medium_5537894072

最近、ニュースでも話題のブラック企業。特に自殺者を出したワタミ、過酷労働でストライキの出ている吉野家などが有名ですが、ブラック企業、組織は表に出ていないだけで、その数は相当数あると思います。


私も過去、ブラックだと感じる会社、組織に所属していた時期がありますが、自分自身がブラック企業に所属しているのかどうかを判断する事が重要です。


我慢強い人や、行動力のない人は、一度ブラック企業に入っても、中々抜け出せない人がいます。特に私がブラックだと感じるのは、「サービス残業」です。 


基本的に残業を出さない会社は辞めましょう!

会社によっては、残業を一切出さないという会社があります。サービス残業はブラック企業を判断する一つです。


ただし、以下のような条件の場合は、人によってはブラックだと感じない事もあるかもしれません。

・スキルを身につける為
・大好きな仕事
・仕事ができないのでしょうがないと思っている


しかしながら、本人の意志とは関係なく、組織の都合で残業代を出さずに仕事をさせる事は、 労働基準法上就労時間外で働いた労働者には割増賃金 を支払うことが義務になっている為、違法と言えます。


会社や組織の中には、「業界未経験や新人はスキルがないのだから、残業なしでも残って仕事をしろ」という考えを持っているところもあります。それは絶対に間違っています。もちろん、自分の意志で業界の資格の勉強をしたり、スキルアップの為の残るのはかまいませんが、組織に強制されてサービス残業するのは別です。


見込み残業時間が多い会社は要注意

以前、残業の見込み時間が40時間という会社に入社しました。入社時の面談で、見込残業がある代わりに、入社後、給料アップを約束して入ったのですが・・・


入社後、開発系の案件で億単位の赤字を出して、会長と社長が解任されるという状況。そして会社は当時の親会社が買い取り、会社立て直しからスタートするような状況。


とても、給料をアップしてもらえる状態ではなかったのです。


さらに、常駐先の組織では、残業を30時間に抑えるように言われて、実質、サービス残業で毎日遅くまで残業をさせられていました。


1年間通して、毎月50~60時間は残業していたにも関わらず、一度も残業を出したことはありませんでした。入社後、ブラックな会社だと気づいたのですが、辞めるのに一年を要してしまいました。理由は、業務の引き継ぎでした。


常駐先は日本有数の大手ベンダでしたが、環境は粗悪であった為、いいことは一つもありませんでした。唯一人生においてプラスになったのは、当時、この環境を抜け出したいという意識の元、お昼休憩に会社の近くにある本屋さんで自己啓発本を読んでいました。


その中で、「Big Tommrow」を読んで、輸入ビジネスをスタートさせた事が自分の人生のターニングポイントになりました。結果、様々なプラスが人生に舞い込んでくるようになりました。


よくピンチはチャンスと言いますが、私にとって、人生を大きくかえるきっかけになったので、すべてが悪いとはいいませんが、可能であれば環境はいいに越したことはありません。


私は残業代のおかげで、この3ヵ月で100万円近く貯める事ができました。もちろん、浪費せずに、貯蓄と投資にまわしますが、きちんと残業代をもらえば、資産構築の助けにもなります。


きちんと残業代がでる会社に勤めましょう!

a67c432a06a50ba2f2bcbf3a6f9d8bb8_s


今の会社の給料に不満があるという方で、インフラエンジニアの仕事を探している場合にオススメなのが、”workport”です。

>>IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】 


例えば、リクナビなどの転職サイトだと、自分の登録したスカウトを見て、気になった企業がオファーをしてくれますが、中々、自分が思うような企業に巡り合えない場合があります。

>>転職者の8割は【リクナビNEXT】
 
 
リクナビはあくまで転職サイトなので、自分でレジュメを入力し、自分で動く必要があります。


しかし、サイトだけの情報だと、企業の細かい情報や求人などから見えない部分が分からない事が多いです。


workportなどの転職エージェントは、企業と仕事を探している人の間に立ち、転職活動で助かるような情報を共有してくれるので、企業を選ぶ際に、欲しい情報が手に入る可能性があります。


例えば、私はLinuxはあまり経験がないのですが、求人だとLinuxの構築、運用経験が最低3年とかかれていました。


その為、その求人は自分に合わないと思ったのですが、いざ、workportの担当者が求人を募集している担当者と話をしたら、Windowsサーバの構築経験があれば、Linuxの経験が少なくても大丈夫という情報を知る事ができました。


求人情報では、確かに企業が欲しい求人が書かれているのですが、それだけでは分からない情報というのが確かに存在する訳です。


その為、私たちのような仕事を探している人と、企業をつないでくれるworkportのような転職エージェントの存在は、より円滑に仕事を探す事ができるようになるのです。

《ワークポートがオススメの4つの理由》
①新規求人と非公開求人多数
専任チームが毎日新規求人を発掘中。求人の鮮度は転職成功の大きな要素。
鮮度のよい求人を常にお届け致します。また非公開求人が多いため、登録後に御覧いただける求人の多さには自信があります。

②無料セミナーが充実
転職成功の為に数多くのセミナーを開催。まずは転職の基本、履歴書・経歴書の書き方から面接の対策。

そして企業とコラボレーションした採用直結型の企業セミナー。また複数の企業を招き開催する合同セミナーなど。転職を成功へと導くセミナーが揃ってます。

③スケジュール管理ツールがすごい
『eコンシェル』というオリジナルシステムをご提供致します。

スケジュールの管理、選考結果の管理、新規求人のご提案、セミナーのご案内など転職に必要な情報をひとつにおまとめ致します。

④担当コンシェルジュの変更が可能
人材紹介サービスを利用される方の不満のひとつは担当者との相性。ワークポートはこの問題に真摯に向き合った結果、担当コンシェルジュの変更希望受付窓口を設置しました。 

あなたの可能性を相性というささいな事で潰したくはありません。心地よくご利用頂くために、ワークポートがだした答えのひとつです。

私も転職を上手に活用する事で、月収を1.5倍近くに上げる事ができました。これだけ上がると、生活はかなり楽になります。


資産構築をする為に最初に必要なステップ、「稼ぐ」という事をぜひ、意識してみてください。