cebu

家族で海外に住むことを夢ではなく、実現とするべく日々本業、副業にいそしんでいますが、
海外に住む目的の一つが、「子供に英語を学ばせたい」ということがあります。


これは、私が英文科を卒業して、英語を話せないという苦い経験からもきているのですが、やはり英語は話せて損はありません。


私の場合、最初の投資がフィリピンで、支払いが完了すれば、年利7%のインカムと、高級コンドミニアムに滞在する権利を持っています。


そこで、小さいころから海外、強いては英語を肌に感じさせようと思っているのですが、子供さえ望めば、海外の学校にも行かせたいと思っています。ただ、嫁はやはり日本に住みたいという意識が強いので、子供が英語を学びたい!と言えば、海外留学も全然、アリだと思います。


私も広島の地元の私大を出ましたが、英語英文学科を卒業したにも関わらず、英語が全然、話せません。本気で英語を学びたいなら、海外留学すれば確実に話せるようになると思います。実際、私の大学時代の知人がアメリカのミネソタにホームステイしていましたが、1年でかなりペラペラになって戻ってきました。英語をマスターするには、はやり実際に利用するのが一番です。 


そして、リサーチしていたら、フィリピン・セブの留学の為の比較サイトを発見しました!

こちら、「留学比較.com」です。



留学エリアは、フィリピンの観光地としても有名な「セブ島」です。海がきれいで、世界各国からダイバーがやってくるほどです。


≪セブ島の魅力≫

・距離が近くて、物価が安いので格安留学が可能 
 ⇒日本から飛行機で4時間程度、日本の物価の1/3~1/6程度

・英語が公用語だから、学んだ英語が実生活ですぐ使える 

・治安が比較的良い 

・語学学校が複数あり、自分に合った学校が選べる 

・1年を通じて常夏の自然豊かなリゾート地 


日本にいると、中々海外の情報を得ることが難しいので、こういったサイトで情報を集めるのも一つの手法だと思います。


★【留学比較.com 】学校訪問 NILS キャンパス2
 


≪留学比較.comで紹介する学校≫
・Bayside English Cebu
セブ島のリゾートで留学生活! 日本人スタッフが在住しているので、海外生活に不安を感じる方も安心。親子留学コースもあります。
 
・English Fella
静かな学園エリアに位置し、集中して勉強したい人にお勧め。TOEFLを中心に各種試験対策に特化した語学学校です。
 
・NILS
セブ市のビジネスの中心地ITパークにある語学学校。今話題のカランメソッドで勉強可能。日本人スタッフも多く在籍し、安心且つ快適に留学できます。
 
・FEA(Firstwellness English Academy)
自由な校風のホテル滞在型語学学校。 日本人サポートも充実。優秀な講師陣を揃えており、生徒満足度の高い学校です。

E-ROOM
E-ROOMはセブ島の隣、ネグロス島の北部にあるバコロドという島内最大都市であるも、小さな田舎町に立地しています。微笑みの街(Smile of City)と呼ばれるこの街、教師がとてもフレンドリーなのが特徴で口コミから生徒さんが来られます。

・SME
IELTS専門のキャンパスで、多くの実績を誇る語学学校。 敷地内には、生活に必要な複合施設を全て設置。多国籍に富む学生構成も魅力です。
etc


そして、フィリピンは成長を続ける新興国で、高層マンションも建ち、かなり住みやすい国になっています。


そして、ビーチリゾートで有名なセブ島は、マリンスポーツの宝庫です。ハネムーン、カップル、ファイミリー、友達同士、ダイバーなどの幅広い層に人気のセブ島。もちろんビーチ以外にもたくさん楽しみ方があります。

■生活環境も快適
・ショッピングモール
セブ島市内には超大型のショッピングセンターがあり便利です。巨大すぎて迷子にならないように気を付けてください。

・おすすめフィリピン料理レストラン
フィリピン料理は味が濃いものの日本人によく合います。フィリピンに来たからには、必ず食べたいフィリピン料理。チェーン店やフィリピン人が行くようなローカルレストランなど、セブにはフィリピン料理レストランがたくさんあります。そんな数多くのフィリピン料理レストランから、自信を持ってオススメできる穴場のレストランだけをご紹介します。
500円ほどあればお腹いっぱい食べれます。是非いろいろ食べ歩いてみて下さい。

・おススメ日本食レストラン
海外に長くいると、時々日本食が食べたくなりますよね。特にお刺身、鍋料理、納豆などは海外では中々食べることができません。そこで、日本食が食べたくなったときにオススメの日本食レストランをいくつかご紹介します。非常に多くの日本食レストランがあります。もし現地料理がダメでもご心配なく。

 
フィリピン、もしくは英語圏への留学などを考えている人は、チェックしてみてはどうでしょうか?