SecondLife In Hiroshima

地元広島で働くインフラエンジニアの情報発信ブログ!お好み焼き、汁なし担々麵などのB級グルメに始まり、色んな美味しい物がある広島の情報発信、そして、生活を豊かにする副業で稼ぐ方法などを紹介!

medium_286382204


私は派遣会社に勤めている事もあり、ITエンジニアとして様々な分野で仕事をする経験をさせてもらいました。


最初は、ケーブル会社のモデム交換。そして、無線LAN、その後、NWエンジニア、そして、今は流行の仮想化ソリューションに従事しています。


こういった経験の中で、感じる事があります。


それは、経験することが一番の成長につながるということです。


よく、環境を用意できない場合、マニュアルや分厚い参考書を読むように指示されることがありますが、これで本当にスキルがつくかというと「?」と思うことが多々あります。


おそらく、どんなすごい人でも分厚い教科書を一日中読んで、覚えている人はいないと思います。


人の記憶はとても忘れやすいんです。それは、「エビングハウスの忘却曲線」でも表されています。


20分後には、42%を忘却し、58%を覚えていた。
1時間後には、56%を忘却し、44%を覚えていた。
1日後には、74%を忘却し、26%を覚えていた。
1週間後には、77%を忘却し、23%を覚えていた。
1ヶ月後、には79%を忘却し、21%を覚えていた。


特にITエンジニアは覚える事が多すぎて、自分自身も経験ありますが、結構忘れます(笑)。


先日も、セミナーを一週間受けてきましたが、既に結構忘れています。では、ITスキルで記憶に残りやすいもの・・・と考えた場合、経験したことがあげられます。


現場で失敗したこと、構築時に失敗した事・・・失敗した事が多いですが、これが記憶に大きな影響を与えます。


実は、この記憶は”エピソード記憶”に関係しています。単純に物事を覚えるよりも、トラブルがあったとか、そういったエピソードと合わせると記憶に残りやすいんです。


つまり、機器を実際に触れて、はじめはうまくいきませんが、そういった苦労が記憶に強く焼きつきますし、ノウハウになります。


実は、ITエンジニアの仕事だけでなく、私たちの様々な仕事で、多くのことを学んでいるんです。


それを、活かすことで、ビジネス、投資にうまく活用できると考えています。つまり、実践して経験したことは、私たちの貴重なノウハウになるんです。


そして、これも同じことを言えますが、投資やビジネスの本を読むだけで、実践しなければ、ノウハウはたまっていきません・・・


もし、勉強だけして、前に進めない方は、実践することで数年後には、必ず飛躍的な成長をするに違いありません。


 

small__3154991047


私は商品の仕入れでeBayを利用する事が多いのですが、その際に、注意なのが”コンディション”についてです。


これから、輸入ビジネスを始める場合、日本の品質と大きな開きがあるんです。


例えば、日本人は商品の外箱も含めて商品と考えています。しかし、海外、特にUSの場合、外箱は商品を守る為にあるもの程度で考えている人もいますので、外箱むき出しで送られてくることもあります。


箱に穴が開いていたり、キズだらけといったケースがいくつかあります。


そして、もっと注意が必要なのが、上にあげた”コンディション”なんです。


商品を仕入れる際に、新品か中古があると思います。


基本的に、新品はリスクが少ない分、利益率が低く、中古はコンディションなど意識する必要があるので、利益率が高くなること多いです。


その中で、まず”中古”ですが、コンディション説明でよく使われるのが、

・Like New
・Mint
・great condition


などなど、様々な表現で説明されています。その中で、”Mint”と書いてあるときれいなイメージを抱きますが、とんでもない状態のものがくることがあります。


ちなみにMintの意味ですが、以下の通り、新品に近いとあります。

まるで新しいようなさま(as if new)

★weblioより抜粋


しかし、きちんと確認せずに商品を受け取ってしまっては、既に遅し・・・なんです。eBayでは返品時の返却料金を落札者が払う傾向があるので、リスクがあるわけです。


これは、Like Newも一緒です。


また、”新品”の場合も注意が必要なんです。私が経験したのは・・・

・型番が異なる
・中古品が到着


などがあります。


では、こういった注意点をどう解消するか、それは、詳細な写真をeBayにアップしてもらうか、自分のメールアドレス宛てに送ってもらうことです。


そして、コンディションの説明が少ない場合は、質問するものも手です。


私の場合、質問用のひな形を作っているので、必ず質問するようにしています。


これを怠ると、返品リスクもありますし、やりとりで無駄な時間、精神的な浪費・・・といった大きな代償を受ける事になります。


リスクを考える事は、どんなビジネス、投資においても重要な考え方ですので、手間はかかりますが、ルーチンワークとして取り入れる事をおすすめします。



◆輸入ビジネスの必須ツール!オークションの相場、統計、価格比較といえば価格比較はオークファン
 ⇒オークションのツール・ノウハウならオークファン  


◆輸入ビジネスでのおすすめクレジットカード!今なら最大5000円分のポイントゲット!ポイントガンガンかせぎましょう!
 ⇒楽天カード!


 

medium_4707945407



体の体形を維持するのは、健康を保つ為にも必要です。


しかし、多くの人が安易な”ダイエット食品”でダイエットに実践したり、お金を出して”スポーツジム”に通ったりしています。


私の周りでは、健康診断でいわゆる”メタボ診断”されて、スポーツジムに通います宣言した人がいました。


数ヶ月経ちますが、体形に変化はありません(笑)


さて、そもそもダイエットしよう!と考えるのは、おそらく普段の食生活がよくない、もしくは、適度な運動がされていない事が原因であると思います。


根本にある原因を改善せず、ダイエットしようとする方が多いのでは?と思います。


その中で、”ダイエット食品”


この”ダイエット”というキーワードは、かなり儲かるマーケットなので、商品の品を変えては、新商品が出ています。そして、メディアの戦略で「○か月で、16キロ痩せました!」という誇大広告に踊らされて、商品を購入する方が多いのではないでしょうか。


いわゆる「before & after」ですね。あの写真はコピーとして、とても効果があるそうです。体験談もそうですね。


一例だと、カテキンの入った飲料を飲んで痩せようとしている人がいましたが、私の周りで結果が出た人を見たことがありません・・・


安易に生活改善せずに、ダイエット食品や健康ジムで痩せようと思っても、それ自体が続かなければ意味がありませんし、結果、コストだけがかかるといったこともありえます。


さらに言えば、継続できない方法で体を管理するよりも、通常できることで調整するほうが簡単ですし、継続できます。


そして、セルフコントロールする力をつけることは、継続的に体形を維持できますし、体調もよくなります。


例えば、会社員だったら、通勤中の電車の中、座らないで立っていることや、家までの一駅を歩くとか、家でヨガをするとか、やり方を考えたら、コスト、体に負担をかけずに、運動ができます。


後は、習慣化させしてしまえば、自然と体がシェイプアップされていきます。


体の事を考えるのであれば、日々の悪い習慣の改善から始める・・・これにつきると思います!


 

rat

ITエンジニアとして働いていると、ほんとうにクレバーな人にたくさん会います。


しかし、サラリーマンとしては素晴らしいですが、そこから抜け出そうとする事をしない人が多いです。


私はずっと派遣会社で仕事をしています。理由は自由度が高いからです。


様々な大手企業で仕事をさせてもらい、様々なオファーを頂きます。そして、よく言われるのが、「派遣会社で不安でないのか?」です。


先日も、出向先の課長さんから転籍の熱い言葉を頂きました。そういう時にいつも、申し訳ない気持ちで、うまく返しています。


「副業しているんで、お断ります」なんて、言えないので・・・


逆に、投資の話をしたい!と考えてしまうのですが、そこはぐっと抑えて、得意の健康トークで場を盛り上げます。


よくよく考えると、今の日本では、規制が色々とあり、正社員だと行動しづらい、といった事があります。


今の職場でも、「会社の規約に反するので、サイドビジネスできない。」と言う方が多いです。


「不動産投資は会社規約に違反しないので、どうですか?」と言っても、「お金がないんで・・・」と言われてしまいますが。


「~できない」という考えが、頭に根付くと、様々なチャレンジをしなくなります。要は”環境の制約=自分自身の行動の制約”という図式が出来上がっていることがあります。


その為、私の周りのサラリーマンをしている人の多くは、副業をしていないんです。


そして、サイドビジネス、投資のメリットを伝えても、実践しないですし、否定的な人が多い。


そうなると、ラットレースから抜け出すことはできません。まずは、自分自身が抜け出す努力をする必要があるからです。


今や「正社員=安泰」という方程式は当てはまらなくなっています。


私は、最強の派遣社員でいれば、むしろ様々なメリットを享受しやすいと考えています。


派遣会社によりますが、サイドビジネスを禁止していなかったり、出向先の希望が通ったり。


そして、最終的にキャッシュフローで100万円を超えたあたりから、海外に移住をしていく予定ですので、余計に正社員よりも派遣社員の方が後ろ髪をひかれずにすみます。


要は選択権は自分にあるのに、環境に依存すると、環境のルールに支配され、自ら行動することも、結果的にやらなくなる。


もし、将来に対して不安がある、自由な生活を手に入れたい、周りの人を助けたい・・・と考えているなら、一度、自分の考えを改めなおすことで、大きな第一歩を踏み出すことができるようになります。


今からでも遅くはないので、ラットレースから抜け出すこと、真剣に考えてみてはいかがでしょうか。



medium_3945439186

私は可能な限り、「この人いいなぁ」と思った人には投資のメリットを話すようにしています。


基本的には、聞いてはくれますが、「私には無理・・・」と言われることが多いです。


私は、ずっと派遣会社で働いていて、様々な職場、人と出会ってきました。その中で、絶対に投資に向いている!という人に出会ったんです。


すごく勉強家で、様々な知識を頭に入れて、私や私のメンターと話をしても、引けをとらないくらい様々な知識を持っている。


しかし、そんなに素晴らしい能力を持っているのに、実践しないんです。


私は会うときはいつも、「投資やりましょう!」と言うのですが、決まって「お金がないんで・・・」と言われます。


確かに、投資をするにはいくらかまとまったお金が必要になります。


しかし、お金は作ればいいんです。


私の場合は、輸入ビジネスでした。今は、早く海外へ移り住みたいので、節約も欠かしていません。


才能があるのに、実践しない。


なぜか?と考えたのですが、やはり頭が良過ぎるからではないかと思います。頭がいいから色々と考え、リスクを考え、現状を考え、止めてしまう。


これって本当にもったいないです。


よく言われる事ですが、頭がよすぎる人は、あれこれ考えてしまい、ダメな理由を探しだし、行動しなくなってしまうのです。世の中で成功している人たちは、行動が先にあって、そこから学んでいると言われています。 


これから何度も言いますが、投資、その複利の力はとんでもないんです。


あのアインシュタインが残した有名な言葉をご存知ですか?

「人類の最大の発明は”複利”である」


ただ、実際に投資を周りで実践している人も少ないでしょうし、実践していると言っても、FXや株という場合が多いと思います。


そして、私の経験上、資産が十分にない人は、FXで大損している人が多いです。私の知り合いでは、数百万円から数千万円の損失を出した人がいます。FXは大きく勝つチャンスもある反面、リスクも高いのです。


その為、リスクのなるべく少ない投資をする事がオススメですね。多くの場合、投資がすべて同じカテゴリになっているのが問題なんだと思います。


さらに言えば、投資も向き不向きがありますからね。私の知人で資産が300億円を超えている方がいますが、その方は、FXはやらないと言っていました。自分に合わないものはさっさと諦めるのも一つです。


FXや株で大損する人は、たいてい、自分に勝つ見込みがないのにもかかわらず、負けを取り戻そうとする行為から生まれます。


投資は、まだまだ勉強中ですが、これから、私自身が結果をだして、道になれるように頑張りますので、是非、このまま読み続けてもらえると幸いです。




medium_4376598428

投資を始めるきっかけは、様々ですが、投資活動を周りに認めてもらうことはとても難しいと思います。


私も、「輸入ビジネス」⇒「海外投資」という流れで今に至るのですが、この間に友人をかなり失いました・・・


一番ショックだったのは、10年来の親友に、ロバート・キヨサキ氏の「金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法」を渡した後、音信不通になりました。


その後も、様々なバッシングをもらいながら今に至ります(笑)。


唯一、身近な人で歩き始めたのが、実の弟です。


もともと、地元の田舎から一人で東京に上京して頑張っていたのですが、最近の不況で給料もさがり、危機感を感じたみたいで、親密に話をしていたら、興味がわいたみたいです。


今は、投資と言うよりも、あまりにアナログ人間だったので、ネットバンクの開設方法、クレジットカードの申し込み、Yahooオークションの使い方など、ネットビジネスの初心者レベルからレクチャーしています。


こうやって振り返ると、身近な人で投資を理解してくれることは、本当に皆無だなぁと感じます。


それだけ、日本において投資活動はリスクだと考えられているんですね。


ではなぜ、リスクだと考えられているか。それは、メディアで財産を失った人の話ばかりが頭について、マイナスイメージしかないんです。


人は、いい話よりも、マイナスの話の方が頭に焼きつきます。例えば、FXで8億稼いだ主婦がいますが、そんな話よりも、FXで失敗したという話の方がイメージが強いのではないでしょうか。


他にも、リーマンショックで大損失とか、ライブドア事件で株でマイナス・・・


こういったマイナスの話は様々な人の頭の中に、今も浸透しています。


だから、急に投資の話をしだすと、周りから「詐欺じゃないか?」とか「騙されてる!」と言った話になります。

今は、投資仲間もでき、メンターもいるので、全く気になりませんが、最初はかなりつらかったですね。


なので、投資活動とは、こういったものだと理解してからスタートする必要があるかもしれません。※周りに理解者がいれば別ですが。


私の場合、日々、奥さんを説得していますが、「勝手にやって」なので、今は勝手にやっています(笑)。


とりあえず、パスポートを取得ということで、海外の良さを味わってもうおうと計画中です。


人は、自分の頭にないものは否定から入りますので、まずは、味わってもうらうのも一つの手かもしれませんね。


 

medium_7158670888

知る事、知らない事は人生において大きな差を生みます。


この重要性に気づいていない方がほんとうに多いと思います。


私のブログでは海外で成功することを目標としています。ではなぜ、海外なのか。それは海外で大富豪になった方がたくさんいるからです。


では、その方たちは、はじめから資産をもっていたのか?


違うんです。なんと借金1000万円以上からスタートした方もいます。


では、なぜ、海外でチャンスを掴んだのか?それは、日本と言う国がそれだけ、成功者をつくりにくいやり方をしているからです。


例えば、企業サラリーマンも一例に挙げれます。


かの「青色LED」を発明した中村教授が、勤めていた会社に訴訟した事がありました。日本の企業では、どんなに偉業を成し遂げても、サラリーマンとして扱われ、特別に高額な報酬を得ることが少ないんです。


その為、社員はチャンスも感じなければ、モチベーションも上がらないんです。


かつて、私の勤めていた会社で本を出版していました。


そして、執筆した一人に話をしたのですが、彼には一円も収益が入らないとのことでした。名前は載るからそれでいいのか、それとも・・・?


と、日本にいると、日本の常識の中で生活してく訳ですが、それが弊害になることもあります。


今や、世界は日本が思っている以上に変化していますし、鎖国している時代ではないんです。


私の周りで、フィリピンやタイの話をすると、すごくマイナスイメージを持っている人がたくさんいます。



中国や韓国に対しても、メディアで知った情報だけで悪いイメージを持っている人もたくさんいます。


そうすると、自分の行動が”井の中の蛙”になっていることにきづかず、大海にでようと考えないんです。


つまり、国内で得た知識しかしらないから、自分の行動を抑制してしまうんです。


世界で結果を出した人たちが、世界に飛び立とう!と言ってくれています。そして実際に行動できるかどうかは、自分次第なんです。


知らないと行動する前の段階にも進まないですよね。


まずは、様々な情報を知ること。そして、自分の中で、納得するまで調べ上げること。そして実践すること。


これだけできると、人生が大きく変化を初めて、数年後には別人になっているかもしれません。


今だからやれること。ぜひ、知ってください。



medium_3119568364

普段から資産管理をしっかりとしている人はあまりいないのではないでしょうか。


特に、独身男性なんかはどんぶり勘定で、日々の出費を全く計算していない人が大多数だと思います。


私の同僚なんかも、月末恒例で、「お金がない・・・!」と騒いでいます。


実は知らないうちに意外な出費が毎日あることに気が付くのが家計簿だったりするんです。


私の場合、エクセルで管理していることが多いのですが、フリーツールも色々とあるので検索すると簡単にでてきます。


さて、この家計簿をつけている中で、一番顕著にお金がかかっていたのが、日中帯だったんです。


まず、私は汗かきですぐに喉が渇くため、当時はペットボトル5本分は毎日飲んでいました。


さらに、お昼は必ず外食。


実はこれだけで、毎日これだけかかっていました・・・

■ペットボトル
150円×5本=600円

■外食
約1000円


これが、今は、会社のウォーターサーバで水を飲むようにして、お昼は弁当屋さんのお弁当。これで、


■水分
無料

■お昼
お弁当=約400円


つまり、毎日1000円の節約になっているんです!


年間になおすと、
※260日働いたとしています。

1000円×260日=260,000円

なんと、約26万円も貯金できてしまいます!


びっくりしませんか?おそらく、一般的なサラリーマンの一か月分の手取りくらいはありますよね。


お昼をちょっと我慢したり、お水をちょっと工夫するだけで、これだけお金が浮くわけです。実はこの話、周りの同僚にしたら、お弁当ブームになりました(笑)


なので、私の周りだけで、年間100万以上の節約が生まれている計算になります。


節約術として、これは一例ですが、塵もつもれば山となるんです!


何しろ、これは一年の話です。5年やれば、100万越えです。節約をなめると、恐ろしい目にあいますよ(笑)


そして、例えば、明日からできる節約術としてオススメなのが、「THERMOS」です。断熱効果もすごくて、冷たいお茶を持っていけば、昼でも冷たいまま飲めます。 


また、給茶機がある会社であれば、これにつけば、飲み物代は一切かかりません。相当な節約になりますよね。


普段のちょっとした節約で、年間大きな節約になるので、自分が普段、何にお金を使い過ぎているのかをチェックするのは大切です。


--追伸--

家計の資産の管理でおススメのツールがあります。

それは、マネーフォワードです。こは、無料のオンライン家計簿、資産管理ツールです。
あなたの家計・資産状況を時系列で把握可能! さらに、週次メールや入出金アラートメールなどで、 お金の動きを知らせてくれます。 

利用はこちら
http://goo.gl/rUzJf


 

medium_4097092685


本日、会社の夏休みを利用して、嫁のパスポートを申請しに行ってきました。


ネットでパスポート申請で使用する写真を安く準備する方法がありますが、本日、色々とあったので、情報共有します。


まず、パスポート申請には以下のものが必要です。
※詳細はお住まいの自治体の情報を確認してください。


①一般旅券発給申請書 1通
②戸籍謄(抄)本 1通
③写真 1枚
④本人確認の書類
⑤前回取得したパスポート


まず、①は市役所などに置いていますので、②を取得する際に同時にゲットできます。もちろん、パスポートを申請する場所でももらえます。


そして、②ですが、引っ越しを繰り返してる方は要注意です。おそらく、この住所変更とちがって、本籍を変更している人は少ないのではないでしょうか。


本籍が今お住まいの自治体でない場合、別途、申請書で取り寄せる必要があります。


また、最近の免許書には本籍が記載されていないので、きちんと管理していないと迷うことになります。
※自分の住んでいる自治体では「わかりません」と言われることがあります。
※結婚されている方は、その際に変更された可能性があるので、注意が必要です。


そして、③です。


ネットで有名な方法は、携帯のカメラなどで自分撮りをし、その画像データをコンビニなどで、デジタルプリントするといった方法です。


本日も、安く上げる為に、


①携帯で写真をとる
②「証明写真をつくろう!」でパスポート用にリサイズ
③コンビニでデジタルプリント


かかった金額は③で光沢のある用紙で120円でしたので、かなり安くなったのですが、いざ、パスポート申請にいったら、以下の点でNGと言われました。


・人物が占める割合が多い(写真に対する背景の割合が少ない)


そんなことで?と思いましたが、他にも取り直し時にこんなこと言われました。


・前髪が目にかからない事


結果、時間ももったいなかったので、会場にあった写真屋さんで1500円かかりました・・・


むしろ、スピード写真で全然よかったと思います(笑)。


写真屋さんでは、パスポート写真での注意点を教えてくれるので、まず、NGをもらうことはないと思います。最近は、パスポートの写真が厳しくなっているみたいです。


なので、自分で安く証明写真を用意する場合は、少し慎重に行った方がベターです。気になった方は、外務省が出している写真に関する規格の説明があるのでご覧ください。


★外務省 - パスポート申請用写真の規格について(平成23年6月17日更新)


久々にパスポート申請にいったので、こんなにめんどくさかった?というイメージです。ちなみに、パスポートができた後も、自分で会場に取りに行く必要があるので、スケジュールは考えておく必要がありますね(汗)・・・。


 

b65dc523cf25f345094bc704d4015c54_s

今週何冊か読んだ中で、一番心に残った書籍があるので、紹介します。


それは、「ユダヤ人大富豪の教え」です。この書籍の著者は本田 健氏です。


ユダヤ人大富豪の教え


この本は、これからビジネスや投資を始めようとする人でもすーっと頭の中に入ってくる内容になっています。


さらに言えば、分かりやすい内容もさることながら、ピンポイントででてくる重要なキーワードをうまく話しの中に盛り込ませていると思います。


この本自体は、10年くらい前のものですが、内容の濃さは今読んでも遜色ないと思います。


この本の中で心に残ったいくつかのキーワードを書きたいと思います。


「収入の大さと自由人であるかは関係がない。」


これは収入が多い人は、支出も多いことを言っています。以前、TVであるスポーツ選手が言っていました。


「急に稼げるようになったスポーツ選手は自己破産する人がいます。なぜなら、突然、目の前に大きなお金が飛び込んで来て、その年は我を忘れて浪費するんです。このまま活躍できればいいですが、収入が右肩下がりになると、前年の年収から算出された多額の税金を支払うことができなくなるんです・・・。人には見栄があって、浪費をやめれないんですよね・・・」


そうです。浪費癖はなかなか治らないんです。お金は使うのは簡単ですが、貯めるのは大変です。なので、今の内から節約のマインドを築き上げる必要があるんです。


これは、宝くじ当選者に自己破産する人が多いことも当てはまるのではないでしょうか。重要なのは必要な時にお金を使い、不要なものにお金を使わない事です。


例えば、ギャンブルがまさにそうですが、ちょっと楽しむくらいならいいですが、身を滅ぼすほどの使い方をするのは、間違っています。


しかし、ギャンブル中毒になると、感覚がマヒしてしまい、浪費癖がとまらなくなります。某製紙会社の社長が会社のお金をカジノで使い込んだのも有名です。


お金は生きる為に必要なものですが、使い方を誤ると人生が破滅に向かいます。その為、お金との付き合い方を学ぶ必要があります。 


「その人が真剣に人生を変えようと決めるまでは、何も変わらないのだよ。」

最近出会った人は、簡単にお金を稼ごうと考えています。そして、ちょっとめんどくさい事があるとすぐにやめてしまいます。


本気で今を変えようと考えている人は、ちょっとした失敗は失敗ではないんですよね。むしろ学びです。そして、「自分は真剣にやっているよ!」と思うことは危険です。自分のコンテクストが小さいうちに、自分の達成感に満足してしまうんです。


今成功している人は、日々、勉強をしているんです。


先日、テレビで取り上げられていましたが、ドワンゴの会長はジブリの社員でもあるんですよね。あれだけ成功していてもまだまだ学んでいます。


また、私の知人で資産が200億円を超える投資家がいますが、その方も、日々、読書を欠かさず、勉強し続けています。


成功する人の共通点は、日々、情報をキャッチアップし、行動が早い事が特徴とも言えますね。逆に、成功できない人というのは、変われない人たちの事を指すのかもしれません。 


「成功するのに必要なのは、流れを読む力だ。物事の奥深くを見通す力だよ。」
「自分の人生がどちらに向かっているか、考えなさい。」

輸入ビジネス、FX、投資もそうですが、今のトレンドを理解する必要があります。何も考えずに手をだして、どんどん悪い方向に進むことが多々あります。


FXなどで負けが続いて、取り返そうとして焦ります。冷静な判断ができない状態で挑むと、さらに負けが生じることがあります。こうなるとギャンブルですよね。


調子がいい時も、悪い時もきちんと今の自分を分析する必要があるんです。


実は、私が輸入ビジネスを始める際に、参考にした方がいます。その方との出会いは、ただのブログだったのですが、当時はかなり稼いでいたようです。


しかし、その後、仕入れを誤り、約300万円の借金ができてしまったそうです。調子がいい時は、ついつい仕入れも増えて、強気になりますが、自分のキャパオーバーな事をし続けると、いつかトラブルになる可能性もあります。


常に状況を分析して行動していかないと、とんでもない事態になる事もあります。お金を稼げている時こそ、注意が必要ですね。 


「貧乏人の口癖は、『ふだん頑張っているご褒美に買っちゃおう!』。一方、金持ちの口癖は『いまの私には必要ないな。またにしておこう』」

以前から書いている節約の心得です。そして、きちんと節約し、節約でできたお金は、お金を生むしくみに投資します。そうして、自由への道を進むことに尽力します。


長くなりますので、このあたりにしますが、この本に書かれている重要なキーワードはたくさんあります。


最近、本を読めば読むほど感じることがあります。それは、成功者の言っていることに共通点があることです。


私たちサラリーマンは、普段から、ラットレースに戻るように意識させられます。何も考えないでいると、ラットレースで走り続ける必要があるんです・・・


「それでもいい!」って考えているひとはいいのですが、「変わりたい!」と考えている人は、是非、こういったマインドを変える力がある本を読むことをお勧めします。