medium_8810785284

現在、ブログのタイトルには”派遣社員”というキーワードが入っています。


これには理由があります。私は現在、派遣会社に所属し、そこから顧客へ常駐して仕事をする事が多いのですが、通常、派遣社員というと、安定していないとか、負け組とかそういったイメージがあると思います。


しかし、私のように非正規雇用者であっても、 考え方や行動を変える事で経済的な安定を得ることができるという事を実現させ、その実績をアウトプットしたいと考えて、こういったタイトルにしています。


そして、現在は派遣会社でシステムエンジニアの仕事をしていますが、本業でのある出会いのおかげで外資系企業への転職を目論んでいます。


その人は某外資系企業の元社員ですが、会社が経営破たんした為、今は派遣会社で働いています。当時は年収1000万円越えしていたようですが、今は仕事をする畑が変わって苦労しているようでした。ここでも感じるのが人の仕事は適材適所だと思います。


そして、その人が紹介してくれた会社は、主に外資系企業の紹介をしてくれる会社で、一部派遣スタッフを募集していますが、基本的には正社員を募集しています。


本気で外資系企業に転職したいと考えている人にとっては、とても便利な会社だったりします。また、そこのスタッフは、日本人も外人もいます。


その為、やりとりは日本語だったり、英語だったりします。


普段は日本人のスタッフとやり取りをしているのですが、実は先日、外人のスタッフから突然、連絡がありました。そして、気付いたこと。。。


自分自身の英語レベルがあまりに低いという事でした。


普段、huluなどを利用して英語のヒアリングの勉強をしていたのですが、実際に英語で話してみると、自分が相乗以上に英語を使えないという事に気づきました。


私は大学を卒業してから「英語を話したい」と思って個人的に勉強を続けていましたが、この「~したい」という気持ちだけでは、英語を使いこなせるツールにするまでには至っていのです。


英語は目的でなくあくまでツールであるという事 
 
先日、ある外資系企業の面接で、とても確信を得る質問をされました。


「あなたは英語を学んで何をしたいのですか?」


その人曰く、「英語はあくまでツールであって、英語を話せるという事は目的ではない。」という事でした。確かに、「どうして英語を話せるようになりたいのか?」これってとても重要だと思うのです。


考えてみてほしいのですが、日本は鎖国的要素が多く、未だに英語を必要としない環境のままです。以前、楽天が英語を公用化しましたが、英語はツールであり、それを使ってビジネスをするのです。


しかし、一般的に英語を使わない、必要としないのに、英語をマスターするメリットは果たしてあるのでしょうか?


もちろん、先々の事を考えて「英語くらい話せるようになりたい。」と考えてる人もいるかもしれませんが、実際に使わない英語は忘れてしまいますし、価値は半減すると思います。


以前、同僚に留学して英語を話せるという人に出会いましたが、日本のサラリーマンでは英語を使わない為、英語のスキルが落ちているとぼやいていました。


ITのベンダー資格もそうですが、実際に業務を行っていないのに資格だけ優先的にとることがあります。私はLPIC Leve3まで取得していますが、実際に業務でLinuxを使う事がない為、実務レベルは素人です。


これも同様に資格をとることが目的になっていて、実際にその技術を使わない為、実スキルが伴っていない典型的なパターンであると言えるのです。

 
ちょうど8年前は地元で土方作業員をしていました。それが、今やITエンジニアとして外資系企業への転職を計画しています。人は、考え方と出会いで大きく変わると信じています。


そして、その事を必ず実現する為に、必ず昨日よりも今日、今日よりも明日、目標に向かって前進していきたいと思います!