639706c1ba6fe0bbf040609011f25f11_s


最近、本業の収入が上がって感じる事ですが、ようやく普段の生活にゆとりを感じる事ができるようになりました。


現在、専業主婦の嫁と2歳になる子供の二人を養っているわけですが、子供ができてから生活が一気に厳しくなりました。当時、子供がまだ嫁のお腹にいる時に、給料が月収30万円でしたが、徐々に生活が厳しくなっていくのを感じました。


それまで嫁はアルバイトをしてくれていたので、二人の月収を合わせると40万円近くあったのが、一気に10万円近く下がった計算になります。


こういった経験から感じる事ですが、人生にゆとりを持つためには、やはり安定した収入は必要不可欠です。


逆に、お金が理由で離婚する事もあるので、お金の問題は人生の中でずっと付きまといます。


例えば、30代の生活費は平均は約27万円ほどと言われています。実際、月収30万円だと、色々と引かれて手取りは20万前半くらいの金額になってしまうと思います。


これは子供の数によっても変わってくるでしょうし、家庭にによって生活費はバラバラだと思います。


私は生活費を抑える為に、千葉の安いエリアに住んでいるので、2DKの8万円のマンションに住んでいます。以前一緒に働いた同僚は、神奈川に住んでいて、家賃が11万円もするそうです。


つまり、私と毎月3万円の差があり、年間で36万円も余分に必要という事になります。また、彼は、車を保有しているといっていたので、その維持費も別で必要になります。


というように、先ほど27万円と書いたのはあくまで平均であり、実際は、35万円必要な家庭もあれば、25万円で収まっている家庭もあると思います。


ちなみに、将来の事を考えると貯金をする必要があると思います。その場合、支出が30万円の家庭であれば、40万円くらい稼げる事ができれば、安心して暮らしていけるのではと思います。


実際、月収40万円でも、手取りは下がるわけなので、実質40万円もありません。その為、支出が30万円くらいだと、貯金できても5万円くらいではないでしょうか。


この5万円の積み立ても、結局、年間で60万円程度しかならない為、これで将来安心かと言うと、そうでもないのが事実です。


やはり、余裕を持った生活をする為には、共働きをして、世帯年収を増やす事を考える必要があると思います。


私の知り合いで東京でマイホームを持っている人は、たいてい夫婦ともに働いている人たちです。収入の柱が一つか二つで、生活レベルは一気に変わってしまいます。


これからの時代、給与水準はさらに下がる可能性は高いので、働けるうちにしっかりと働いて将来の為に、貯蓄をする事は非常に大切だと思います。