684058150f11b4276c23c1ee00c640b3_s


数年前に70円台だったドルが120円台を超えました。


市場では、130円も予想しているアナリストがいるくらいです。 

 
これにより、海外から仕入れいているものは高くなり、
海外旅行に行ってもお金がどんどん出て行くようになりました。


あの時にやっておけば・・・・
 

いつも思ってしまうのですが、反省ばかりではなく、
今回はしっかりと実践してみたいと思います。
 

行動するのは、今からでも遅くないです。


安定的に米ドルを得る効果的な投資方法


これをしっかりと自らに活かし、実践してみたいと思います!!


今回のこのセミナーはかなり面白そうですよ!!
 

こちらチャーリーさんからもらったメッセージです。

 
----- 

こんにちは。チャーリーです。

 
一昨年までは80円以下だった米ドルが、現在は110円を超えてます。


あの時にドルに変えていれば、大きな資産になっていたのに・・・
 

そう思いますよね。。。。
 

例えばアメリカで6万ドルのアパートを当時購入し、

 
年間12%の家賃を得ていたとすると、年間7200ドルとなります。

 
当時であれば、480万円で取得でき、57.6万円の家賃となります。

 
でもこれが110円になることで、家賃は年間で79.2万円になるのですよね。

 
最初に出した480万円に対して、16.5%の利回りということになります。
 

月4.8万円と思っていた家賃が、6.6万円です!!

 
この時に70%の融資を受けることができれば、
実際の自己資金は2万ドル程度で済んでしまいます。

 
円安が進めば、毎月の家賃というインカムが円換算で増えるだけではなく、
初期に出した資金が、円換算で大きくなります。

 
二重の効果を得ることが出来るのです。

 
為替を上手に活かすことって本当に大切なのですよね。

 
もう既に遅いのか??

 
そんなことはありません。


今からでも、効果的な手法を組み合わせていくことで、
 

米ドル資産を効率良く自らの資産に置くことができるのです。
 

自分が現在進行形で実践している不動産手法を、今回セミナーで伝授させて頂きます。
 

最新の複合的な不動産投資手法もここでお披露目させて頂きます。
 

1)不動産の価値を上昇させ、評価を上げて金融機関を上手に活用し、
更に物件を転がし資産を増やす方法

 
2)管財案件に発生する裁定取引手法
時間差を合理的に活用して資産形成を行う方法


3)オークションで不動産を購入し、手直しをして転売をかける
フィックスアッパー手法を例をとり紹介
更には不動産評価を上手に活用し、リファイナンスで資産を増やす方法を披露


4)管財物件を安く購入し、バケーションレンタルに回す方法
 

5)高利回り物件を売主ファイナンスで抑え、与信力をつけて銀行から融資を引く手法


6)節税を投資に活かす方法
 

そして何と言っても動画セミナーで初めて披露する不動産案件も準備しています!!

 
これ以外にも深いノウハウが目白押しの今回の動画セミナーです!!
 

そして何と言っても今回は、


” フロリダの不動産女王 ” もゲストスピーカーとして登場します!!

 
動画セミナーですので、何回も視聴し復習することが可能ですね。

 
・・・・・・・・ここまで

 

日本の借金はどんどん積み上がり、
高齢化社会が進む中で本当に大丈夫なのか??


正直言って明るい見込みは全くないと思っています。
 

だからこそ、しっかりと勉強し、実践し、 
自分と家族の安心を、自分の手で作っていかなければいけないですよね。
 

今回の動画セミナーで一緒に勉強してみましょう!!


<動画セミナー詳細はこちら!>