Windows Server 2012 R2の初期設定時は、IPv4よりもIPv6が優先されています。


まず、Windows Server 2012 R2インストール後に優先度を確認してみます。


確認は以下のコマンドで実施。

------------------------------
C:\Users\Administrator>netsh interface ipv6 show prefixpolicies
アクティブ状態を照会しています...

優先順位   ラベル  プレフィックス
----------  -----  --------------------------------
        50      0  ::1/128
        40      1  ::/0
        35      4  ::ffff:0:0/96
        30      2  2002::/16
         5      5  2001::/32
         3     13  fc00::/7
         1     11  fec0::/10
         1     12  3ffe::/16
         1      3  ::/96

------------------------------
「::/0」はIPv6
「::ffff:0:0/96」はIPv4


通信に遅延が起きるなど、IPv6を使用しない環境では、IPv6を無効にする事が多いです。まずは、デフォルトの状態で、[ipconfig /all]を実行してみました。

------------------------------
C:\Users\Administrator>ipconfig /all

Windows IP 構成

   ホスト名. . . . . . . . . . . . . . .: hostname
   プライマリ DNS サフィックス . . . . .:
   ノード タイプ . . . . . . . . . . . .: ハイブリッド
   IP ルーティング有効 . . . . . . . . .: いいえ
   WINS プロキシ有効 . . . . . . . . . .: いいえ

イーサネット アダプター Ethernet0:

   接続固有の DNS サフィックス . . . . .:
   説明. . . . . . . . . . . . . . . . .: Intel(R) PRO/1000 MT Network Connection
   物理アドレス. . . . . . . . . . . . .: 00-0C-29-XX-XX-XX
   DHCP 有効 . . . . . . . . . . . . . .: いいえ
   自動構成有効. . . . . . . . . . . . .: はい
   IPv6 アドレス . . . . . . . . . . . .: 2408:11:84c0:2a00:60a0:f904:XXXX:XXXX(優先)
   リンクローカル IPv6 アドレス. . . . .: fe80::60a0:f904:XXXX:XXXX%12(優先)
   IPv4 アドレス . . . . . . . . . . . .: 192.168.0.XX(優先)
   サブネット マスク . . . . . . . . . .: 255.255.255.0
   デフォルト ゲートウェイ . . . . . . .: fe80::212:e2ff:fe70:XXXX%12
                                          192.168.0.XX
   DHCPv6 IAID . . . . . . . . . . . . .: 301993001
   DHCPv6 クライアント DUID. . . . . . .: 00-01-00-01-1B-FC-6F-0D-00-0C-29-A2-XX-XX
   DNS サーバー. . . . . . . . . . . . .: fec0:0:0:xxxx::1%1
                                          fec0:0:0:xxxx::2%1
                                          fec0:0:0:xxxx::3%1
   NetBIOS over TCP/IP . . . . . . . . .: 有効

Tunnel adapter isatap.{CB31716C-638D-4998-B0C3-FB61E84C1061}:

   メディアの状態. . . . . . . . . . . .: メディアは接続されていません
   接続固有の DNS サフィックス . . . . .:
   説明. . . . . . . . . . . . . . . . .: Microsoft ISATAP Adapter #2
   物理アドレス. . . . . . . . . . . . .: 00-00-00-00-00-00-00-XX
   DHCP 有効 . . . . . . . . . . . . . .: いいえ
   自動構成有効. . . . . . . . . . . . .: はい

------------------------------


そこで、まずは、EthernetXのプロパティで、IPv6を無効にします。

ipv6


再び、[ipconfig /all]を実行してみました。すると、トンネルアダプター以外のIPv6関連の表示は、消えました。

------------------------------
C:\Users\Administrator>ipconfig /all

Windows IP 構成

   ホスト名. . . . . . . . . . . . . . .: hostname
   プライマリ DNS サフィックス . . . . .:
   ノード タイプ . . . . . . . . . . . .: ハイブリッド
   IP ルーティング有効 . . . . . . . . .: いいえ
   WINS プロキシ有効 . . . . . . . . . .: いいえ

イーサネット アダプター Ethernet0:

   接続固有の DNS サフィックス . . . . .:
   説明. . . . . . . . . . . . . . . . .: Intel(R) PRO/1000 MT Network Connection
   物理アドレス. . . . . . . . . . . . .: 00-0C-29-A2-XX-XX
   DHCP 有効 . . . . . . . . . . . . . .: いいえ
   自動構成有効. . . . . . . . . . . . .: はい
   IPv4 アドレス . . . . . . . . . . . .: 192.168.0.XX(優先)
   サブネット マスク . . . . . . . . . .: 255.255.255.0
   デフォルト ゲートウェイ . . . . . . .: 192.168.0.XX
   NetBIOS over TCP/IP . . . . . . . . .: 有効

Tunnel adapter isatap.{CB31716C-638D-4998-B0C3-FB61E84C1061}:

   メディアの状態. . . . . . . . . . . .: メディアは接続されていません
   接続固有の DNS サフィックス . . . . .:
   説明. . . . . . . . . . . . . . . . .: Microsoft ISATAP Adapter #2
   物理アドレス. . . . . . . . . . . . .: 00-00-00-00-00-00-00-XX
   DHCP 有効 . . . . . . . . . . . . . .: いいえ
   自動構成有効. . . . . . . . . . . . .: はい

------------------------------


そして、レジストリでIPv6の無効化を実施しました。

①レジストリエディタを起動。
コマンドプロンプトで[regedit]

②以下の場所に、右ペインで、右クリックから「新規」 → 「DWORD値」をクリックします。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\TCPIP6\Parameters

③続いて、名前に「DisabledComponents」を入力し、DWORD 値の編集で値のデータに「ffffffffffと入力します。  
※コメントの情報より、修正しています。文字列を置き換えてください。

IPv6 が無効の場合ないで正しく、 DisabledComponentsレジストリ設定を0 xfffffffの値に設定は、システムの起動を 5 秒間延期されます。正しい値は、 0 xffで必要があります。

ipv6-2

④変更後、再起動を実施します。



再び、ipconfig /allを実行すると、[Tunnel adapter]の表示が消えました。

 ------------------------------
C:\Users\Administrator>ipconfig /all

Windows IP 構成

   ホスト名. . . . . . . . . . . . . . .: hostname
   プライマリ DNS サフィックス . . . . .:
   ノード タイプ . . . . . . . . . . . .: ハイブリッド
   IP ルーティング有効 . . . . . . . . .: いいえ
   WINS プロキシ有効 . . . . . . . . . .: いいえ

イーサネット アダプター Ethernet0:

   接続固有の DNS サフィックス . . . . .:
   説明. . . . . . . . . . . . . . . . .: Intel(R) PRO/1000 MT Network Connection
   物理アドレス. . . . . . . . . . . . .: 00-0C-29-A2-XX-XX
   DHCP 有効 . . . . . . . . . . . . . .: いいえ
   自動構成有効. . . . . . . . . . . . .: はい
   IPv4 アドレス . . . . . . . . . . . .: 192.168.0.XX(優先)
   サブネット マスク . . . . . . . . . .: 255.255.255.0
   デフォルト ゲートウェイ . . . . . . .: 192.168.0.XX
   NetBIOS over TCP/IP . . . . . . . . .: 有効

------------------------------

また、IPv6が無効化された事を以下のコマンドで確認します。

------------------------------
C:\Users\Administrator>netsh interface ipv6 show interface

Idx     Met         MTU          状態                 名前
---  ----------  ----------  ------------  ---------------------------
  1          50  4294967295  connected     Loopback Pseudo-Interface 1
------------------------------


また、優先度も再びチェックしてみると、IPv4の優先度が上がっていますね。
 
------------------------------
C:\Users\Administrator>netsh interface ipv6 show prefixpolicies
アクティブ状態を照会しています...

優先順位   ラベル  プレフィックス
----------  -----  --------------------------------
        50      0  ::ffff:0:0/96
        40      1  ::1/128
        30      2  ::/0
        20      3  2002::/16
         5      5  2001::/32
         3     13  fc00::/7
         1     11  fec0::/10
         1     12  3ffe::/16
         1      4  ::/96
------------------------------
「::/0」はIPv6
「::ffff:0:0/96」はIPv4


最近は、IPv6を使用する環境も増えているようなので、あくまでIPv4しか使用しないという環境のみ利用できる設定ですね。


現場ではWindows Server 2016での構築が始まったので、Windows Server 2016での動作確認も実施してみました。基本的に同じ設定でも問題なく無効化されましたので、参考までに。

 →Windows Server2016でIPv6無効化する設定(ネットワーク、レジストリ)