medium_2464975037

私がこれまで知り合った会社の同僚で、貯金がどれくらいできているかをリサーチしていて気付いたのですが、基本的にはしっかりと貯金している人と、そうでない人で大きく分かれます。


では、貯金できている人とそうでない人の違いは何なのかを調査したところ、以下の項目が挙げられました。


【貯金ができている人の習慣】 
・お酒を飲まない、飲めない
・ギャンブルをしない
・キャバクラ(風俗)に行かない
・お金をかける趣味をしない
・将来に不安がある(貯金する習慣)
・自炊をする(節約意識がある)


今回は、貯金に対する意識や習慣などといったトピックではなく、私の周りの同僚から例を挙げさせてもらいました。


上記の中で、貯金ができない人の原因になっているのが、浪費です。特に、ギャンブル、キャバクラなどの風俗が好きな人は、浪費癖が激しいことがわかりました。


その為、資産を構築していきたい方は、ギャンブルとキャバクラにははまらないようにしたほうが無難です。


ギャンブルで年間利益を出している人は少ない

私の周りにギャンブル好きは結構います。ギャンブルの種類も、競馬、パチンコ、スロットと様々です。しかし、ヒアリングしていくと、年間通して利益を出しているという人はいませんでした。いても、プラスマイナスゼロという程度。


しかも、ギャンブルをしている人は、買った場合、ギャンブル仲間に奢る事が多いので、せっかく得た利益を浪費しているという事実があるのです。


また、個人的な意見で言えば、貴重な時間をギャンブルで費やす行為自体がもったいないと考えます。


その時間を自己投資につなげれば、どれだけのリターンがあるかわかりません。つまり、お金だけではなく、時間の浪費もしていることになるのです。


そして、ギャンブルの怖いのが、資産を失う事です。収支がプラスマイナスゼロならいいですが、損失を出すことのほうが多いです。さらに、のめり込み過ぎて、貴重な財産を失うことにもつながります。


人生を豊かにすごしたいのであれば、ギャンブルで成功することは考えないほうがいいでしょう。


キャバクラで口説ける人は数少ない

キャバクラ通いが好きな人は、キャバクラ嬢を口説く目的で通っていると思います。しかし、実際に口説くのは難しいことがわかります。


地元の後輩で、自他ともに認めるイケメンがいましたが、彼ですらキャバクラ嬢を口説くことに失敗しています。もちろん、コンパではモテモテでしたが。


つまり、キャバクラで口説くという行為は、相当ハードルが高いという事になります。


そして、運よく口説けても、それまでにかかった費用は膨大になるはず。セット料金と指名料で一時間7~8千円とかするかもしれません。しかも、指名しても他から呼び出されて、ほとんと話もできないこともあります。


その為、あっという間に大事な資産をすり減らすことにつながるのです。


そして、私の知り合いで、運よくキャバクラ嬢と付き合った男性がいます。結果的には分かれたのですが、話を聞いていると、浪費が激しく、わがままだと言っていました。それまで、男性にチヤホヤされて、さらに、付き合うまで貢いでもらっている訳ですから、自然と態度が横柄になるのでしょう。


もちろん、すべてのキャバクラ嬢がそうではないと思いますが、出会いをキャバクラに持っていくのは、あまりお勧めできません。


居酒屋に行く回数が多い人も要注意

上記だけでなく、居酒屋も回数を重ねれば、すぐにお金がなくなります。例えば、週に2回居酒屋に行ったとして、一回の出費が4000円だった場合、

1月:4,000円×10回=40,000円
1年:40,000円×12回=480,000円(48万円)


単純計算で、なんと年間で48万円も出費していることになります。。。


ちなみに、居酒屋を節約、お得に利用する方法を過去記事で書いていますので、参考にしてください。

①居酒屋をお得に!
ぐるなび最強!居酒屋の幹事をするだけで約4000円分のポイントゲット!

②居酒屋で節約!
瓶ビール一本で生ビールが2杯以上飲めちゃいます!居酒屋の飲み代節約に


そして、居酒屋からキャバクラなんか行った日には、浪費に浪費を重ねることになります。もし、上記に合わせて月に4回キャバクラに通った(4万円計算)とすると、年間で、96万円の出費になります!

 
なんと10年で960万円
 

「そりゃ習慣の違いで、貯金額が違うでしょ!」と気付きますよね。


今からでも遅くはないので、自分の浪費癖に思いつくところがある人は、自分の支出状況を今一度確認してみてください。