medium_2550495576

サラリーマンと言えば「飲み会」。勤めている場所によりますが、飲み会の頻度がとても多い人もいると思います。


私は地方出身ですが、東京で働くようになってから、東京飲みが恐ろしくて仕方がないです。なぜなら、飲み場所が家から遠いからです。


例えば、地元の広島なら自転車で通えるところに繫華街があるので、最悪タクシーで帰えれます。しかし、東京はそうはいきません。以前、西大井に住んでいて、品川駅からタクシーに乗ったら5千円かかったことがあります。


その為、東京では飲み会はリスクだったりします。


特に酒飲みが多い場合、「飲み過ぎて終電を逃してしまった・・・」という人もいるのではないでしょうか。


以前、同僚と本気で飲むぞーというときは、ホテル宿泊前提で飲みました。人によってはホテルをとって飲む人もいますが、お金がかかりますよね。


そこで、 便利なのが「インターネットカフェ(漫画喫茶)」です。


以前は、飲み会で帰れなかった時は、カプセルホテルやビジネスホテルを探して、泊まっていました。しかし、この場合、場所によってはビジネスホテルの場合、5000円以上かかりますし、カプセルホテルでも2000円以上は必要です。


飲み代だけでも大きな出費なのに、ここに宿泊代がかかるので、資産構築においては大きなマイナスです。


その為、最近はインターネットカフェを利用するようjにしています。これで、宿泊費が1000円台で済みますので、かなりの節約になります。


先日も久々に会った同僚と飲み会をしたのですが、集合時間が遅かった事もあり、結果終電を逃してしまいました。そこで、インターネットカフェの利用を勧めた所、「インターネットカフェって安くて意外と便利だね」と言っていました。


結構、人によってはインターネットカフェを使ったことがないという人もいると思います。確かに、寝心地やプライベート空間という意味では、インターネットカフェはビジネスホテル、カプセルホテルに劣りますが、節約の点ではほかにもメリットがあります。


■インターネットカフェのメリット

・宿泊しても1000円台の出費で済む
・飲み物が飲み放題
・軽食が食べれる
・漫画、雑誌が読める
・PCが使える


個人的には、飲み物がフリードリンク制で飲み放題なのがうれしいですね。特に、私がインターネットカフェを使うのは、飲んで終電を逃した時が多いので、寝る前の酔い覚ましにももってこいです。


また、多くの場合、ナイトパックを使うので、起床後にまだ時間がある場合は、本や雑誌を読んで時間まで楽しむようにしています。


終電逃した時だけでなく、ホテルがとれなかった時などにも効果を発揮しますので、ぜひ、利用してみてください。