39571fd97e1f8a6fe7e44ea0c0fe104d_s

以前、池上彰のテレビ番組で日本の就職事情について、番組で取り上げていたんですが、そこでとても興味深い内容が放送されていました。


というのも日本の企業の場合、新卒が一気に入社しますよね。例えば、入社説明会とかあって、新卒採用をします。日本人の場合、新卒でいかにいい企業に入れるかが今後の将来に関わってくると思っている人が多いし、実際にそうなります。


日本の文化は、最初が肝心で後は、企業の為に働き続けるイメージがあります。これって実は世界的には独特らしく、アメリカの場合は、仕事で会社を選ぶそうです。


一方、日本は仕事よりも会社を選ぶことが多いですよね。だから、大きな違いとして、日本は入社するイメージがありますが、アメリカはやりたい仕事の為に、会社を選ぶそうです。


そして、この会社に依存する日本は、ブラック企業が生まれやすいというのです。すごく納得できます。


この文化はすぐには変わることはないと思いますが、少なくとも、日本の場合、一度、会社の選択を誤ると、すぐに転職ができない為、長い間、仕事の為に辛い思いをすることがあります。


現在、私はフリーランスとして活動をしていますが、その前は、派遣会社に勤めて、色んな企業で働いてきました。


そのおかげで気づいた事があるんですが、会社によって仕事のルールも違えば、働きやすさも全然違うのです。


これまで、ここでずっと働けたらいいな~と思えた職場もあれば、2度と戻りたくない職場もありました。同じ業種で働いていても、天と地の差があることがあるんです。


これも派遣として働いていたからこそ気づけたんです。


仮に一社で働いていたら、その会社の事しか知らないので、いいのか悪いのか判断ができなかったと思います。その為、ブラック企業であまりに辛い場合は、転職することで活路を見いだせることもあります。しかし、、、

覚悟して転職したけど、転職先もブラックだったら?


日本の場合、長く務めることをよしとする文化がありますから、転職は簡単にはいきませんよね。


精神的にも体力的にも疲れます。だから、ついつい、辛い環境でも我慢してしまいます。


しかし、、、もう限界!と思って転職活動をするわけですが、正直、これまで何度も転職活動をしていて感じる事ですが、面接で会社の裏側を見抜くことはできません。


かつて、すごくトークのうまい役員の方と面談して、意気投合して入社したところ、、、その会社はなんと倒産する危機にありました。その会社は人材派遣と開発の受託をしていましたが、開発のほうが大赤字になっていて、その補てんとして人材派遣の利益が使われていました。


そこで、会社が買収されて、利益の出ない開発の仕事を減らし、派遣事業に力を入れて、会社の傾きをこれから戻すというタイミングでした。


当然、給料も想定より安く、やりたい仕事もできませんでした。将来性がないと感じた為、わずか1年で退社しました。今思えば、正しい選択でしたが、その転職もやはり大変でした。


という経験からも、転職活動が必ずしも成功するとは限らないし、熟考していい結果がでるとも限らないのです。なぜなら、面接官次第で、会社がよく見えたり、その逆もあるからです。


つまり、結果的に運任せ的な転職活動になってしまうことがあります。これってすごくリスクが高いのです。

6e89b0b82049d7681a543a3cae206847_s

就職、転職先が自分に合うかは入社しないと分からないリスクを回避する方法


では、結局、転職はリスクが高いからしないほうがいいのか?という話になりますが、私はこれまで転職を繰り返したことで、給料を上げることができましたし、満足できる会社に出会う事ができました。


その為、今の職場環境があまりに辛いとか、仕事の割には給料が安すぎる、待遇が悪すぎる場合は、転職をすることで、大幅に改善されることもあります。


しかし、上述した通り、転職には少なからずリスクが存在します。


そこで、転職で失敗したくない!という方に利用されているサービスがあります。それが、転職占い「Bizura」です。


A社とB社のどちらを選ぶべきか?二社択一の就職・転職占い「Bizura」

https://www.bizura.info/report


就職・転職は人生にといて重要な選択肢になります。さらに、人生のほとんどの時間を仕事をして過ごす訳ですから、人生の最も重要な要素とも言えるのですが、実際の就職・転職の場面では、「運任せ」になってしまうことが多いです。


このことを実感している人は少なくはないはずです。


これを感じる理由として、就職先や転職先の実際の様子は、入社してからでないと分からないことが多いです。


入社してから「あ~、失敗した」と後悔することもあります。就職・転職の悩みは、入社したばかりの人だけでなく、管理職になってからも悩みはありますし、全てのビジネスマン共通の悩みと言えます。


そこで、転職を成功させたい方に是非、訪問してもらいたいのがこちらのブログなんですが、転職を成功させるヒントが書かれていて、とても参考になります。


例えば、よく悩むこちらのテーマ。

>>転職する時は、同業種の求人を探すべきでしょうか?異業種の求人でも良いでしょうか?


私も以前、悩んだことがあるのですが、転職する時は、同業種の求人を探すべきか、異業種の求人でも良いのかというものです。


かつて、自分のスキルに自信が持てない時に、ブラック組織にぶち当たり、それが続いた為、IT業界を辞めて、行政書士になろうとしました。当時は、ただただ、逃げたかったのです。


しかし、今は、この仕事を続けて大正解だと思っています。


それについては、紹介したブログでも、できるだけ今までした仕事と関連がある求人を探すことをお勧めしているとあります。


その理由として、異業種よりも同業種の方がはるかにより選択とあり、以下のように説明があります。

求人の中には「未経験者可」というものもありますが、基本的には転職は「経験者採用」が前提だからです。


これは実際にそうで、私は今の仕事でスキルを高めていったおかげで、仕事の選択肢が増えました。

同業種への転職であれば、例え会社が変わったとしても、業界の慣習、用語、仕事のやり方など、共通する部分も多く、スムーズに転職先に溶け込むことが期待できます。あなたがどんなに敏腕のビジネスマンであったとしても、異業種に転職すれば、また一から覚えなければならないことが、それだけ多くなります。


さらに納得できる内容として、上にあげたものです。異業種への転職はとにかくパワーがいります。そして、一から仕事を覚える必要があります。


それに、その仕事が楽しめるという保証もありません。


仮に、その仕事が本当に嫌ではないのであれば、一度、冷静になって考えてみるのも一つです。また、この続きに、さらに、納得させられる説明が書かれている訳ですが、ふと冷静になってみるのは大事だと思います。


以前、ニュース記事になっていたんですが、ある匿名ブログ記事で、元日立製作所の社員が、転職して日立がどれだけ恵まれていたか分かったというものがあります。


転職は、当然ながらメリットもデメリットもあります。転職して大正解という人もいれば、転職して失敗したという人もいます。しかし、どういった考えで、どういった方針で転職先を決めるかで、結果が大きく変わることがあります。


そのヒントが今回、紹介したブログに書かれています。これから、転職、就職を考えている人は、とても参考になる情報が書かれているので、是非、一読してみてください。

https://www.bizura.info/report