節約料理として有効な料理がパスタです。私も建築業界からIT業界に転職したばかりのころは、給料が手取り一桁だった時期があり、その際はパスタにお世話になっていました。


最初に働いてた会社は総支給が残業がなければ15万円。そして、会社の寮に住んでいたのですが、家賃などを引かれると手取りは9万円程度。その為、なるべく普段から食費をかけないように工夫をしていました。お昼はチョコチップパンを買って、それほ2日で食べたり。 


夜は、基本的には100円でレトルトカレーやパスタソースを買って、 毎日日替わりで、違う味を楽しんでいました。食費は色々って一日ワンコイン以下にしていましたね。あの貧乏生活が懐かしいです。今は、割と給料があるので、もうあの生活レベルには戻れないですが、やはり、節約できるところは節約していく必要があります。


そして、パスタを食べたい~となった時に、外食になると思いますが、家で食べるパスタは激安なのに、パスタは外で食べると結構高いですよね。


大体が1000円前後・・・。ランチでも東京の場合、800円~1000円くらいはするでしょうか。


しかも、お店によってはあまり美味しくなかったり、コスパが低い場合もあります。以前も東京の某所で食べたパスタが価格が高い割に味が全然美味しくありませんでした。


きのこパスタが850円。具はシメジなどのきのこだけで、味も醤油味で、自宅でも作れそうな味で、すごく残念な気持ちになりました。


家で自分で作っても味が全然変わらない気がする・・・。 
そこで、自宅で簡単おいしいパスタを作る方法があります。


それは、「青の洞窟」を使う方法です。


【青の洞窟 カルボナーラの商品詳細】
●もっとよいもの、おいしいもの、特別でリッチなものを追い求める、違いのわかる大人が楽しむイタリアン
●生クリームと卵黄、ベーコンにパルメザンチーズ、ペコリーノ・ロマーノのコクと香りが加わった濃厚なおいしさ

【成分】
ベーコン、ショートニング、チーズ(パルメザン、ペコリーノ・ロマーノ)、卵黄、砂糖、でん粉、生クリーム、食塩、脱脂粉乳、香辛料、加工でん粉、調味料、カゼインNa、フィチン酸、リン酸カリウム、安定剤、クチナシ色素、アナトー色素、発色剤、(水)、(原材料の一部に豚肉を含む)
 
通常のママーやキューピーなどのパスタソースよりも少しお高めですが、味はほんとうにおいしくて、お店で食べるパスタと比較しても、なんら遜色ありません。個人的には、下手なお店よりも味はおいしいと思います。


パスタとパスタソースを合わせても一食300円くらいで収まりますので、外食行くよりも500円以上節約になりますね!


節約ばかり考えて、食事を我慢していたらストレスが貯まりますので、美味しく食べれて、且つ節約になる方法を見つけることが重要です。また、パスタソースのメリットは、作るのが簡単という事ですね。パスタを茹でてソースを温めて絡めるだけで食べれます。


しかもパスタソースは保存が効くので、保管しておいてもいいですしね。ちなみに余談ですが、パスタは暗い場所に保管する場合が多いと思いますが、ダニが湧くので注意してください。長期保管しなければいいですが、普段、あんまり食べない場合は、冷蔵庫保管がオススメです。ダニアレルギーのある方は、長期保存は注意ですね。 


パスタ好きな方で、青の洞窟食べたことがない方はぜひ、試してみてください♪青の洞窟は、普通にスーパーに売っていると思います。