでくれるworkportのような転職エージェントの存在は、より円滑に仕事を探す事ができるようになるのです。

《ワークポートがオススメの4つの理由》
①新規求人と非公開求人多数専任チームが毎日新規求人を発掘中。求人の鮮度は転職成功の大きな要素。鮮度のよい求人を常にお届け致します。また非公開求人が多いため、登録後に御覧いただける求人の多さには自信があります。

②無料セミナーが充実
転職成功の為に数多くのセミナーを開催。まずは転職の基本、履歴書・経歴書の書き方から面接の対策。
そして企業とコラボレーションした採用直結型の企業セミナー。また複数の企業を招き開催する合同セミナーなど。転職を成功へと導くセミナーが揃ってます。

③スケジュール管理ツールがすごい
『eコンシェル』というオリジナルシステムをご提供致します。
スケジュールの管理、選考結果の管理、新規求人のご提案、セミナーのご案内など転職に必要な情報をひとつにおまとめ致します。

④担当コンシェルジュの変更が可能
人材紹介サービスを利用される方の不満のひとつは担当者との相性。ワークポートはこの問題に真摯に向き合った結果、担当コンシェルジュの変更希望受付窓口を設置しました。 
あなたの可能性を相性というささいな事で潰したくはありません。心地よくご利用頂くために、ワークポートがだした答えのひとつです。

職場選び一つで、年収が100万円以上違う事って平気であります。


安い会社に入ってしまうと、ずっと安い給料でこき使われる事があるので、自分のスキルに対してもらっている給料が少なすぎる!と感じている方は、転職するのもアリだと思います。


長く続ける仕事だからこそ、ある程度稼げる仕事につくのも大切ですね。特に地方は、設計ができるエンジニアが少ないので、東京で働いていて、そろそろ地方にUターンしようかなと思っている人は30代のうちに行動することをお勧めします。

>>IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】