medium_2693784352

多くの人がお金を稼ぎだすと、生活水準が上がります。


例えば、給料が20万円の人が、50万円稼げるようになると、たちどころに生活は派手になり、浪費家に変わります。そして、一度、浪費する癖ができると、それが習慣化し、いつの間にか稼いでも稼いでも手元にお金がないという事態に陥ります。


これは、多くの人がそうなる傾向があり、私自身もそうでした。


私の場合、建築現場の日雇い作業員からITエンジニアに転職した時の固定給は15万円でした。


そして、当時は会社の寮に住んでいたので、寮費3万5千円や税金などを引かれると、手取りは10万円をきっていました。※しかも、二人部屋・・・


その時の生活は、システムエンジニアとして成功するまでは我慢と思って、お昼もチョコチップパンを2日に分けて食べていました。夜も、冷凍ごはんとレトルトカレーで200円程度に抑えて生活をしていました。


しかし、今は、システムエンジニアとしてそれなりの給与をもらっているので、以前よりも明らかにお金を使うようになりました。


これはなぜ、こういった行動になるのか。


それは、「少々使っても大丈夫!」と考えているからです。


もし、私が、大学を出てからずっと節約を意識して生活をしていたら・・・おそらく1千万円くらいは手元にあるでしょう。


そして、これを正しい投資にまわしていたら・・・?


おそらく、年間で100万円近くのインカムが入っている状態になっているでしょう。


過去は変えられませんので、今更の話になってしまいますが、人生これからの若者こそ、正しい節約と投資を学ぶべきなんです。


正しい投資は早くスタートすればするほど、資産を増やすのが楽になります。


その為、稼いだお金を浪費するのではなく、きちんと節約枠を作って、投資の為に準備しておく事が大事なんです。


そして、投資をスタートしたとしても、節約の意識は重要です。


例えば、月に数万円のインカムが入ってくるようになったら、それを使うのではなく、次の投資の為に、貯蓄をするか、新しい投資の費用にあてます。


そうする事により、確実に資産を増やすことができるようになります。


ただし、多くの場合、収入が増えるとついつい甘えが生じて、浪費する癖ができてしまいます。だからこそ、早いタイミングで節約する事を習慣化する事が重要です。


長年かけてできた習慣は、逆に中々崩すことができません。その為、節約する意識と言うものは、人生においてとても効果的な考え方になりうるのです。
 

これからの時代、生活レベルは徐々にでありますが、確実に落ちていきます。この確実性はどこから言えるかというと、日本の抱える大問題「超少子高齢化」です。


少子高齢化の抱える問題については過去記事をご覧下さい。

日本の少子高齢化が抱える問題。社会保障給付費が20年前の倍以上!


また少子高齢化だけでなく、今の日本が抱えている様々な問題を、確実に解決していく必要もありますし、はたまた、我々の現役世代の頑張り次第で、これからの日本は大きく変わっていくのです。


その中で、国、会社などに依存するのではなく、自分自身がきちんと資産構築し、管理していくこと。


国や会社もこれから経済が低迷していく中で、救えるもの救えないものが必ず出てきます。そのいい例が会社のリストラであり、消費税増税なのです。

 
最終的に助けになるのは、国でも会社でもなく、自分自身なのです。この考え方は、とても重要になりますので、ぜひ、真剣に考えてみてください!