medium_3655887487

最近、つくづく思うのですが、稼げるブロガーを本気で目指してよかったという事です。


実は、数年前まで「しょせんブログでしょ・・・」とブログをバカにしてました。


しかし、約一年半前にあるメルマガで億を稼ぎ出す、伝説のブロガーの存在を知り、ブログは稼げるツールだという事を知りました。


そして、投資仲間の一人が主婦でありながらブログで月に約10万円を稼ぎ出すという実績も聞くことができました。


「メルマガで億を稼ぐ?主婦がブログで月に10万円???」 


月に数千円稼げれば十分だと考えていたブログがまさかこれほどまでに稼げるツールだとは、しかも、それを身近な人から知る事になるのです。


すべては自分自身のマインドブロックだった 

人は自分の知識にない事や経験にない事をすべてブロックする癖ができています。特に日本人は保守的なので、ネットビジネスや投資の話を疑う風潮があります。


実を言うと、以前の私も同じようにブロックしていました。しかし、ある大手企業でブラック組織にぶち込まれ、システムエンジニアという仕事から本気で抜け出したいと考えるようになりました。


そこで脱サラを目指して始めた輸入ビジネス。これがすべての始まりでした。


そこから決して楽ではありませんでしたが、山あり谷ありを繰り返し、一定のキャッシュを稼ぎ出す仕組みを作り出しました。


すべては行動する事から始まります。行動のすべてに結果がでるとは限りません。しかし、行動する事でノウハウや経験値が増えます。この経験の積み重ねが大きな成功につながると思うのです。


多くの人は、経験したことがない事を頭の中でシュミレーションします。そのシュミレーションでネガティブなポイントを見つけ、行動しない理由を作り上げます。


人は考えれば考えるほど、行動をとる事が難しくなります。大切なのは、思いついた時に即行動する癖をつける事です。もちろん、無謀な行動はNGですが、行動する事で自分自身が少しずつ変化していく事に気が付くのです。
 

ブロガー活動の最大のメリットはライフスタイルで稼げる事

私がブロガーを勧める理由は、いくつかあります。

・インターネットさえ接続できれば場所を選ばない
・ライフスタイルをテーマにすればネタ切れがない
・圧倒的多数の人に自己表現の場を作れる
・趣味がキャッシュになる


ブロガー活動の最大のメリットの一つが、場所を選ばないという事です。日本全国、インターネットさえ接続できる環境があれば、ブログを更新できます。


極端な話、場所は日本に限らず、世界各地でもインターネット環境さえあえればブログは更新できます。私の投資仲間の情報によると、北極ですらインターネットに接続できる環境があるそうです。場所を選ばない、ノマドスタイルで継続できるので、自由度はかなり高いですよね。


続いて、ライフスタイルをテーマにする事。多くのブロガーの最大の悩みは、ネタ切れです。おそらく数か月も書きつづければ、ネタ切れになり、それがストレスで止めてしまうでしょう。私の周りのブロガーも3ヵ月、半年、一年と大きな節目で脱落していく人が多いです。


おそらく、一年間、毎日ブログを更新し続ける事が出来た人は、ブロガーとして大成する可能性は高いです。


ただし、長く続けていればよいという訳ではなく、私のブロガー仲間で、メルマガを約7年間発信し続けた人がいます。しかし、情報発信は、気まぐれで不定期、しかも稼げていないので気持ちものらなくなる、、、といったやり方だと、結果がでない事もあります。


重要なのは、自分自身がエキサイトできる事や、これから実現したい事をテーマにします。それに共感してくれた人が、ブログの読者になってくれるのです。自分自身が興味がない事は、自然と記事にも表れてきますし、更新頻度の低下にもつながりますので、テーマ選びはとても大切だと言えますね。


ブロガーを私がおススメする一番の理由は、圧倒的多数に情報発信ができ、しかもそこからキャッシュが生まれるという事です。


例えば、今まで自分で見つけたいいグッズがあっても、周りのごく限られた人にその商品を勧めて終わっていました。しかし、今は、このブログを通じて、多くの人に商品のよさを伝える事ができますし、その結果、キャッシュを生むこともできるのです。


ブログが成長すればするほど、このリターンは大きくなります。


ブログはRPGと一緒で、記事を書けば書く程、経験値が増えていきます。そして、レベルアップすることで、稼げる金額も変わっていきます。


多くの人は、稼げるレベルに達する事もなく止めてしまいます。これはすごくもったいない事です。どんな事にも言えますが、止めたら終わりです。


自分の人生を変えたい人は、今からでも決して遅くないので、本気でブロガー活動を目指しては如何でしょうか?