Windows Server 2012 R2を構築する際に、ADDSインストール時の「前提条件のチェック」で以下のエラーに遭遇。

”1つ以上の前提条件が失敗しました。これからの問題を修正し、”前提条件のチェックを再実行をクリックしてください”

【エラー内容】
”ドメイン コントローラーの昇格に関する前提条件の検証に失敗しました。DNSサービスを続行する必要があります。続行する前に、DNSクライアントの構成を完了してください。” 

ipv6-ad

これは、ADDSインストール時に、IPv6を無効化しているのが原因だったようです。


EthernetXのプロパティとレジストリによる無効化した設定を一度、元に戻してあげる事で上記事象が発生しなくなりました。


設定した箇所は以下の過去記事を参照してください。

>>Windows Server2012R2でIPv6無効化設定(ネットワークのプロパティ、レジストリ)


今回は、とりあえず、ADDSインストール時にIPv6が有効化された状態でインストールを完了させました。