WindowsユーザーがMacユーザーに変更すると、これまで使えていたアプリが使えなくなったり、操作性が変わるので困惑する事があると思います。


また、会社によっては、Macの使用許可が出ていて、Macを使っている人もいますが、必要な業務アプリを使えるのがWindows・・・という場合もあると思います。


そこで、Mac上でWindowsを使いたい場合に便利なのが、”VMware Fusion 7”です。 

 ⇒VMWare Fusion 7が15%OFF 


【VMware Fusion 7の特徴】

①Mac上で快適にWindowsを実行
VMware Fusion7は、Mac上でWindowsアプリケーションを再起動なしで実行できるようにする、信頼性に優れたソリューション。Windows アプリケーションを継続して利用する必要がある新規および既存の Mac ユーザーに最適。

②PCからMacへ容易に乗り換え
FusionのWindows用移行アシスタントを使用して、PC 全体を簡単にMacに移行できるます。

Mac上で仮想化が実現することで、WindowsとMacの両方のメリットを活用できるようになります。


③お気に入りの Windows プログラムを実行
お気に入りのWindows アプリケーションを、再起動なしでMacアプリケーションと同時に実行できます。

Mac上で実行するオペレーティング システムがWindows 7、Windows 8.1 のいずれの場合でも、Fusionの簡易インストール機能により、迅速に導入して実行することが可能。

また、Microsoft Project、Access、Internet ExplorerなどのWindows固有のアプリケーションを実行できます。
fusion-windows-on-mac


④Boot Campの機能を完全に補完
WindowsまたはMacのどちらを利用するか、起動時に選択する必要はありません。

Fusionでは、既存のBoot Campパーティションから直接起動して、WindowsとMacのアプリケーションを同時に実行できます。
fusion-bootcamp


VMware Fusionは、Macを再起動せずにWindowsを実行する事ができ、MacもWindowsも使いたいという方にとても便利なソリューションです。


そして、今なら期間限定の15%オフで購入する事ができます!