20141024_202613

以前の私もそうでしたが、飲んだら気が大きくなって、おごり症になる人がいます。


約4年くらい前ですが、地元の広島で仕事をしている時に、仲良くしていた同僚を誘うたびに奢っていたので、給料のほとんどが飲み代でなくなっていました。


今思えば、無駄な浪費だと思っていますが、人によってはついついおごってしまう人がいるのではないでしょうか。


私の同僚でも、後輩にキャバクラを7万円奢った人がいて、ボーナスが一気に飛んでしまったと言う人もいます。


私も普段、お世話になっている人にはたまに奢る事もありますが、それは最初の一次会くらいで、2次会以降はしっかりと割勘にしています。


サラリーマンにとって飲み会はとても重要なコミュニケーションツールですが、飲んだら記憶がなくなったり、気が大きくなって想像以上の行動をしている事があるので、注意が必要です。


もし、飲みの回数が多くて、貯金が中々増えないという方がいたら、一度、家計簿をつける事をお勧めします。


実際に数字としてみると、毎月、とんでもない金額を飲み代で失っている事に気づくことができます。


私の同僚の一人は、実家暮らしとい事もあり、ひどい時は飲み代が10万円を超える事があるそうです。


毎月10万円あれば、年間で100万円以上の貯蓄が可能です。


そして、このお金をしっかりと資産管理すれば、将来的に大きな資産を構築する事も可能なのです。


飲み代って積もれば、とても大きな出費になっていますので、年末年始のお酒の飲み過ぎには注意してください。。。


ちなみに、飲み会の幹事は以外とお得な事がありますので、いろんなサービスを活用して裏でお小遣いを稼いじゃいましょう!


>>飲み会の幹事はお得!よくいくメンバーで飲む時は進んで幹事をやりましょう


キャンペーンなどによっては、数千円のポイントを稼ぐ事も可能です!