先日、中3女子のいじめ自殺について、言及しましたが、いじめた側は当然問題ですが、学校側の対応があまりにひどいことが判明しました。


親が子供の不審な動きに気づけなければ、そして、仮に自殺してしまったら、、、悔いても悔やみきれないと思います。


いじめで子供が死ぬなんて想像もしたくはないですが、あってはならないことです。そして、これについて、藤田ニコルの中3女子のいじめ自殺で加害者を心配発言。加害者は守られるべきなんでしょうか。


元ネタはこちら。
藤田ニコル 中3女子のいじめ自殺で加害者を心配「ネットで犯人探しとかある」


記事では、4日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)で、藤田ニコルがいじめ加害者の今後を心配したとあります。ここの論点って多種多様なのではないかと思います。

番組では、茨城県取手市で発生したいじめ自殺を取り上げた。当時、中学3年生だった女子生徒が2015年11月に自殺した件について、同市教育委員会は「直接的ないじめがあったという事実は、把握することはできませんでした」と、いじめの存在を否定。「重大事態」にあたらないという判断を当初は下していた。

ところが、先月30日になって教育委員会はかつての判断を撤回。教育委員長らが女子生徒の両親に直接謝罪している。

前半は、多くの人がニュースで見た内容ではないかと思います。お母さんが、ピアノを見て、子供のことを話していたのを聞いて、すごく切なくなりました。。。


これから子供なしの人生なんて考えられるでしょうか。。。

一連の自体に対し、藤田は「いじめた側の子たちが一生罪悪感を背負っていかなきゃいけなくなっちゃう」と、いじめ加害者の今後を心配した。そして、高校に進学しているであろう加害者たちについて、「ネットで犯人探しとかあるんじゃないかなと、すごく心配です」と漏らした。

テリー伊藤も、加害者側の親が子どもをどう守っていくかも大切だとコメント。これに、西川史子が「いじめた側は、一生贖罪として残していかなきゃいけない」、アンミカは「いじめがなかった前提で動いていたことで、実は加害者の子たちの更生の機会も奪っている」と意見していた。

そして、藤田ニコルが「いじめた側の子たちが一生罪悪感を背負っていかなきゃいけなくなっちゃう」と、いじめ加害者の今後を心配したとありますが、加害者側は守られるべきなんでしょうか。


個人的には、西川先生の「いじめた側は、一生贖罪として残していかなきゃいけない」に賛同しますね。


これだと、被害者は報われないですよ。少なくとも、いじめた子供の親は、賠償責任を持つようにしたらいいのではと思います。子供の罪は親の責任です。


数年もしたら記憶からなくなり、普通に生活をするなんて、、、被害者が辛すぎるでしょう。被害者は一生、悲しみと付き合っていかなければならないのに、加害者はいいのかという話。