medium_2563187042

最近、詐欺で大事な財産を奪い取られるというニュースがよく放送されています。これも、昨年に比べ、被害額が多額になっている事が多く挙げられます。


今日も、それに関連して、多額の財産を失なった女性のニュースを発見しました。


■エキサイトニュース

三菱UFJ銀の強引勧誘、多額損失の被害者高齢女性が詐欺として提訴「財産すべて失った」


内容として、


「三菱東京UFJ銀行の行員から大阪の投資会社への投資を勧められ、「約3億8000万円を失った」として、東京都内在住の女性(79歳)が行員や銀行に対し、損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。」というものです。


ここで注目すべきは、失った財産の額もそうですが、銀行員から詐欺被害にあっている事です。おそらく銀行員と聞くと、多くの日本人が信頼できると考えてしまうのではないでしょうか。今回の女性も、日本の大手銀行マンの事だから信頼できると思ってしまったのではないでしょうか。


最近のニュースを見ていれば気づきますが、政治家にしろ、銀行員にしろ、結局は人間です。私利私欲で動く人がいてもおかしくありません。むしろ社会的信頼がおける立場の人が、こういった犯罪を犯す可能性があることを知っておく必要があります。


そもそも考えなくてはならないのが、急に湧いて出た投資話は怪しいという事です。私が尊敬する大投資家の言葉ですが、「いい投資ほど世の中に出回らない。もし自分が本当にいい投資話を持っていたら、知らない人や第三者でなく身内など、自分に近い人にしか話さない」と言っていました。


世の中に出回っている投資話というものは、俗に言う金融商人がお金を稼ぐ為に、行っているものであるという事を念頭に置かなくてはなりません。銀行員、証券会社の社員、保険会社の社員も結局はサラリーマンなのです。仕事として、あなたに投資話を紹介しているのです。


私たちに今必要なのは、自分たちが自ら考え投資を実践するという事です。そうする事で、進んで投資について勉強し、お金の知識もつける必要があるのです。すべて人任せにしていると、いつか必ずしっぺ返しをくらいます。


そして、大金を投じて倍々ゲームのように増やすような投資話は最初から信じない事です。投資は時間のリバレッジを使って着実に資産を増やしていくものです。結果として、大きなリターンを得る事もありますが、最初から狙ったものであってはなりません。リターンが高すぎるものは、その裏には大きなリスクが存在する事が多いのです。


資産構築は日々行っていくものです。人生をかけた大事な資産を失わないように、日々勉強していきましょう!