medium_4000062619

消費税が8%に増税されてから、日々の買い物の出費が気になるようになりました。しかも、来年は消費税10%へ段階的に引き上げられる予定です。


仕事で稼いだお金は大事に使いたいと本気で思うようになりました。


その中で、以前の記事でも書きましたが、振込み詐欺の被害が増加しています。


こちら過去記事↓
>>オリンピック関連詐欺に注意!振り込み詐欺も今年過去最悪の被害額400億円


以下は、警視庁の公式サイトに書かれている情報ですが、平成25年中のオレオレ詐欺の被害額は以下のようになっています。

平成25年中のオレオレ詐欺被害
    ・ 全国で約5400人、約171億円
    ・ 都内で、約1900人、約55億円
    ・ 一都三県では、約4100人(全国の約8割)、約123億円(全国の約7割)
   一都三県に被害が集中しています。 


家族のふりをして、人の弱みに付け込んで、大事な資産をだまし取る卑劣な行為なんですが、よく言われる事が、「自分は騙されない」と思っていても、騙されてしまうそうです。


特に高齢者の場合、普段は注意しているつもりでも、家族から電話で緊急事態と言われると、騙されてしまうのかもしれません。


そういった被害もあり、現在、ウィルコムが迷惑電話チェッカーというサービスを警視庁と実証実験を実施しています。


どういったサービスかと言うと、


迷惑電話チェッカーは、使用している電話機につなぐだけで、様々な迷惑電話・FAXをブロックできます。


主な特徴として、利用者が着信拒否を行うことに加えて、迷惑電話チェッカー利用者全体で、未知の迷惑電話番号をブロックできる事です。


トビラシステムズの管理するサーバーには公的機関(警察・自治体)およびトビラフォン利用者から収集した迷惑電話の情報が蓄積されています。(現在、迷惑電話番号は2万5千件以上登録されています)


その情報をもとに独自の迷惑電話解析技術を駆使し、迷惑電話チェッカー利用者全体で着信拒否設定とする迷惑電話かどうかを解析します。


年々、振込み詐欺の手口は巧妙化していますので、一番の対策は電話でブロックする事です。これからの時代、自分の身は自分で守らなければなりません。


オレオレ詐欺に不安を感じてる方は、ぜひチェックしてみてください!
 


商品の説明
お使いの電話機につなぐだけで、
さまざまな迷惑電話・FAXをブロックできます!

●トビラフォン利用者全体で、未知の迷惑電話番号をブロック
トビラシステムズの管理するサーバーには公的機関(警察・自治体)およびトビラフォン利用者から収集した迷惑電話の情報が蓄積されています。(現在、迷惑電話番号は2万5千件以上登録されています)
その情報をもとに、独自の迷惑電話解析技術を駆使し、トビラフォン利用者全体で着信拒否設定とする迷惑電話かどうかを解析します。(特許取得済み)
その結果、トビラフォン利用者全体で着信拒否設定と判断されると、まだその電話番号から着信していないトビラフォン利用者にも着信拒否設定が適用されます。
この技術により、未知の迷惑電話番号を拒否することが可能となります。もちろん、トビラフォン利用者全体で着信拒否設定になった番号であっても、トビラフォン利用者は個別に着信許可設定することが可能です。