medium_3242931278

NHKの料金問題って、昔から話題になっていますね。


私は以前の住居で、NHKの料金はクレジット支払いにしていたのですが、引っ越し時にトラブルになる事が多いそうです。


また、すでに地上波の契約をしているお宅に来て、衛星契約(BS契約)へ変更させる手口があるそうです。


知人が、NHKのスタッフが訪問してきて、「地上波の契約の名義変更がないか、確認きました。」と突然、言ってきたそうです。


そして、そのまま、よく分からないまま、名義変更の書類?を書かされたそうです。


すると、その後、「BS契約ありがとうございます。」のはがきが届いたそうです。


実際に私が経験したことではないのですが、ネットで調べると強引に使っているかどうかは、関係なく、BS放送を受信できる装置があれば、衛星契約へ切り替えるように促してくるそうです。

→放送受信料 衛星契約への契約変更のお手続き(NHK)


つまり、テレビ見れたら、スマホでもなんでも、NHK放送料払いなさいと同じ発想ですね。


子供が出来てから、NHKはよく見ているので、地上波の料金は払おうと思いますが、衛星契約まではさすがに支払いたくないですね。。。


ちなみに、衛星契約に変わると、一気に料金が跳ね上がります。


例えば、地上波だと、2か月で2,520 円ですが、衛星放送だと4,460円になります。そう、2千円も増えてしまいます。


年額で1万円も差ができてしまいます。さすがに、こちらを払うのはちょっと・・・と思いますよね。


少なくとも、自宅にBS放送の受信機がなければ追い返す事はできそうですが、おそらくマンションで契約とかされている場合は、下調べしてくるんでしょうから、一度出てしまうと、大変かもしれません。


この辺りは、ネットで検索すると賛否両論で、支払わなくてもいいという意見もあれば、そうでもないとあります。


個人的には、BS受信できる装置があっても、使わないのであれば支払いたくないというのが本音ですが、NHKは少しでも利益を出したい訳ですから、受信機があれば支払え!というのが考え方でしょう。


むしろ、ほんとうかどうかは分かりませんが、NHK社員の平均年収が1800万円という数字がありますが、この年収がほんとうだとしたら、年収を下げて受信料を下げる努力をした方が、まだ、評価されるのではと思いますね。。。