medium_6711401057

もうすぐ9年目を迎えるシステムエンジニアですが、この仕事は決して楽な仕事ではないと思います。


特に、真面目な正確な人程、この仕事は継続が難しい気がします。


この真面目という言葉は、とても難しいのですが、自分に厳しい人は自分を追い詰める場合があります。


というのも、実は自分自身が辛い思いを経験したからに他ならないのです。


私はエンジニアへ転職したのが割と遅かった事もあり、知識的にも技術的にも負い目があった事もあり、ちょっとした失敗があったらすべて受け止めていました。


その結果、職場を変える中で最悪な環境が続き、負の連鎖が始まりました。


一番精神的にやられたいた時は、自分でも気づかない時に独り言を言ったりしていました。今の嫁も、当時は結婚していませんでしたが、その異常さに不安で仕方なかったと言います。


では、今はどうか?というと同じ仕事でありながら楽しくやっています。


鬱になりかけたほど追いつめられた時と、今では何が違うのでしょうか?


まず、人生の目標(40代でセミリタイア)ができたことは大きいです。これにより、目の前の事だけクヨクヨ考える事はなくなりました。


そして、もっとも大事なのは楽観的に物事をとらえることができるようになったことでした。


以前は100%ミスがないようにする事が目標でした。


しかし今は、90%でいいと思っています。もちろん、10%ミスしてもいいという考え方ではありません。


人間はどんなに頑張ってもミスをする生き物です。その為、ミスをすることを容認できるようになったのです。この考え方ができるようになってからは、逆にミスも減り、同僚との付き合いもうまくなりました。


自分に厳しすぎる人は、ついつい人にも厳しくなりがちです。


そうして、周りともギクシャクし始め、結果、自分を追い詰める環境を作ってしまうのです。


人は8時間緊張しっぱなしだと疲れてしまいます。


その為、緩急が必要だと思います。集中する時間もあれば、ゆったりする時間も必要です。


私の同僚で、同じく自分を追い詰めるタイプの人がいます。その人は、休憩をするのが苦手で、休憩時間が長くなるとそわそわし始めます。働いていないと不安になるのです。


これは、罪悪感からくるものです。給料をもらっているから、8時間フルに働かないといけないという義務感にかられているのです。


もちろん、ある程度の緊張感、責任感は仕事において必要です。しかし、これが過度になると病気になる場合があります。その為、仕事もプライベートも楽しみ方を知っている人が人生の勝者にになるのです。


そして、それを変えるのは、自分自身の考え方と、選択肢の判断から成り立ちます。


自分を追い込む癖がある人は、仕事に集中しすぎて、人生の大事な部分を忘れないように気を付けてください。


さらに言えば、もし自分自身で変えられない事(組織、人間関係)が原因で、精神的にやられている場合は、そこから逃げ出す事も立派な戦略です。私は当時、何度か大きな壁にぶつかりましたが、それは仕事としてではなく、人間関係であったとはっきりと言えます。


絶対にやってはいけないのは、我慢し続けて自分自身が壊れてしまう事です。人生は自分自身が精神的にも、肉体的にも健康であって、初めて幸せになれるのです。どちらが不健康な状態であれば、幸せを掴むことは難しくなります。


職場に違和感を感じる場合、数か月すら我慢できそうにない現場は、さっさと退陣して新しい道を探しましょう!

a67c432a06a50ba2f2bcbf3a6f9d8bb8_s


今の会社の給料に不満があるという方で、インフラエンジニアの仕事を探している場合にオススメなのが、”workport”です。

>>IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】 


例えば、リクナビなどの転職サイトだと、自分の登録したスカウトを見て、気になった企業がオファーをしてくれますが、中々、自分が思うような企業に巡り合えない場合があります。

>>転職者の8割は【リクナビNEXT】
 
 
リクナビはあくまで転職サイトなので、自分でレジュメを入力し、自分で動く必要があります。


しかし、サイトだけの情報だと、企業の細かい情報や求人などから見えない部分が分からない事が多いです。


workportなどの転職エージェントは、企業と仕事を探している人の間に立ち、転職活動で助かるような情報を共有してくれるので、企業を選ぶ際に、欲しい情報が手に入る可能性があります。


例えば、私はLinuxはあまり経験がないのですが、求人だとLinuxの構築、運用経験が最低3年とかかれていました。


その為、その求人は自分に合わないと思ったのですが、いざ、workportの担当者が求人を募集している担当者と話をしたら、Windowsサーバの構築経験があれば、Linuxの経験が少なくても大丈夫という情報を知る事ができました。


求人情報では、確かに企業が欲しい求人が書かれているのですが、それだけでは分からない情報というのが確かに存在する訳です。


その為、私たちのような仕事を探している人と、企業をつないでくれるworkportのような転職エージェントの存在は、より円滑に仕事を探す事ができるようになるのです。

《ワークポートがオススメの4つの理由》
①新規求人と非公開求人多数
専任チームが毎日新規求人を発掘中。求人の鮮度は転職成功の大きな要素。
鮮度のよい求人を常にお届け致します。また非公開求人が多いため、登録後に御覧いただける求人の多さには自信があります。

②無料セミナーが充実
転職成功の為に数多くのセミナーを開催。まずは転職の基本、履歴書・経歴書の書き方から面接の対策。

そして企業とコラボレーションした採用直結型の企業セミナー。また複数の企業を招き開催する合同セミナーなど。転職を成功へと導くセミナーが揃ってます。

③スケジュール管理ツールがすごい
『eコンシェル』というオリジナルシステムをご提供致します。

スケジュールの管理、選考結果の管理、新規求人のご提案、セミナーのご案内など転職に必要な情報をひとつにおまとめ致します。

④担当コンシェルジュの変更が可能
人材紹介サービスを利用される方の不満のひとつは担当者との相性。ワークポートはこの問題に真摯に向き合った結果、担当コンシェルジュの変更希望受付窓口を設置しました。 

あなたの可能性を相性というささいな事で潰したくはありません。心地よくご利用頂くために、ワークポートがだした答えのひとつです。

私も転職を上手に活用する事で、月収を1.5倍近くに上げる事ができました。これだけ上がると、生活はかなり楽になります。


資産構築をする為に最初に必要なステップ、「稼ぐ」という事をぜひ、意識してみてください。