8a8320b3e63e28fa78a52562639c0cbb_s

私は副業としてブロガーを選択していますが、今、稼げると言われている副業の一つがyoutuberです。


ブログよりも確実に平均年収が高いのではないかと思います。顔を公開するリスクや、媒体をすべてyoutubeに依存しているという点を除けば、ブログよりも稼ぎやすいのかもしれません。



ちなみに、ブロガーで稼いでいる人ってどくらいの収入があるんだろうか。例えば、プロブロガーとして有名なイケダハヤトさんが年商をブログで公表していたのですが、なんとその金額に衝撃が走りました。


なんと年商5000万円だそうです!


稼ぎまくっているyoutuberとまではいきませんが、ブログでこれだけ稼げるのはヤバいですね。プロブロガーの中でもトップクラスではないでしょうか。


私は年商100万円くらいのレベルなので、界王券50倍です。私が50人集まれば、近づける事ができるレベルです。1:50人。次元が違いますね。


と、こういった話を聞くと、ブロガーという副業に魅力を感じるし、やる気ができるのではないでしょうか。私もこの話を聞いて、まだまだのびしろがあるように感じました。


ちなみに、はちま起稿の元管理人が2000万円くらいの収入とあったので、5000万円はすごく効率的な収益を誇っている事も理解できますね。


まぁ、ブログを何気に初めて年商5000万円いくひとはそうそういないので、それを目標にするかどうかはおいておいて、ブログは頑張れば稼げるという夢をもたせてくれるいい話だと思います。


イケダハヤトさんは、プロ野球で言えば、イチローみたいな存在ですから、一般ブロガーはプロ野球に入れたら十分なのではないでしょうか。所謂プロブロガーですね。


この5000万円でもすごいと思ってしまったんですが、youtuberはさらにすごいです。。。

YouTuberの平均給与は月747万円!ブロガーより確実に稼げる?


そして、youtuberの平均給与が高すぎてびっくりしてしまったんですが、YouTuberの平均給与は月747万円!ブロガーより確実に稼げるのではないかと思えてきました。。。


YouTuberの平均給与「月747万円」算出にネット衝撃


記事によると、「RPG」風に職業を表現した給料・給与のポータルサイト「給与バンク」で、「YouTuber(ユーチューバー)」の平均給料・給与が「月額747万円」と算出されことが明らかになり、ネットでは衝撃が広がっているとのこと。すごいですね。


給与については、「最近出来た仕事のため平均を算出するのは難しい」としながらも、動画再生の単価を0.11円として、2016年5月の動画再生数ランキングトップ20から平均給与を予測。結果、「トップランカーの平均給与747万」と算出されたという。

これは同サイトの全職種の中で、1位・プロ野球選手(平均給与1395万円)、2位・騎手(平均給与1175万円)に次ぐ堂々3位にランクインしている。


平均年収が700万円越えってすごくないですか?


ただし、一般的な職業と違うので、稼げている人と稼げていない人の格差が圧倒的に大きいとは思いますが、、、

ちなみに、同サイトによると日本人YouTuberの収入ランキングベスト3は、1位がHIKAKIN(推定1億1846万円以上)、2位がマックスむらい(推定7462万9440万円以上)、3位がKan & Aki's CHANNEL(推定7400万円以上)だった。世界ランキングでは、1位ピューディパイ(7億1000万円)、2位スモッシュ(6億3000万円)など億越えがスタンダードのようだ。


スーパyoutuberのHIKAKINは、推定約1億1800万円、さらに色々と活動をしているから、もっと収入はいいでしょうね。いや~うらやましい。


数年で遊んで暮らせます。しかし、そのyoutubeもちょっと危機的状況に陥っています。




youtuberも稼げなくなる?トヨタ、コカコーラ、ウォルマートなどの大手広告主が離脱


youtubeにしても、テレビにしてもそうですが、稼げる理由は広告主におかげです。広告主がいなければ、お金になりません。


だから、youtubeは広告主に対して最大限、考慮をする必要があります。企業側も広告を出す効果があれば、続けるでしょうし、効果がなかったり、企業イメージを下げるようだと、むしろマイナスです。


そして、こんなニュース記事があります。様々なニュースで取り上げられているので知っている人も多いと思いますが、今、大手広告主が続々、youtubeの広告主から離脱しています。

YouTubeから広告主の離反が止まらない! 今度はペプシコ、コカコーラ、ウォルマート、ディッシュ・ネットワーク、スターバックス、GMがサヨナラ


記事によると、ウォールストリート・ジャーナルによると、新たにコカコーラ、ペプシコ、ウォルマート、ディッシュ・ネットワーク、スターバックス、GMの各社が「もうYouTube広告は止める」と発表したとあります。
ウォルマートは「YouTubeにUPされるコンテンツは、とても不謹慎な内容で、わが社の価値観と真逆だ」と怒りを隠しません。

グーグルは、広告主の反乱を食い止めるため、サイト・ポリシーを改善し、広告を出稿する者が、掲載先サイトをもっと厳密に選べるようにツールを提供すると発表したばかりです。

しかしウォールストリート・ジャーナルはTOYOTAの広告が「6千年におよぶユダヤの世界支配」というサイトに未だ現れている例の魚拓を示し、グーグルの対策がぬるいことを証明しています。

確かに、、、広告主はその広告が表示される動画を選べないのげ実情なのかもしれません。そして、企業からしたら、企業イメージを無視した動画に広告が配信されていることに不満があるのでしょう。


例えば、ピンク系の動画で流されると、たまったものではないですよね。


そして、ある記事で見たのですが、ジャストシステムが『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査』を行ったところ、Instagramで行われるキャンペーンの好感度が高く、またYouTube再生中に動画広告が割り込むと半数の人が離脱することなどがわかったそうです。


私もそうですが、youtubeの広告って、動画と全く関係なく流れるから一刻も早く止めたいんですよね。例えば、ブログの場合は、強制的ではないので、興味があったら広告をクリックしますが、youtubeの場合、半強制的に動画が流れるので、これがとてもうざいわけです。


広告によっては、完全に広告が終わるまで止められないものもありますよね。

0d3edeeaf286d8ea4f1ec5c164fe1442_s


Googleも様々な対策を立てて改善を図ろうとはしている


Googleも様々な対策を立てて改善を図ろうとはしているようです。何しろ、テレビと一緒で広告主がいなくなれば、間違いなく売り上げも下がりますし、youtuberも減少するでしょう。Googleはこのプラットフォームの秩序を守らければ、衰退してく一方です。


例えば、こんなニュース記事がありました。

YouTube、スキップできない30秒広告を廃止!今後、短時間広告が主流に


記事によると、YouTubeが、動画の冒頭に流れるスキップできない30秒間の広告を2018年に廃止する、と発表しましたとのこと。そして、昨年4月導入の「バンパー広告」が主流になるそうです。
 
YouTubeを運営するGoogleが、スキップできない動画広告の廃止を公式に発表したと英メディアCampaignが報じています。変更はユーザーエクスペリエンス向上を目的としたもの、とのことです。
「YouTubeは、ユーザーがスキップできない広告を嫌っていることに気付いたのだろう」と、広告代理店VCCPのアンドリュー・ピーク氏はコメントしています。
 
イギリスの広告事業者団体ISBA会長のフィル・スミス氏は「広告業界はオンライン広告におけるユーザーエクスペリエンスを改善する必要がある。YouTubeの動きは正しい方向への一歩だ。広告主や広告代理店が計画を変更するための時間も十分に考慮されている」と、YouTubeの方針を賞賛しています。
 
2018年以降、スキップできないタイプの広告は、30秒より短いものに変更されているそうですが、広告の為に動画を流すというのはやっぱりよくないですよね。


いいコンテンツ、読まれるコンテンツがあり、その内容に適した広告が流れるから、効率的な、効果的な広告配信ができるようになるわけです。


一つ言えるのは、このまま大手企業の広告主が撤退していく流れは食い止めないと、yotuberの広告収入にも大きく影響を与えることになるでしょう。


youtuberとして稼いでいる人は、今後の動きはウォッチしていたほうがよさそうです。

400万人に愛される YouTuberのつくり方