e02e53e7660e6cb8eed98ec319b7e628_s

私の普段の仕事はシステムエンジニアなんですが、場合によっては英語のスキルが必要になることがあります。海外メーカーの製品を導入する場合、当然ながらマニュアルが英語だったりするのですが、海外拠点に導入する場合は、英語が話せる事を要求される事もあります。


少し前の体験で、自分に英語力(特に英会話)がない事を痛感する事がありました。


数年前の話ですが、外資系企業へ転職したいと思い、外資系企業を紹介してくれる会社に登録していました。そもそも、なぜ、外資系企業に転職をしたかったかと言うと、その要因は私が大学で英語を学んできた事にあります。


私は地元広島の修道大学に入学し、英語英文学科を専攻していました。大学のセンター試験でも英語が一番得意でしたし、英語が一番好きな教科でした。


しかし、、、大学までは文字による勉強をしていましたが、大学に入ると文学とかも勉強するようになり、普段使うような英語を学ぶ機会がさらに減少しました。


結果、大学を卒業したにも関わらず、英語をあまり話せないですし、何よりビジネスで使えるような英語力は持っていません。


先ほど述べたように、海外製品のマニュアルを読む際に、英語のリーディングの力は必要かと思われがちですが、英語が苦手な人は、翻訳サイトに頼ってしまいます。


これだけ国際社会と言われているのに、日本人は英語を全く話せるようになりません。また、仕事によっては、英語が必要になるケースもあります。


しかし、いざ、自分のほうにそういった仕事が舞い込んできても、普段、使っていないから尻込みしてしまう訳です。。。

普段の生活の中で英語を全く必要としない日本社会


話を戻して、私は英語が好きで、一応、英文科を卒業している事もあり、多少は英語はできると思っています。


英会話もごくごく簡単なものなら話せます。しかし、いざ、普通に会話となると、全く歯が立ちません。


それが、以前、外資系企業を紹介してくれる企業の担当から、いい話があると電話で連絡が何度かありましたが、いざ、電話をとっても、全く話が進みません。理由の一つが、担当がほとんど日本人じゃありません。つまり、英語で話してきます。


さらに、電話って日本語ですら聞き取りにくい事があると思いますが、さらに英語が聞き取りにくくなります。その為、数分話したらギブアップ!という状態になります。結果、当時はメールでやりとりする方が圧倒的に多かったです。


メールであれば、 相手のメールをしっかりと読むことができますし、文章作成も時間をかけれますからね。ただ、ここまで自分が英語ができないのか。。。とかなりショックを受けました。


まず、日本人が英語ができないのは、日本に住んでいると英語を使う必要がないからというのもあります。

77f028b6fa62a0ce9bfe88ab2ca76e3b_s


英語のスキルを上げるには日々の勉強を継続するが重要!


以前の職場に、海外留学経験がある人がいて、英語がある程度話せるそうなんですが、日本にいると英語がドンドン下手になると言っていました。まず、日本に住んでいたら英語を全く使わないと思います。その為、英語力が退化していくそうです。


やはり、重要なのは継続して英語を日常の中に取り入れる事だと思います。日本人が英語を使えない理由として、使う機会がないのもそうですが、英語を憶えたい人も、やっては、止めてを繰り返しているからだと思います。


実は、外資系企業に勤めようと思い、私は過去に英語を本気で勉強していた時期がありました。もう、朝から晩まで英語漬けです。ちなみに、話す機会はありませんでしたが、LiveJournalという英語ブログで知り合った日本で働く黒人女性と仲良くなり、英語で色々と日本の文化について語っていた事もあります。しかし、外資系企業ではなく、違う道を選んでしまった為、今は再び、英語から遠のいています。。。


私は海外旅行にも行きたいですし、英語をやはりもっと使いこなせるようになりたい!と思っている訳ですが、やはり、英語を覚えるには英語勉強する習慣を持つ必要があります。


少なくとも、私のようにちょっと話ができるレベル、簡単な英語なら聞き取れるレベルから脱却するには、英語を日常的に体に慣れさせる必要があります。


そこで、ビジネスレベルの英語力を高めたい場合に便利な動画があるので、紹介したいと思います。


こちら、TOEIC対策に無料動画で英語の基礎を徹底的に固められる「福井式英語特訓道場」です。

http://fukuidaisuke.com/


こちらのサイトを運営している福井さんは、現役の翻訳家なので、英語力は間違いないです。私も英語英文科を出たので、かつては翻訳家にあこがれたものです。


自分のスキルで生活ができるってかっこいいですよね。さて、先日も話になりましたが、英語のスキルを付けることは就職にも有利ですし、何より、ビジネスにおいて武器になります。


もし、英語のスキルを高めたいのであれば、日常の中で英語を溶け込ませることが重要です。一番いいのは、海外に移住する事ですが、それがすぐにできない場合が多いです。


そこで、日本でできることはまずは、英語の勉強を続ける事です。そして、この「福井式英語特訓道場」では、基礎的な英語の勉強もできちゃいます。


 >>「英語基礎講座」の記事一覧


例えば、とても参考になるのが現在完了形と過去形の違いについて書かれた記事です。このあたり、日本人だと理解するのにちょっと時間がかかるのではないでしょうか。


特に、使い分けがいまいちできていない人が多いかも。以下は動画でも説明されているんですが、とても分かりやすい例えで、なるほど~という感じです。

I've lost my key.
(かぎを失くして今もない状態)

I lost my key.
(鍵を失くして(今はある))


この感覚で過去形と現在完了形が使い分けられるようになったら、自然な英語になるんでしょうね。よく、外国人の方が日本語を使うときに、逆に過去形や現在形の使い方がなんとなくおかしいのと似ているんだと思います。


ほかにも、just nowとright nowの違いなんて、これまで英語を勉強してきて考えたこともなかったです。


ちなみに、just nowは「たったいま(過去形)」で、right nowは「ちょうどいま(現在形、現在進行形、現在完了形、未来形)」で使われるそうです。


そして、紹介しているサイトでもいいですが、直接、youtubeの動画をお気に入りに入れておくと、通勤の合間や、ちょっとした時間にTOEIC対策の勉強ができちゃいます。


■福井式英語特訓道場(youtube動画)

https://www.youtube.com/channel/UCd5bAU4c0NI_RCLMNuEAEig


実際に、私も予備校に通っていたから感じますが、書籍などをただ読むよりも、人から教わったほうが記憶に残りやすいんですよね。


特に動画だとなおさらです。まず、情報を流しているだけでも勉強になりますし、英語の書籍を読んだりするより気軽なので、継続しやすいです。


また、英語に特化したサイトなので、ほかにもサイトでは、英語に関連するアプリ(発音の口の動きが3Dで分かる、便利なアプリ)や、無料で読める英語漫画の紹介などもしているので、英語をより楽しんで勉強するノウハウがいろいろと学べます。


これからTOEIC対策として本格的に英語を勉強したい方や、英語初心者だけど、英語のスキルを高めたいという方にお勧めです。