medium_1894551948


最近、食品偽造問題がメディアで取り上げられていますね。大手ホテルチェーンでも偽装問題が発覚していますが、そもそも、これまではグレーゾーンで通っていた部分が表に出てしまった例だと思います。


利用者からしたら、実際にそれほど味の違いが判らなくても、騙されたと分かったらショックであると考える人は多いと思います。


ここでよくないのは、これまで通用していたから問題ないという意識だと思います。残念ながら、このような客を騙すような商売をしている企業はたくさんあると思います。その為、ある問題が浮上した場合は、経営陣は即座に自社の状況を調査し、対応するようにした方がいいですね。


経営者も会社のすべてを把握しているわけではないでしょうから、こういった事件が対岸の火ではない事を理解する必要があると思います。


そして、この食品偽造問題を利用して、成功したビジネスがあります。それは、ネットスーパー「Oisix(おいしっくす)」が現在、扱っている食べ比べです。


今年の食品ニュースの中でも特に各種報道の多い「偽装・誤表記」について、オイシックスの利用者にアンケートを行った結果、約70%の方が「芝えびとバナメイの違いがわからない」と答え、約90%の方が「違いを知りたい」と回答したそうです。


その結果をうけて、食材を価格と表示だけで判断するのではなく、食材の特長やそれに合わせた料理の仕方も含めて知り、 より「おいしく」「たのしい」食卓を届けるという理念のもと、「えびの2種食べ比べ」企画を行っています。
alivedoor_01


確かに、私自身も味の違いが判らないだろうなぁと思います。芸能人格付けチェックなども、私たちが物の本質を知らないという事のいい例だと思います。


その為、この状況を利用してビジネスに転嫁した「おいしっくす」はさすが!だと思いました。

⇒Oisixで「芝えび&バナメイ 食べ比べセット」をお試し!

また、「おいしっくす」では、このセットだけでなく、「車えび&ブラックタイガー 食べ比べセット」も販売していて、人気があるそうです。


味の本質を勉強する意味でも、食べ比べしてみるのもいいですね。正月のちょっとしたネタづくりで、家庭や友達同士で格付けチェックをしてみるのもいいかもしれません。


いづれにせよ、物事は表面的な部分だけでなく、そのさらに先を見抜く力を持つ必要があると思いました。


「おいしっくす」を利用しようと考えている方で、いつもよりお得に利用できる方法があります。それは、いつもおススメしているハピタスを利用する方法です。

ハピタス経由で商品購入すれば、購入金額の「1%」分のポイントが購入の度にもらえます。ハピタスで貯めたポイントは現金化できます。

ハピタス未登録の方は以下のバナーから↓

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス