medium_6735565009

今、個人でも企業でも様々なSNSを活用して、広告媒体として利用していると思います。


これまで私が働いた会社でも、Twitter、Facebook、Lineのいずれかを利用していました。


実際、私の周りでは、これらのツールを活用して、稼ぎまくっている人もいますし、活用した方がいいのは間違いありません。


しかし、一つのツールに頼るのは、個人的にはリスクだと思っています。


投資と一緒で、分散したほうがいいのは、これまでの経験でも言えることだと思います。


Facebookの10代の利用者は減少している

今や、SNSの王道とも言えるFacebookですが、様々なメディアでFacebookの10代の利用者が減少しているという情報が挙げられています。


どんなビジネスであれ、ブームがあります。5年前ほどは、同僚に言われてmixiに登録しましたが、今では全く利用していませんし、一応、ブログの記事更新時にmixiにアップするようにしていますが、全く反応がありません。


私の周りで、mixiを利用している人はいませんし、以前に比べて利用者は激減しているのではないでしょうか。


とりあえず、アカウントは残っているけど、利用していないゴーストがたくさんいそうですね。


ブロガーとして、今、一番反応を感じるのは、twitterでしょうか。


twitterはブログの記事更新時に、自動的にtwitterに投稿するようにしていて、全く負荷がかかっていませんが、twitterからのアクセス逆流入もありますし、リツイートしてくれる事もあるので、アクセスアップに貢献してくれています。


かつては、mixiを利用している人はたくさんいましたが、facebookも同様な状態にならないとは言い切れません。


もし、facebookだけに集中して、facebookの人気が落ちた時に、情報発信基盤としての価値がなくなるので、都度、別のサービスに移行する手間が発生します。


ブロガーのメリットを改めて感じる

個人的に感じる事は、ブロガーは改めて色んなメリットがあると感じています。


それは、様々なSNSの中心にいるからです。


例えば、私はブログの記事を自動で、TwitterやFacebook、mixiに発信できるようにしています。


一回の記事更新で、あらゆるSNSに同時投稿できてしまうのです。つまり、効率がいいのです。


しかも、ブログ自体は、SNSサービスの衰退とは影響がありませんから、ひたすら、自分のライフスタイルに基づいたテーマに従い記事を更新し続ければいいのです。


ただ、ブログのメリットは無料で始められるメリットがありますが、ブログサービスを提供している企業がいつサービスを停止するか分からないので、そういったリスクもあるのも忘れてはならないと思います。


また、アメブロのように厳しい運用をしている場合、自由に記事を更新できない事もあります。


その為、どういったブログサービスを利用するか、はたまた、ブログサービスが停止した場合の事も考えておく事もブロガー活動を継続させる為に必要な考え方だと思います。


今、日本経済は大きな変動を起こそうとしています。


その中でも、自分という主軸は崩さず、自ら稼ぐ事ができる力を持つ必要があります。


その為に、情報発信ツールを育てていけるブログ(サイト)は、これからの時代も十分価値のあるツールの一つとして残っていけると感じています。