Windows7とVistaでは、デフォルトでtelnet Clinetが無効になっています。


これを単体で設定する方法は以前の記事でも書いたのですが、GPOで有効にしたいという要望がある場合があります。


例えば、すでに展開済みの端末が多くいる場合などです。構築時であっても台数が多ければ、GPOで適用した方が作業工数が少なくて済みます。


そこで、GPOでできないか?という発想になると思いますが、GPOの設定の中にtelnet clientを有効/無効にするといった設定はありません。


では、別の手法を考えた場合、コマンドをスタートアップスクリプトなどに設定するといった方法が考えられます。


では、コマンドでtelnet clinetを有効する場合のコマンドですが、以下になります。


■telnet clientを有効にする
>dism /online /Enable-Feature /FeatureName:TelnetClient


■telnet clientを無効にする
>dism /online /disable-Feature /FeatureName:TelnetClient


この有効にするコマンドをスタートアップスクリプトに組み込めば、適用時にtelnet clientが有効になります。


また、動作確認したところ、一度、このコマンドで有効にしてしまえば、再起動後も有効のままです。


その為、有効⇒無効にしたい場合は、disableにするコマンドをスクリプトに設定しておけばOKです。