昨日は、高速道路がかなり渋滞していたそうですが、今は、落ち着いて、実家でゆっくりされている人が多いのではないでしょうか。


我が家は子供が生まれたばかりなので、今年は家でゆっくり過ごすという選択肢を選びました。その分、移動費がういたので、少しでも食事などに使おうと持っています。


そして、帰省時の移動の手段として距離がさほど遠くなければ、車で帰省する人が多いと思います。中には車で半日以上運転して帰省する強者もいるようですが。


高速道路を運転していて、個人的に楽しみだったのがサービスエリアでの休憩です。食事もできるのもそうですが、色んなお土産があるので、選ぶ楽しみがありますよね。


今は、西日本に住んでいるんですが、ニュース記事で、東日本SA・PAのおすすめお土産5選を紹介しているので、参考までにどうぞ。

スイーツからラーメンまで!東日本SA・PAのおすすめお土産5選


長時間のドライブにおける“オアシス”ともいえる、東日本の来客数で上位に入ったSA・PAのおすすめ土産5選を紹介するというものですが、情報元は東京ウォーカーのようです。

東北道鬼平江戸処(上り線)の元祖くず餅(中箱/870円)

まずは、東北道鬼平江戸処(上り線)の元祖くず餅(中箱/870円)です。

原材料にこだわり、葛粉ではく小麦でんぷんを使用した和菓子。15カ月間乳酸菌発酵により独持の弾力があり、保存料無添加となっている。

東北道佐野SA(下り線)の佐野生ラーメン3個セット(3240円)

続いて、 東北道佐野SA(下り線)の佐野生ラーメン3個セット(3240円)です。

ラーメン2食パックとメンマの648円相当のおまけが付く、お得なセット。佐野SA(下り線)では、文明堂東京 特製さのまるカステラ(大1512円/小864円)や、ラーメンポテト(596円)もおすすめ。



さのみやげ麺会 ラーメンの郷

佐野名水を使用して、伝承の製法で打った麺と特製のスープのこだわりラーメン!
imgrc0068996656

東北道佐野SA(上り線)のラーメン麺屋ようすけ(1080円)

東北道佐野SA(上り線)のラーメン麺屋ようすけ(1080円)です。

佐野ラーメン各種取扱いがあるなかで、売れ行きが最も良く、一度食べたらやみつきとなる商品。丹念に作り上げたコシのあるモチモチ麺と、ぎゅっと旨味のあるあっさりスープが特徴となっている。

麺はコシのある不揃い平麺が特徴的。スープはぎゅっと旨みの詰まった食べやすい醤油スープが食欲をそそる佐野ラーメン。
鉄腕DASHの「世界一うまいラーメンつくれるか」企画でTOKIOの城島リーダーが青竹打ちでの麺打ち修行に来た有名店ですが、それ以前の2012年開店時から 「2012、2013、2014の3年連続 食べログベストラーメン」を受賞!
さらに「Japan Rame Award 2016」受賞と、日本全国でベスト50のラーメンに選ばれました!

東北道蓮田SA(下り線)のお芋パイ(1080円)

続いて、東北道蓮田SA(下り線)のお芋パイ(1080円)です。

口あたりまろやかな紫芋あんを、バターの香る風味豊かなパイ生地で包んで焼き上げた同SA(下り線)のオリジナル商品。12個入りの進物と7個入りのピンクの巾着袋がある。
 

上信越道横川SA(上り線)の峠の力餅 16個入(756円)

そして、最後に、上信越道横川SA(上り線)の峠の力餅 16個入(756円)です。
毎日つきたてのお餅を、国産小豆を使用したこしあんで包んだスイーツ。一番人気のお土産となっている。

色々と美味しそうなお土産が並びますが、ラーメンであれば、ちょっと買いそびれた場合にもネットで注文できますので、是非、チェックしてみてください。