夏と言えば、そうめんですよね。この記事を書いている夜もそうめんにしようかと思っています。


そうめんのいいところは、簡単に作れるという点です。あっさりしているし、まさに夏向けのメニューです。


このそうめんですが、なんと日本料理"花暦"で使用されるこだわりの高級そうめん「白髪」が一万円越えとびっくりしたニュース記事があります。


元記事はこちら。
見てヒンヤリ、食べてヒンヤリ、財布の中もヒンヤリする「そうめん」


記事では、[ちちんぷいぷい - 毎日放送] 2017年6月19日の放送では、特別な「そうめん」について紹介されました。そのそうめんは南海難波駅のすぐ上にそびえる「スイスホテル南海大阪」の10階、日本料理"花暦"で提供されていますとのこと。

 
a129cace6


「夏陰素麺」で使用されるのはこだわりのそうめん「白髪」。直径約0.3ミリ、その細さは日本一ともいわれ、限られた職人さんでしか作ることは出来ません。

価格は1万円超え!
茹でる時間は驚きのわずか20秒!茹であがると「ハモ・クロアワビ・車エビ・真鯛」といった花田料理長が厳選した高級食材を載せて完成です。麺つゆはさっぱりとした紀州梅をベースにしたもの、濃厚な特製ゴマだれ、冬子(とんこ)椎茸の3種類が用意されています。

ここで参考になるのが、そうめんって色んな具材と相性がいいということです。特に、和の食材との相性がいいですね。

この夏陰素麺は小鉢などもついて、価格は1万1880円! そうめん「白髪」だけで9束5000円もするとのこと。7月1日から販売開始、予約が必要です。浴衣で来店し「夏陰」を注文すると、日本酒1杯プレゼントのサービスも。

なめらかな口当たりなのにこしもしっかりある高級素麺、お財布と相談が必要ですが一度食べてみたいものですね。

そして、その高級そうめんがこちら。

商品の説明
そうめん1本あたり約0.3mmの細さの超極細麺です。

最高の技術を誇るそうめん職人の手によりつくられる 素麺です。
他の素麺が及ばないほどの細さを誇る商品で、いわば麺の芸術品ともいえます。

10g当りの線状が約300本 という細さ。
その細さ故に古物(二年越し)に囲った銘品白髪 でございます。