medium_234542399

近い将来、必ず、英語の重要性が注目されるようになります。


現時点で、日本のグローバル化が一部の企業で積極的に展開されています。


楽天の英語公用語は有名な話ですよね。発表した当時は、少し混乱があったみたいですが、結果的には会社を通じて英語のスキルをつけることができるのですから、むしろ感謝すべきだと私は思います。


多くの成功したい人は変化を嫌います。変化は少なからず、体力、精神力を使います。しかし、それを乗り越えれば英語のスキルという、今後に活かせる特技を得ることができるのです。


私の周りでは、”英語”と聞くと、嫌がる人があまりに多いです。


例えば、海外製品の場合、製品の説明が英語だったりします。その時点で”めんどくさい”となります。


しかし、逆を考えて頂きたいのですが、ここで、翻訳機を使わずん


私は、自身の変化とともに、英語の取り組み方も以前と変化が始まりました。


私は英文科を卒業してから、建築業界⇒IT業界へ転職をしました。その間、特段、英語の重要性を感じていませんでしたが、心の奥で英語を使いこなしたい!という気持ちはありました。


しかし、日常の中に、まったく英語を使う機会がないので、時間の経過とともに、英語に対する情熱は薄れていきました。


それでも、心の中に、どこかひっかかる部分があったので、DSで英語の勉強ソフトを買ったり、たまに洋画を観たりということをしていました。


確かに、大した量ではありませんが、途切れ途切れですが、勉強を続けたおかげで、簡単な英語なら話せますし、英文も読めます。


しかし、これでは使えるといったものとは程遠いんですね。


そして、英語を本格的に日本で学ぶためには何が必要かを考えました。


英語を話せるようになった身近な人たちについて考えたときに共通点がありました。


それは、英語を使う環境に身を置いたことです。海外留学やホームステイです。


つまり、使う必要がある為、必然的に覚えることができる。しかし、この考え方だと日本では無理なのかと考えてしまいます。


その答えが、私の大学時代に出会った英文科の先生にありました。


色々と思い返していくなかで、とても特徴的な言葉を思い出しました。


「私が英語を話したり聞いたりできるのは、あなた達よりも、多くの時間を英語について費やしているからです。」


というものでした。


これだけ勤勉な日本人が英語をいつまでたっても話せないのはなぜか?


私は、言葉を聞いたり話したりするのは、頭の良さではなく、それに投じた時間量だと思います。


もちろん、日本語も同様に難しい言葉や専門用語はたくさんありますので、英語もビジネスレベルにするのであれば、より一層の努力が必要ですが、日常会話というものはそれほど難しくはないんです。


英語は馴れですので、継続する事でジワジワスキルアップします。


まずは、習慣化でどんどんグローバル化を進めましょう!