Windows Server 2012 R2の環境で、移動プロファイル、フォルダリダイレクトを設定する手順を紹介します。


事前準備として、移動プロファイル、フォルダリダイレクトはADのグループポリシーを使用するので、ADDSをインストールしておいてください。


ADDSのインストール手順は過去記事を参照してください。

>>Windows Server 2012 R2へ「Active Directoryサービス(ADDS)」インストール手順
 

続いて、 移動プロファイル、フォルダリダイレクトのデータを格納する共有フォルダを作成します。ユーザーのデータが増えていきますので、大容量のデータが保存できるファイルサーバーなどに作成します。


【共有フォルダーの作成手順】
1. 任意の場所に移動プロファイル、フォルダーリダイレクト用の共有フォルダを作成します。
※隠しフォルダーにする場合は、フォルダー名の最後に「$」を入れてください。※追記ですが、隠しフォルダーではなく隠し共有にすることもできます。

【例】
移動ユーザープロファイル:Profiles
フォルダーリダイレクト:Redirects
aremotedesktop01


2.作成した移動プロファイル用フォルダーを右クリックし、「プロパティ」をクリックします。


3. 「共有」タブをクリックし、「詳細な共有」をクリックします。
aremotedesktop02


4. 「このフォルダーを共有する」にチェックを入れ、「アクセス許可」をクリックします。
※隠し共有にする場合は、ここで共有名の最後に「$」を入力してください。
aremotedesktop03


5. 「フルコントロール」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。
aremotedesktop05


6. 「OK」をクリックします。
aremotedesktop06


7. 「閉じる」をクリックします。
aremotedesktop07


8. 作成したフォルダーリダイレクト用フォルダーを右クリックし、「プロパティ」をクリックします。


9. 「共有」タブをクリックし、「詳細な共有」をクリックします
aremotedesktop08


10. 「このフォルダーを共有する」にチェックを入れ、「アクセス許可」をクリックします。
aremotedesktop09


11. 「フルコントロール」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。
aremotedesktop10

 
12. 「OK」をクリックします。
aremotedesktop11


13. 「セキュリティ」タブをクリックし、「詳細設定」をクリックします。
aremotedesktop13


14. 「継承の無効化」をクリックします。
aremotedesktop14


15. 「継承されたアクセス許可をこのオブジェクトの明示的なアクセス許可に変換します。」をクリックします。
aremotedesktop15


16. 「Users」の一方を選択して、「削除」をクリックします。
aremotedesktop17


17. 残った「Users」を選択し、「編集」をクリックします
aremotedesktop18


18. 「適用先」を「このフォルダーのみ」に変更し、「高度なアクセス許可を表示する」をクリックします
aremotedesktop20


19. 「高度なアクセス許可」に以下の項目のみチェックが入った状態で、「OK」をクリックします。
■フォルダーのスキャン/ファイルの実行
■フォルダーの一覧/データの読み取り
■属性の読み取り
■フォルダーの作成/データの追加
aremotedesktop21


20. 「OK」をクリックします。
aremotedesktop22


21. 「閉じる」をクリックします。
aremotedesktop23

 
以上で、共有フォルダの設定は完了です。