ちょっと先にあるもの探して

広島のローカル情報発信ブログ!お好み焼き、汁なし担々麵などのB級グルメに始まり、色んな美味しい物がある広島の情報発信、そして、生活を豊かにする副業で稼ぐ方法などを紹介します。

岩手の初の感染者 関東でプライベートのキャンプ 同じテントの友人が陽性とのことです。最初の感染者がでて残念でしょうね。関東にいくとこんなことが簡単に発生するという反省になればいいけれど。

全国で唯一、新型コロナウイルスの感染者が確認されていなかった岩手県で29日、2人の感染者が確認された。県などが同日、発表した。これで全都道府県で新型コロナの感染が確認された。

 県などによると、2人は盛岡市の40代の男性と宮古市の30代の男性。

 盛岡市の男性は、22日に自家用車で関東地方のキャンプ場に行き、23~26日に友人3人と同じテントに宿泊した。28日に友人の1人が陽性と判明したため、29日に帰国者・接触者外来でPCR検査を受けたところ陽性とわかった。男性は軽いせきやのどに違和感があったが熱はなく、27日から出勤していたという。県によると、いまのところ職場関係者以外の濃厚接触者はいないという。

 達増拓也知事は記者会見で「岩手県も決して例外ではない。誰でも感染する可能性がある」と述べ、感染者を批判することのないよう求めた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/b48fa09efa4477dff1db05699a3a92c4f811aa64

東京 新たに250人感染確認、“家庭内感染”が増加 新宿ホスト→風俗キャバクラ→サラリーマン→家庭 負の連鎖


29日、東京では新たに250人の感染が確認されました。1日あたりの感染者数が初めて300人を超えた先週は、検査数が5000件にのぼる日もありましたが、29日発表の感染者250人に対し、東京都が公表した検査数は参考値として1049件。4人に1人が陽性だった計算になります。こうした状況の中、最近、特に増えているのが家庭内での感染です。
https://news.yahoo.co.jp/articles/971ed13ce9db580f2ee9b7a70dde62571dda6175

5人以上の飲み会控えて、大阪府民に要請、感染は最多155人 人数も重要ですが、、、なぜならそこに感染者がいて10人いたらもっと感染させるからです。ただ、人数だけではないですよね。。。


地方だけの努力でなく、主要都市からの移動を制限のほうがよっぽど効果があります。まだ間に合うので。
大阪府は28日に開いた新型コロナウイルスの対策本部会議で、府民に対して8月1日から20日まで、5人以上の飲み会を自粛するよう要請することを決めた。7月に入って感染の再拡大が続き、「夜の街」関連が新規感染の3割程度を占めていることなどを踏まえた。家族の集まりは対象外とした。

 府内の感染者は今月22日に初めて100人を超え、28日は155人に上り最多を更新。検査件数も最多の2081件となった。感染経路不明の割合や陽性率は上昇傾向にある。

 吉村洋文知事は「正解があるわけではないが、人数を明確にするというのは分かりやすい基準になる」と述べた。
https://news.livedoor.com/article/detail/18644400/



都内の飲食店でクラスター相次ぐ“はしご酒”が原因 客側の飲み方の問題でコロナ感染増加しています。もうダメですね。自分は大丈夫と色んな場所に飲み歩いて感染者を増やす。へずまりゅうも最低ですが、こういった飲み方はダメです。

都内の飲食店などで、新型コロナウイルスのクラスターの発生が相次いでいる。

東京・品川区では、東大井5丁目にある4つの飲食店で、店主と客のあわせて6人の感染が確認された。

この地域では、1日で複数の店を利用する、いわゆる「はしご酒」の客が多く、小規模な店が密集していることから、クラスターが発生したとみられている。

一方、足立区は、フィリピンパブ「Sound Stage GUEST」で、これまでに女性従業員など7人の感染が確認されたとして、店名を公表した。

足立区内のフィリピンパブのクラスターは、これで3件目。
https://news.yahoo.co.jp/articles/187f274ffc8a2c114f92d459ca5a00bbf49779a6



西村大臣、SNSで「感染防止の主役は若い皆さん」で若者から強い反発 日本は対策が弱いですよね。


若い人とひとくくりにすると問題になりますが、今、若い人といってもどれくらいの年代を指すかはありますが、夜の街で感染者が増えて居ますから、それを指しているのでしょう。何よりも人に感染させないというのが重要です。日本は他国に比べて対策が遅れていますね。
 西村康稔経済再生担当相が25日付ツイッターで、新型コロナウイルス感染の再拡大が止まらない中、「この感染拡大を防止する主役は、若い皆さんです。自分自身の健康、生活を守るためにも、愛する人の命を守るためにも、心からお願いします」と呼びかけた。

 これに先立つ投稿では「最近、飲み会を含む会食、学生の集まり、職場等での感染も増加。大学など若者が中心となった事例では、飲み会や集団生活の場での感染が報告」と伝えた。「多くは無症状・軽症だが、学校や仕事に行けなくなり、家族や友人に感染させるおそれもある。3密回避、大声出さない、換気など感染予防策の徹底をお願いする」とした。

https://news.livedoor.com/article/detail/18633269/



兵庫県で新たに49人の感染確認 およそ3カ月ぶりに過去最多を更新 今後は増える一方でしょうか。


経済を停滞させることができないことがわかって、自粛は無理となっています。日本は対策を間違えていますね。検査は重要です。特に飲み屋、夜の街は毎日させるべき。だったら営業できるとすればいい。
兵庫県で新たに49人の新型コロナウイルスへの感染が確認された。1日の感染者数としては過去最多となる。

 兵庫県によると、新たに感染が確認されたのは兵庫県内に住む10代から80代の男女49人。1日の感染者数としては、4月11日の42人を超えて過去最多となった。(ANNニュース)
https://news.livedoor.com/article/detail/18633292/




アッコにおまかせでオーストラリアはマスクしていないと罰金10万円は日本も採用したらいいのではないでしょうか。罰金10万円はちょっと高すぎですが、最近、マスクをせずに歩いている若者が多いのです。

これだけ増えてきたらマスク無しはありえないのではないでしょうか。特に東京は。

政府の観光支援事業「Go To トラベル」が22日から始まることに、沖縄県内の観光関係者からは「観光回復のきっかけに」と期待の声が上がる。新型コロナウイルス感染者が出ていない宮古島市内でも多くの来島を望む声がある一方で、感染者の多い東京からの旅行者が「住民から白い目で見られたくない」などの理由でキャンセルするケースも相次いでいる。(宮古支局・知念豊、南部報道部・松田興平)

 宮古島市内にあるホテルのマネージャーは「例年、観光ハイシーズンの7~8月は、市内はどこも満室」と話す。だが新型コロナの影響で、同ホテルは現時点で「稼働率は例年の約6割」と厳しい表情を見せる。さらに「Go To-」を巡って政府方針が二転三転し、予約状況も流動的になった。「うちは関東圏の客がメイン。東京発着が外れたのであまり期待していない」と声を落とす。7~8月の予約も、21日時点で20件以上がキャンセルという。

 宮古島観光協会によると、7月の入域観光客数は例年の約半分。協会は20日から飲食店などの感染予防ガイドラインの実施状況を点検し、誘客に向けて取り組むが、市内の飲食店を訪れる観光客の中にはマスクを着用しない人もおり、住民から苦情も寄せられている。根間春仁事務局長は「マスク着用などの協力をお願いしつつ、誘客を図りたい」と気を引き締めた。

Go To、コロナ騒動で効果かすむ キャンセル次々、マスクしない客に不安 苦心する沖縄の観光業者
https://news.yahoo.co.jp/articles/5e74c2778c9bb5fe1024e0a8836d02823a4ff0a7




浜松のキャバクラでクラスター 客ら新たに29人感染 夜の街は規制すべきなのではないでしょうか。ちょっとこの増加率はひどい。


何がすごいかというと、キャバクラ2店舗で簡単に二けたの感染者を増やせることです。これ、場合によっては簡単に3桁とか地方ででそう。そもそも東京由来の感染者が問題ですが。
浜松市は25日、新たに30人が新型コロナウイルスに感染したことを確認したと発表した。

 同市では24日、中心市街地のキャバクラと飲食店の計2店舗でクラスター(感染者集団)が発生。濃厚接触者約200人にPCR検査を実施していた。

 市によると、結果が判明した106人のうち30人が陽性だった。29人はキャバクラの従業員や客とその家族ら。1人は飲食店の客だった。30代以下が19人を占め、中学生も1人いた。現時点で中等症や重症はいないという。

市内の感染症指定病床は10床中6床が埋まり、ほかに市内の病院に18人が入院中。20人が自宅や軽症者用のホテルで療養している。市と県は、病床や療養施設の確保を急いでいる。
https://news.livedoor.com/article/detail/18630421/



新型コロナ 高鍋町のスナックでクラスターが発生 15人が感染・宮崎県 夜の街怖すぎるでしょう・・・。最近、夜の街の感染状況が多いですが、やっぱりカラオケ、閉鎖的な場所は感染しやすいのでしょうね。キャバクラ、ホストから始まり、全国に広がっています。

宮崎県は、新たに、新型コロナウイルスに西都、児湯地域の男女、合わせて15人が感染したと発表しました。

また、高鍋町の接待を伴う飲食店、スナック、「Little(リトル)」でクラスターが発生したとしています。

新型コロナウイルスのクラスター発生は、県内では初めてとなります。県によりますと、新たに感染が確認されたのは、西都市の30代女性1人。高鍋町の20代女性1人、30代女性1人、40代女性2人、60代女性1人、30代男性2人、40代男性1人。新富町の40代男性1人、木城町の30代男性1人、川南町の10代女性2人、40代女性1人、60代女性1人の1市4町の合わせて15人です。

県は25日、午後11時50分から、会見を開き、詳細を説明することにしています。
https://news.yahoo.co.jp/articles/b3b5839315d809c456d3047c62d008796415f2c5