medium_5005272118

投資を始めてから早くも3年目に入りました。月日が経つのはアッと言う間です。


そして、同僚とよく投資の話をするのですが、その中でよく聞かれる質問があります。それは、「投資ってFX?」です。


以前の私もそうですが、FXや株はサラリーマンでも実践しやすいので、投資と聞くと真っ先に回答が来るのが株やFXです。


私の回答は「FXは投資ではなく、ギャンブル」であると回答しています。 私もFXを実践していて毎月数万円ほどコンスタントに稼いでいます。しかし、初年度は約50万円ほどの損失をだしました。しかし、この損失額は小さい方であるという事です。


もちろん正しい勉強をして、内在するリスクを知った上で実践するのであれば問題ないですが、損失を出している多くの人は、きちんと勉強をせずに、安易にスタートさせる人がいます。


そして、運や勘に頼った株やFXを初めて、大事な資産を損失させてしまうのです。


自分は稼げるという何の根拠もない自信

最近、同僚で過去にFXで合計600万円損失を出したという人に出会いました。なぜ、これほどまでに大きな金額を失ったかというと、すべて根拠のない自信によるものからでした。


人は利益よりも損失を出すことに、より強い恐怖を感じます。例えば、エントリーしたタイミングがよくてプラスになっている時は、再び暴落するのではと考え、少ない利益で利益確定する事があります。


そして、逆に損失が出た時、すぐに損益確定できればいいのですが、損を少しでも出したくないと考え、損失が膨大になる事があります。


同僚も同様に、膨らむ損失を早い段階で損益確定できなかったり、損失を取り返そうとさらに損失を出す行動をしたいのです。


私の周りでは、FXで数百万円を失ったという人は結構います。FXはメンタルがとても重要であると言われています。このメンタルを鍛えないまま、安易にFXを始めると大きな損失を出すという事が多くある事に注意が必要なのです。


過去の損失を補完しようと再び大きな損失を出す人

 

過去の損失を補完しようと再び大きな損失を出す人
 

私の周りで、FXで大きな損失を出す人の特徴として、過去の損失を短期間で取り戻そうとする事です。


FXで資産を構築する為には、よほど強いマインドが必要です。なぜなら、相場の小さい値動きに左右され、大きな動きがあった時に損失を出すことがあるからです。


さらに、頭を切り替える必要もあります。相場が常に自分の思い通りになるなんて事はありません。有名なプロの投資家ですら、判断を誤り、億単位の損失を出すこともあるのですから、素人が自分の判断に自信を持つのは危険です。


私の知人が、FXで2000万円近くの損失を出した人がいます。ちょうどアベノミクスで円安に動き出したときでしたが、円高に反転すると思い込み、すべてが裏目に出て、4000万円のうち、2000万円を失なってしまったのです。


なぜ、そこまで損失してまで止めれなかったのか。それは、そのお金が自ら働いて稼いだお金ではなく、親から相続したものだったからです。当時、海外へ移住し、不労所得を稼ごうと安易にFXに手を出してしまったのです。


逆に、小さい金額から豪ドルでスワップを稼ごうとしていれば、それだけの資産があれば、大きな金額でないですが、稼ぐこともできたでしょう。


短期間で稼ごうとすることは、FXにおいては短期間でお金を失う可能性も秘めている事を理解しておく必要があります。
 

人は簡単にお金の魔力に負けてしまいます。ちょうど教訓になる事件を知ったので、アップします。

>>伊藤忠元社員が6億円超着服か 横領容疑で逮捕


逮捕された元社員は大手企業に勤め、中小企業で日々頑張っているような人からすると、かなり高い給料をもらっていると思います。


所得の低い人からすると、「何に不満があるの?」と考えるかもしれません。


そんな人が、約6億2300万円を横領した疑いで逮捕されてしまうのです。人間に欲望には際限がありません。


お金のことだけ考えたら、もっともっと稼ぎたくなります。


だからこそ、日々、お金の勉強をして確実に資産を増やしていく事を考える必要があります。ビジネスであれ、投資であれ、短期間で結果を出そうとすれば、必ずひずみが生じます。


皆さんの日々の資産運用が投機にならないことを祈ります。