基本的には、KMSホストの導入はとても簡単です。


KMSホストとなる端末上で、以下の作業をすれば完了です。


①コマンドプロンプトを起動
②以下のコマンドを実行
 >slmgr.vbs /ipk <kmsキー>
③ライセンス認証を実施
 >slmgr.vbs /ato
④認証状況を確認
 >slmgr.vbs /dlv


しかし、環境の要因などで、トラブルが発生する場合があります。


それは、KMSホストを構築する際に、DNSサーバ(多くはAD)に、SRVレコードが自動で作られます。


各KMSクライアントはここの情報を見て、ドメイン参加後、自動的にKMSホストへライセンス認証をしにいくのですが、このレコードが作成されていないと、うまく認証ができません。


そこで、手動でSRVレコードを作成する方法を書きます。


≪手動でSRVレコードを作成する≫

①DNS サーバーで、DNS マネージャを開きます。
DNS マネージャを開くには、[スタート] ボタンをクリックし、[管理ツール] をクリックし、[DNS] をクリックします。

②SRV リソース レコードを作成する DNS サーバーをクリックします。

③コンソール ツリーで、[前方参照ゾーン] を展開し、ドメインを右クリックし、[その他の新しいレコード] をクリックします。

④一覧を下にスクロールし、[Service Location (SRV)] をクリックし、[レコードの作成] をクリックします。

⑤次の情報を入力します。
サービス : _VLMCS
プロトコル : _TCP
ポート番号 : 1688

⑥このサービスを提供しているホスト : <KMS ホストの FQDN>
完了したら、[OK] をクリックし、[完了] をクリックします。


作業も簡単です。まず、認証が失敗していたら、このレコードがきちんと作成されているかを確認しましょう!

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット