53930496575949926fefb046cd85898e_s

2016年も早くも2月を迎えます。もう、一ヵ月が経過したんですね~。時間の経過は本当に早い。


人生、時間を有意義に使わないと、すぐに人生が過ぎ去ってしまいます。今の仕事も、疲弊する一方なので、そろそろ転職活動を考えています。


こんな風に、転職活動をさらりとできてしまうのも、私がIT業界で働いているという事と、副業としてスタートしたブログである程度の収入があるからに他なりません。


ブログについては、昨年の9月あたりから、コンスタントに10万円ほど稼げるようになりました。


実は、昨年の2月くらいはまだ、月収2万円ほど稼げればよかったのですが、これだけ大幅な収益アップができたのには、あるプロブロガーとの出会いがありました。


それは、同じLivedoorブログを運用しているイケダハヤトさんの存在です。出会いと言っても、実際に会った事はありませんが、伸び悩んでいる時に、稼ぐ為に必要なアウトプット量を知り、自分がまだまだ、ブログの更新数が足らない事を知りました。


そして、ちょうど、福岡移住を決めた事もあり、自分の時間が大幅にできたので、3ヵ月程度でブログを1000記事近く更新する事ができました。


結果、6月ごろには、ブログの月収が5万円前後になり、あれよあれよで、9月には10万円を突破しました。


これも、イケダハヤトさんのブログに出会わなければ、達成できなかったかもしれません。今は、次の目標である月収15万円~20万円ラインを目指して日々、格闘している状態です。


そして、そのイケダハヤトさんの新しい書籍が出版されていました。


”まだ東京で消耗してるの? 環境を変えるだけで人生はうまくいく”です。



本自体の内容はこちら。Amazon抜粋です。
内容紹介
東京はもう終わっている。人が多すぎる東京では仕事で頭角を現すのは難しく、少ない給料のほとんどは住居費などの「東京に住むための経費」に吸い取られる。おまけに子育て環境は酷く、食は貧しい。そんな東京に嫌気が差し、縁もゆかりもない高知県の限界集落に移住した著者は、家賃が8万円から3万円に下がり、収入は約3倍になり、自然豊かな環境で幸せに暮らしている。地方消滅という言葉があるが、人が少なく、ないものだらけだからこそ、地方には確実に儲かるのに未だ手付かずの仕事が無数にあるのだ。「東京」と「地方」の常識が変わる一冊。

著者について
ブロガー。一九八六年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、大手メーカーに勤務。会社員生活を経験した後、三年目に独立。二〇一五年に家族で東京から高知県の限界集落に移住。ブログ「まだ東京で消耗してるの?」の月間閲覧数は約三〇〇万回。オンラインサロンを主宰するほか、『ビッグイシューオンライン』編集長も務める。『新世代努力論』『武器としての書く技術』、『仏教は宗教ではない』(アルボムッレ・スマナサーラ氏との共著)など著書多数。

実は、私が福岡移住を決心したのも、イケダハヤトさんの高知移住を知ってからでした。


ちょうど、職場がブラックで、精神的にも、肉体的にも疲弊していた時期で、以前から、地方に移住を検討していたのですが、このタイミングがばっちりだと思い、移住を決心しました。

 
結果、新たな地、福岡のローカル情報を発信できますし、地元の広島も近いので、色々とメリットがあります。


家賃については、元々、千葉が安かったこともあり、1万円だけ安くなった程度です。それでも、安くなったのは嬉しいですけどね。


残念ながら、本業の収入は下がってしまいましたが、ブログの収益が今の倍になれば、確実に生活は安定します。年収ベースで700万円以上が狙えるようになるので、東京で一番稼いでいた時期と同等くらいの収益を地方で得る事ができます。


それが今年の目標ですね。


これも、ライバルの少ない地方ブロガーのメリットであるとも言えます。


ちなみに、私の経験からは、地方で本格的にプロブロガーを目指している人は、まだまだ少ないです。だから、今からでも本気でブログをスタートすれば、確実に稼げるようになります。


特に、私の住んでいる広島なんて、ネタがゴロゴロしていますからね~。広島に興味がある人のアクセスを一気に集める事ができます。


地方なんて書くことないんじゃない?と思うかもしれませんが、それは勘違いです。自分の行動範囲が狭いとそう感じるかもしれませんが、いざ、視野を広めると、ブログなんて無限に書くことがあって、時間がどれくらいあっても足りないくらいになります。


その状態になれば、後は時間の問題で、確実に稼げるようになります。


本気でプロブロガーを目指している方、地方でローカル情報を発信しながら、稼ぎたい方は、是非、書籍をチェックしてみてください。


ちなみに、現在は、ランキング社会一般ランキング2位と上位をキープしています。出たばかりなので、まだまだ売れそうですね~。


しかし、印税がうらやましい・・・。書籍一本で、どれくらいの収益があるんでしょうかね。私もいつか、書籍が出版できることを夢みて、ブログを更新し続けたいと思います。