08e23b55a0048a8e6b342f572998903a_s

私は今年からフリーランスとして活動していますが、フリーランスになって様々なメリットを感じるようになりました。元々、私は物販をしていたんですが、物販はやり方次第で大きく稼げます。


以前、某海外メーカーの商品を海外から仕入れて、日本で売っていましたが、年商約1000万円ほど到達する事ができました。


物販は稼ぎやすい反面、わかりやすい仕組みである為、差別化をしなければ中々、売り上げ増加にはつながりません。


また、売り上げ増加もそうですが、以下に利益率を上げるかも重要です。例えば、仕入れ額を下げる事ができれば、それだけ利益を上げることができます。そこで重要なのがお金です。


お金がなければ商品を仕入れることができません。さらに、お金があれば、大量に商品を仕入れる代わりに、一個あたりの単価を下げることもできます。物販は資金がない人よりも、当然ながら資金がある人のほうが有利です。


事業を拡大していくにあたり、当然人でも必要になりますし、資金も必要になります。サラリーマンではあまり意識する事はないかもしれませんが、資金繰りは自営業者にとって重要な項目になります。


そこで、フリーランス、個人事業主向けの資金繰り、キャッシングの情報収集にオススメのサイトがあります。「個人事業主キャッシング119番」というサイトで、個人事業主のための資金繰りやキャッシングに関する情報を集めたサイトになります。

medium_5961260280


例えば、個人事業主はキャッシングの審査に通りにくいと言われています。実は、私もフリーランスになった時にちょっと気になったのがこの部分です。


会社に雇われている訳ではないので、クレジットカードも作りにくくなると言われています。私の場合、サラリーマン時代につくったクレジットカードがあるので問題ないですが、クレジットカードは買い物だけでなく、お金を持ち歩かなくていいのも便利です。


こういった自営業主が持つ悩みを解決する方法などもサイトで紹介されていたりします。

自己破産しても再びキャッシングができる?

私の知人で今では考えられないほどの資産を持っている投資家兼、起業家がいます。その方は最初、中古レンタルショップを展開し、一時は企業を上場しようとまで考えていたそうです。


それが日本は厳しい国で、一度失敗するとそこから再出発が難しいそうです。


企業もそうですが、同様に個人でも借金を支払えなくなった場合に、自己破産という結論に至る場合があります。実は、私の親も自己破産を経験しています。


自営業者は借金を頑張って払い続けている場合もありますが、自己破産するケースもなくはないと思います。ちなみに、個人事業主・自営業者の方が自己破産した場合、事業資産を処分しなければならなりませんが、必ずしも個人事業・自営業を継続できないというわけでもないそうです。


ただし、、、自己破産をすると、信用情報機関の事故情報(ブラックリスト)に登録されることになり、一定期間は新規の借入れや融資を受けることが難しくなるというのが一般的です。


ところが、全く借り入れができない訳ではないというのがサイトにも書かれています。世の中、当たり前だと思っている事が実はそうではないという事があるので、注意が必要です。

個人事業主が節税する方法

そして、個人事業主、フリーランスであれば、間違いなくやっていおいたほうがいいのが節税対策です。これをするかしないかで、支払う税金が大きく変わってくる訳ですから、ちょっと手間でも絶対にしておいたほうがいいです。


例えば、確定申告の際も、青色申告なのか、白色申告なのかでも大きく変わってきます。他にも個人事業主が知っていおいたほうがいい節税対策がサイトでは紹介されています。

まとめ

私も今年から個人事業主として活動をしていて、サラリーマン時代と変わった事といういのはいくつもあります。例えば、確定申告は自分でしなければなりませんが、その苦労分、節税対策もできます。


他にも、上述した通り、事業を拡大する場合、資金確保の方法につても勉強する必要があります。そういった個人事業主、フリーランスにとって有用な情報が満載の「個人事業主キャッシング119番」で、情報をチェックしてみてください。


実は知らなくて損した事、資金繰り、キャッシングについてよく分からないことを解決してくれるヒントがありますので、個人事業主、フリーランス方は参考にしてみてください!