medium_5961260280

知人から聞いて知った言葉に”職権消除”というものがあります。


この言葉は聞きなれない人が多いと思いますが、私も初めて知りました。


この職権消除とは、、


”住所を異動(引越し)したが届出が行われず住民票の登録と実態が異なる方について、ご近所の方や別の業務を担当している市職員等から報告があった場合に、実態調査により事実を確認の上、住民票を職権で消除することがあります。 ”
※北九州市のサイトより抜粋(住民票の職権消除(削除)について)


つまり、引っ越しをしたにも関わらず、旧住所から新しい住所へ転居届を出していない場合に、旧住所で、居住しているかどうか調査され、居住を確認できない、または連絡もとれない場合に、住民票が削除されてしまいます。


この場合、どこにも住んでいないという状態になりますので、国民年金も加入していない状態になります。


例えば、会社が短期的に用意してくれた寮などを利用している場合に、移動を繰り返しているうちに、忙しさのあまりに、転居届を忘れてしまうケース。


基本的には、引っ越し時にきちんと役所に行って転居届をだせば問題ありませんが、仕事柄忘れがちになる場合は、注意が必要です。


では、実際に住民票が削除された場合、どうしたらいいかというと、
※実際に、最寄りの役所に確認してみました。


①以前、住んでいた(住民票を置いていた)市町村の役所で、提出証明書に準ずる証明書(住民票の除票)を発行し、現在住んでいる市町村の役所に提出する。
※期間があまりに開いている場合は、難しいそうです。

②戸籍謄本、戸籍の附票を本籍地の役所で発行してもらう
※本籍地が住んでいる地域から遠方の場合は、取り寄せになります。


上記のどちらかを用意して、今お住まいの地域の役所に持っていけば、新しく住民票を作成してもらう事が可能です。ただ、役所(むしろ担当者)によって、言う事にバラつきがある事が多いので、きちんと各役所で確認した方が間違いありません。


役所の手続きは色々と面倒ですが、絶対に、後から困る事になりますので、きちんと必要な手続きはするようにしましょう。


私も市民税の未払いで泣いた事がありますので。。。
※引っ越しを繰り返していて、未払いがある事に気づかずに何年も放置した状態になり、元本を超える利子を支払った事があります。

 
無駄に国に金を払ってもいい事はありませんので、お金の管理はしっかりとですね!