51eb07af9b60537a221599db965f2882_s

結婚をして、家族ができると考えるのがマイホームではないでしょうか。賃貸派か持ち家派か分かれると思います。


そして、私の周りでは、マイホームを買おうかと検討している人が何人かいます。地方の場合は、移住することが少ないので、家を持って落ち着きたいという人が多いのではないでしょうか。実際、30代になるとそろそろ、マイホームやマンションを購入しようかどうかを検討する人が増えてくると思います。


確かに毎月家賃を払うのを考えたら、住宅ローンにあてたほうがいいですよね。私も中古マンションを購入しようか検討していますが、当然、現金がない為、ローンを組むことになります。


多くの場合、家を一括で購入するようなお金はないでしょうから、一般的には住宅ローンを組むことになります。マイホームは一生で一番高い買い物と言われますし、かなり高額になります。


その為、マンションや一軒家を購入する場合は、何度も下見をして、周辺環境などをしっかりとチェックして、建物自体だけでなく、そのエリアが住みやすいかどうかを入念にチェックしておくといいでしょうね。


過去にマンションの不動産投資をしようと勉強していたことがありますが、いい物件を見つけるのは、その建物だけではなく、周辺環境のチェックも含まれます。


例えば、ファミリー世帯であれば、近所に幼稚園、保育園、学校、病院、スーパーなどがあるかどうかをチェックします。個人的には以前、住んでいた千葉の行徳は本当に住みやすかったです。飲食店も多いし、保育園、学校も歩いて行ける距離にあったし、スーパーなんて一キロ圏内に4件以上ありました。


少なくとも、何かがなくて困るということはなかったですね。地方に移住すると、家賃相場は確実に下がりますが、便宜性が反比例で悪くなっていきますね。その為、建物と合わせて周辺環境はしっかりと事前チェックしておくことが肝心です。


そして、将来を考えた場合に、自分の持ち物としてマンションや一軒家を保有するのは一つの安心につながるかもしれません。年金支給開始年齢が75歳からになるかもという恐ろしい話もあり、本業だけの収入では不安という方も増えていることと思います。


私もそれがあって、本業だけではなく、副業もしていて、だいたい月収10万円ほどあります。その為、今では毎月30万円近くの貯金が毎月できるようになりました。将来の為にお金を貯めるのはとても大切です。


マイホームを購入する場合や、不動産投資をする場合、多くの方は、不動産会社提携するローンで組むことが多いのですが、それよりも、条件のよい住宅ローンで選ぶことができるサービスがあります。


それが「モゲチェック・プラザ」です。

 →全国120銀行からベストな住宅ローンを選べるモゲチェック・プラザ


「モゲチェック・プラザ」は不動産会社の提携ローンより安く住宅ローンを選ぶことのできる住宅ローンコンサルティングサービスです。住宅ローンのプロが不動産会社の提携ローンより総返済額の安いローンを紹介します。


plaza000000


そして、金利だけでなく「繰上げ返済」「期間短縮返済」「団体信用生命保険」など様々なポイントを考慮し、全国120銀行、1,000を超えるプランの中から、最適なローンを提案します。


また、ご契約まで面倒な手続きをお任せできるのも特徴です。


MOGE CHECK PLAZA 住宅ローンの相談窓口
プロが全国120銀行からベストなローンを選択。
不動産会社の提携ローンよりお得な住宅ローンがここにあります 提携ローン申し込み後でも間に合います
全国120銀行からベストなローンを選べます 最低水準の金利で理想の家をお得に購入しましょう
相談無料
無料診断を申し込む
お問い合わせ
※2017年4月実施の来店者調査結果(回答数108)


知らなきゃ損!最安の住宅ローンを見つける方法があります。


こんな風に思っていませんか?
不動産会社の提携ローンを選ばなければいけないんじゃないか…不動産会社の紹介した提携ローンなら一番最適かもしれない…せっかく紹介してもらったのだから断わると悪いし…


そんなことはありません!住宅ローンは自由に選べますし、不動産会社の提携ローンだからといって最安の住宅ローンとは限りません。


●総返済額はこれぐらい違う 総返済額では約100万円削減!
マイナス金利の今、最適な住宅ローンを選ぶチャンスです。面倒な交渉・手続きは全てお任せいただけるほか、不動産会社とのお打ち合わせにも立ち会わせていただきます。


全国120銀行からベストなローンを選べます 最低水準の金利で理想の家をお得に購入しましょう!


モゲチェック・プラザならスピーディーに手間なく見直しを実現できます。

●最低価格保証
弊社手数料を含めた提案ローンと、不動産会社提携ローンの総返済額を比較頂けます。

●提案ローン手数料 不動産会社提携ローン
総返済額が安い方をお選びください。不動産会社提携ローンを選択される場合は手数料は一切頂きません。

●マンスリーレポート
完済まで毎月レポートをお送りし、借り換えチャンスや金利タイプ変更のタイミングを何度でもお知らせします。


住宅ローンのプロのアドバイスにより、完済するまで最適なローンを維持できます。借り換えの手続きも代行します(別途費用)。


すでに不動産会社から提携ローンの紹介を受けていても間に合います!


●住宅ローン決定のタイミング
マンションや戸建ての不動産売買契約を締結したとしても、金銭消費貸借契約が締結されていなければ、まだ比較検討することができます。


マイホームを購入される際、多くの方は『自分はいくらローンが借りられるだろう?』と借りることしか頭にありません。希望額まで借りられればどんなローンでもいい!楽チンだったらそれがいい!そう思われている方がほとんどです。そのため、不動産会社が勧める提携ローンに申込み、見直しもせずに返し続けているのが現状です。ですが、不動産会社の提携ローンが一番いいローンとは限りません。


住宅ローンは高額でかつ返済期間の長い買い物です。『いくら借りられる?』も大切ですが、『最終的にいくら金利を払うのか?』も重要です。


こちらのサービスでは、金融機関出身のプロフェッショナルが、様々な金融機関からお客様の最も有利になる商品をご提案します。第三者の目を持った専門家のアドバイスを受けて、どうか最適な住宅ローンを選んで頂きたく思います。

74c706b9c82d53324e08733837931ca5_s


マイナス金利時代にぴったりのサービスとして数多くのメディアで取り上げられています

●メディア掲載
【全国紙】
日本経済新聞
産経新聞
Wall Street Journal

【テレビ】
NHK「ニュース7」
NHK「クローズアップ現代」
テレビ朝日「ANNニュース」
テレビ東京「WBS」
テレビ東京「ゆうがたサテライト」
BS Japan「モーニングプラス」 2016年5月16日

【ビジネス誌】
東洋経済
プレジデント
日経ビジネス
フォーブス
日経トレンディ
WEDGE infinity
日本経済新聞朝刊
月刊ネットマネー

●サービスの流れとお客様へのお約束
step1 無料診断
step2 コンサルティングサービス
step3 アフターフォロー
※2と3は有料サービスとなります。

有料サービスは、成功報酬制で元本の1%、但し下限25万円(税別)です。お支払い頂くのは、住宅ローンの審査承認を得た後です。ご契約時にお支払頂く必要はありません。なお、不動産会社提携ローンを選択される場合は、手数料は一切頂きません。
初めて住宅ローンを組むので心配という方がお気軽にご相談できるよう「3つのお約束」をします。

1 お客様にとって最も条件が良いローンを選びます 金融機関からの利益誘導は受けません
2 お客様にとって安心できる成功報酬です ご相談いただいたお客様に損はさせません
3 完済までしっかりサポートします 見直し後も金利情報などのお知らせを継続します
過去相談件数約1,000件、顧客満足度94.2%のデータがサービスクオリティを証明しています。



【よくある質問】
Q:モゲチェックプラザはどこにあるのですか?
A:銀座、新宿、横浜にあります。銀座と新宿は駅徒歩5分のオフィスビルに入っています。横浜はそごう横浜店の9階にあります。

Q:特定の銀行をすすめられたりしませんか?
A:モゲチェック・プラザはどの金融機関からも一切手数料を頂いておりません。お客様から頂く手数料のみで運営を行うことで、真にお客様の立場でサービスを提供しております。

Q:金融機関に直接相談するのと何が違うのですか?
A:銀行など金融機関へ直接相談する場合、当該金融機関が提供する住宅ローンのみが対象となります。一方で、モゲチェック・プラザでは全国120銀行1,000本以上の住宅ローンの中から、お客様に最も有利な条件の住宅ローンをご提案します。

Q:料金が成功報酬制とはどういうことですか?
A:まず初めに無料診断を行い、不動産会社の提携ローンと、モゲチェック・プラザ提案ローンに弊社手数料を上乗せしたものを総返済額で比較します。弊社有料サービスをご契約後、モゲチェック・プラザ提案ローンを実行される場合のみ手数料を頂きます。不動産会社提携ローンの方が条件が良く、そちらを選択される場合は料金を頂きませんので、安心してご契約いただけます。

Q:運営会社はどういう会社?
A:株式会社MFSは、住宅ローンを必要とする全ての人が最も有利な条件で借り入れ、借り換えできる世界を実現します。


では、実際にこちらのサービスを利用した事例がありますので紹介します。


住宅ローンとオートローンの借り換えを同時に行い、
       トータル210万円のメリットを実現


住宅ローン残高3,100万円、変動金利1.25%、返済期間30年とオートローン残高500万円、変動金利2.9%、返済期間7年のお客様が、住宅ローンとオートローンの借り換えを同時に行った事例についてご紹介します。


■相談に来られた背景■
インターネット等で情報収集を行い、ご自身でお借り換えを検討されましたが、どの銀行が借り換え先としてベストなのか分からなくなり、ご来社。

■ご提案内容■
住宅ローンの借り換え相談の中で、500万円と大きな金額のオートローンの残高があることが分かったため、それを含めた借り換えプランをご提案。

■銀行交渉・結果■
住宅ローンとオートローンの2つのローンを同時に借り換える形で融資交渉。
2つのローンとも金利を大きく引き下げ、借り換えの承認を得る。
結果、住宅ローン約180万円、オートローン約30万円の
合算で約210万円の返済額の削減に成功。


 【住宅ローン】        借換前                     借換後
        ・金利             1.25%                   0.625%
        ・総返済額   3,720万円         3,540万円
        ・月次返済額  10.3万円          9.8万円
        ※返済期間:30年、金利タイプ:変動 は変更なし
      **総返済額 180万円ダウン**

 【オートローン】       借換前                     借換後
        ・金利             2.9%                    1.7%
        ・総返済額   500万円           470万円
      **総返済額 30万円ダウン**

■お客様の声■
住宅ローンだけでなく、オートローンの借り換えも併せてできたので助かりました。自分ではベストなローンを選べなかったし、オートローンも併せての借り換えなどできると思っていなかったので、大変感謝しています。


■担当者からのコメント■
一般の方が、住宅ローンとオートローンの2つのローン借り換えを同時に金融機関と交渉するのは非常に難しいと思います。
弊社は、様々な金融機関とのネットワークとモーゲージスペシャリストの金融ノウハウをフルに活用して、住宅ローンに限らず、その他の借り入れも合わせたトータルソリューションをご提供しております。


金融機関によっては、投資用物件を保有で不動産による収入があったとしても、「不動産収入は収入としてみなさない」もしくは「不動産収入の一部を加味する」など住宅ローン借り換え審査の基準は様々です。しかし、一般的に金融機関が審査をする際は、「不動産の収入が0(入居者無の状態)で毎月の住宅ローン返済が残っている」という最悪のケースで審査をします。


投資用物件のローンの支払いが不動産収入を上回ってしまっている状態では、マイナスとなってしまった金額を年収からは差し引かれて見られてしまうことがほとんどです。更に、投資用物件での借り入れも返済比率に算入しなければならない場合もあります。


投資用物件のローンがある場合、各銀行がどのように投資用物件の借り入れについて計算をするのかを熟知しているかが鍵となります。


モゲチェック・プラザは金融機関出身のプロフェッショナルが、実際に取引のある様々な金融機関の住宅ローン商品の中から、お客様にとって最も有利になる商品をご提案します。
是非一度ご相談下さい。


住宅ローンを少しでも安く提携したいという方は、是非、チェックしてみてください。

 →全国120銀行からベストな住宅ローンを選べるモゲチェック・プラザ