もう少しで博多デイトスの”博多めん街道”を制覇できそうです。


ここは博多駅でご飯を食べる時に、ジャンルでフロアが分けられているので、すごく便利です。ちなみに、2Fが麺類のお店が集まっています。


今回、利用したのは”そば処 弥五郎”です。
20150725_123648


ここは”博多めん街道”で唯一のそば屋さんです。あと、うどん屋さんも一軒ありますが、後はラーメン屋さんですね。こちらは割と空いているので、すんなり入れます。
20150725_123654


こちらの売りは、「ひきたて、うちたて、ゆがきたて」だそうです。ちなみに、蕎麦は2種類から選べます。

・更級そば(8割)
上品な白に近い色をした、のどごしと味を楽しむ最高級のそばです

・田舎そば(8割)
素朴な黒っぽい色をした独特の香りとコシの強さで、もっちり太目のそばです
 
20150725_121309


今回は、悩んだ挙句2色そば(更科、田舎)にしました。価格は700円です。税込価格が5%のまま?
20150725_121321


こちらは同僚が頼んだ、カツ丼セット。
20150725_121934


こちらが注文した、2色そば(更科、田舎)です。器が見事に二つに分かれていていいですね。お椀が二つでくるかと思いました。
20150725_121940


二つの蕎麦は見た目から全然違います。更科蕎麦は細目にカットされていて、田舎蕎麦は太目にカットされています。
20150725_121945


つゆは自分で後から追加できます。
20150725_122009


まずは、更級そばから。食べた感想ですが、こちらはあっさりしていて、食べやすい感じ。
20150725_122041


続いて、田舎蕎麦です。こちらは太目にカットされている事もあり、食べごたえがあります。これは新食感かもしれない。
20150725_122100


また、歯ごたえがあるからかもしれませんが、長さは短めにカットされています。このあたりの配慮はさすがですね。
20150725_122243


2色の蕎麦を食べ分けれるのはよかったです。ただ、つゆの味は同じなので、太さの違うそばを食べるには、味の濃さを分けた方がいいかなぁと感じました。


というのが、太い田舎蕎麦のほうはしっかりとつゆにつけないと、味が薄く感じるからです。逆に、細い、更級そばはしっかりとつけると、つゆがよく絡んで、味が濃く感じます。


田舎蕎麦は食感がよくて面白かったのですが、味的には更級そばの方が個人的には好みでした。


博多デイトスで蕎麦を食べたい方は是非、利用してみてください。

 【お店情報】
住所:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 博多デイトス 2F 博多めん街道
営業時間
10:30~22:00(L.O.21:30)
ランチ営業、日曜営業