ガストで仏産IGP認定の「フレンチフォアグラ&ハンバーグ」を数量限定で発売という事で、早速、食べてきました。


価格は、799円。フォアグラは高級食材のイメージが強く、この価格で楽しめるのはうれしいですね。
20140928_115426


今回ガストで扱うフォアグラは、フランスのペリゴール産だそうです。また、フランス政府が推奨し、EUが優良産地の農作物であることを保証するIGP認定も受けているという期待感が高まる一品。


そして、こちらが注文した「フレンチフォアグラ&ハンバーグ」です。
20140928_121230

ライスとセットで注文しました。
20140928_121235

ソースは2種類使っていて、フォアグラには、バルサミコとはちみつ、赤ワインを使ったソースをかけ、ハンバーグはデミグラスソースを使っているそうです。
20140928_121239


フォアグラは意外と厚みがあります。
20140928_121243


ちなみに、フォアグラはガチョウやアヒルのレバー(肝臓)です。
20140928_121317


食べた感想ですが、割と臭みもなく、ふわっとした食感。牛などのレバーよりも上品な口当たり。柔らかくて美味しいです。酸味の効いたソースもいいですね。


とは言え、結局はレバーなので、味はそれほど感動する事はないかもしれません。普段から、フォアグラを口にする事がないので、質の良さもわからないですが、十分、美味しいと思いました。


ただ、価格が割とするので、2回目を注文する事はないと思いますが、私のようにフォアグラを食べたことがないという方には、面白い一品だと思いました。


ガストは色々とお店に足を運ばせる戦略を考えるので、さすがという感想です。