medium_8552332131

ちょっとネットを徘徊していたら、興味深い記事を発見しました。


Business Journalの記事なんですが、「NTTで“ハケン切り”の嵐!切りすぎで、“スキルのない素人”社員だらけに…」という過激なタイトル。

>>NTTで“ハケン切り”の嵐!切りすぎで、“スキルのない素人”社員だらけに…(Business Journal)


以下は抜粋です。

日本の通信事業最大手である日本電信電話(NTT)が、次々に30代派遣社員のクビ切りを行っているらしい。民営化から30年、アメリカ式の経営指標を最重視してコストカットに邁進中で、社内は疲弊しブラック企業化しているという。  


私もIT業界に転職してから、派遣会社にずっと勤めている関係で、これまで様々な企業で働くチャンスがありました。


その中で、外から見る大手企業と、実際に中で働いてみると、印象が全然異なる事に気付きました。


そして、上記はまさに、その典型の話だと思います。
コストカットの影響を受ける特定派遣社員たち

「株主の期待に応えるべく、NTTはグループ全体の営業利益を1兆4000億円にするようにとの社内通達を出していますが、各部署でできることはコストカットくらいしかありません。その直撃を食らっているのが契約社員や派遣社員です。コストカットの対象として、真っ先に雇い止めが始まっているのです」

ちなみに、サイト内でも書かれていますが、国は派遣法改正によって特定派遣が廃止され、すべて一般派遣にしたがっているとあります。


ちなみに一般派遣は、働きたい人、仕事が欲しい人が、仕事を紹介してくる会社(派遣元)から仕事を紹介してもらい、仕事が決まれば常駐先などで仕事をするパターンです。


東京の場合、この一般派遣はフリーランスが多かったです。


逆に特定派遣は、派遣元の会社に就職などして、そこから常駐先などに派遣されて仕事をするパターンです。私はずっと、この特定派遣として仕事をしてきました。


この二つの大きな違いは、特定派遣は派遣元企業に就職しているという事です。


その為、特定派遣の場合、仕事が途切れても、派遣元に戻って仕事をする為、給料が途絶える事はありません。一方、一般派遣は、仕事が途切れると、給料もでない事になります。


ただし、一般派遣、特にフリーランスの場合、給料が高い場合が多いので、ちょっと休みがあっても、仕事があれば、悪くはない仕事の形だと思います。


さらに、特定派遣の場合、使えない社員がいても、派遣元が面倒を見なければならなかったりします。


派遣社員に頼っている企業は派遣切りで弱体化が進む

サイトの書かれている通り、派遣社員に頼っている企業は、派遣切りによって企業の弱体化が進むと思います。


これは派遣の数が圧倒的に多い企業にこそ、顕著に表れます。


会社によりますが、大手であっても、派遣社員が多く在籍する会社は結構、あります。


私が経験した現場で一番酷かったのは、プロパーが一人もいないもしくは、いても一人というような現場です。


もちろん、現場が成り立たない訳ではないのですが、いざ、派遣が去っていった時に、情報やノウハウを持っている人がいなくなるので、当たり前ですが、残ったメンバーや社員にしわ寄せがいくわけです。


特に、派遣を顎で使ってきたような会社は、いざ、自分の手足になってくれた派遣社員がいなくなると、一気にパフォーマンスが落ちていく事になります。


どんな企業においても、バランスが重要という事になりますね。


ちなみに、これからの時代を生き抜く為には、自らのスキルを高める必要があります。スキルがない人は、特に派遣の場合、益々淘汰されていく可能性があります。


私も運よく、東京でいろんな経験を積むことができたので、ある程度スキルには自信があります。


その為、転職活動などでも割と、転職しやすいスキルを持っていると感じています。逆に、魅力的な経歴がないと、転職活動も難しくなっていきます。


特に地方の場合、それが顕著です。東京は仕事の絶対数が多いので、まだまだ、仕事は見つけやすいですが、地方は経歴や年齢はかなり重要視されます。


ちなみに、今の会社ではスキルが満足につかない、ビジネスチャンスがない、給料が上がる見込みがないという方は、やはり、よりよい環境を求めて転職活動がオススメです。


転職に関して、私も実際に利用した事があって便利でオススメなのが、「リクルートエージェント」です。これから転職を検討している方や、待遇面で不満があって転職を考えている人に便利です。

>>リクルートエージェント


リクルートエージェントでは、担当者が自分にあった仕事を探してくれるので、自分だけで就活するよりもすぐに仕事を見つける事ができます。


私も実際に使ってみましたが、担当者が密に連絡してくれて、仕事をすぐに見つける事ができると思います。


リクルートエージェントは、その名前の通り、大手のリクルートが運営している為、安心して利用する事ができます。


《リクルートエージェントの3つのメリット》
1.強みを発見
キャリアアドバイザーが、面談を行う中でお客様自身まだ気づかれていない強味を発見します。

2.非公開求人の紹介
転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介します。

3.企業へのアピール
職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にお客様の強みをアピールします。 


また、IT業界への転職を検討しているなら、WORKPORTが便利です。

>>IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】 


workportは、リクナビなどと違い、担当者がついて、一緒に仕事を探してくれます。また、担当者は実際に企業と会ったりしているので、求人票では分からない情報を教えてくれたりします。


例えば、求人票だと結構厳しい条件が書かれているけど、いざ、workportの担当者に話を聞いたら、意外と条件は厳しくなかったり。


求人票では、やはり、理想的な人材を欲しがるので、どこも高い条件が書かれている場合がありますが、実際に面接してみると、それほどでもない場合もあります。


それが、workportの場合、担当者経由である程度、情報を教えてもらえるので、会社を選ぶときのヒントになります。


《ワークポートがオススメの4つの理由》
①新規求人と非公開求人多数
専任チームが毎日新規求人を発掘中。求人の鮮度は転職成功の大きな要素。
鮮度のよい求人を常にお届け致します。また非公開求人が多いため、登録後に御覧いただける求人の多さには自信があります。

②無料セミナーが充実
転職成功の為に数多くのセミナーを開催。まずは転職の基本、履歴書・経歴書の書き方から面接の対策。

そして企業とコラボレーションした採用直結型の企業セミナー。また複数の企業を招き開催する合同セミナーなど。転職を成功へと導くセミナーが揃ってます。

③スケジュール管理ツールがすごい
『eコンシェル』というオリジナルシステムをご提供致します。

スケジュールの管理、選考結果の管理、新規求人のご提案、セミナーのご案内など転職に必要な情報をひとつにおまとめ致します。

④担当コンシェルジュの変更が可能
人材紹介サービスを利用される方の不満のひとつは担当者との相性。ワークポートはこの問題に真摯に向き合った結果、担当コンシェルジュの変更希望受付窓口を設置しました。
 
あなたの可能性を相性というささいな事で潰したくはありません。心地よくご利用頂くために、ワークポートがだした答えのひとつです。
 

これから派遣という形がどうなっていくのか分かりませんが、未来を考えながら、仕事を選んでいく必要があると同時に、常に自らのスキルアップは考えておく必要があります。


私は派遣社員なので、派遣切りはいつ起きてもおかしくないと思い、日々、行動していく事が肝心です。