medium_3258120630

最近、異常気象の関係と言われていますが、都内で初めてこれほどの積雪量をみました。


昨年まで、冬の暖房器具はエアコンとファンヒーターを使っていました。


というのも、私は副業活動があるので、嫁と子供とは別の部屋で寝ているのですが、さすがに真冬は暖房器具がないと耐え切れないので、去年まではそれぞれ別で使っていました。


すると、昨年の真冬の電気代のマックスが約2万円


これは結構な出費です。という事で、今年から私の部屋だけ「こたつ」を利用する事にしました。


基本的に、日中は嫁と子供は私の部屋にいるのですが、その結果、 今月の請求額がなんと8千円


実際に使っていないと分かりませんでしたが、これほど節約効果があるとは思いませんでした。


日本独特のこのこたつ文化ですが、実は節約効果以外にも様々なメリットがあるのです。 


・足元から暖めるので女性の冷え性にも効果的
・家族団らんに効果的
・エアコンやファンヒーターに比べると空気の乾燥を防げる


こたつだけの利用だと部屋全体を暖める事ができません。その為、こたつだけでは我慢できない場合は、エアコンなどと併用する必要があります。


我が家では、とりあえず今のところ「こたつ」だけで寒さをしのげています。


そして、「こたつ」だけの利用による最大の効果は空気の乾燥を防ぐ事です。冬の季節自体、空気は乾燥しがちなのですが、エアコンやファンヒーターを使うとさらに空気は乾燥してしまいます。


最近、同僚などが風邪をひいていると、原因として「エアコンの使い過ぎで、空気の乾燥で喉を傷めました・・・」という事をよく聞きます。


空気の乾燥は、喉を傷めるだけでなく、肌のコンディションにも悪影響を与えます。


光熱費の節約だけでなく、アンチエイジングの点でも効果的な日本文化が生んだ”こたつ”を活用してみてください。


《ヤマキヨ》正方形こたつ掛ふとん(色柄はおまかせ) 20‐AK