medium_2182613011


本業のシステムエンジニアの仕事において、今携わっている案件で一緒に仕事をさせて頂いている方と投資について意気投合して、最近色々と話をしています。


その中で、私も昔からこだわっている英語について盛り上がりました。


その人は、学生時代に留学までして、英語を学び、当時は日常会話くらいはできたようです。


しかし、長く英語を使わない生活をしていると、英語を話すどころか、リスニングも難しくなったとの事です。


実際、英文科を卒業して、英語の勉強を始めては、止めてを繰り返しているのですが、この方法では一向に上達しません。


勉強を止めてはいないので、ある一定レベルはキープしていますが、飛躍的に上達することがないんですね。


英語に限らず、多くのスキルは使わなくなると下手になりますし、忘れてしまいます。


結局、日本の環境自体が英語のスキルを身に着けるのに向いていないということになります。


また、私の知り合いで高い授業料を払って駅前留学している人がいますが、金額が高いのと、スケジュールが合わず、結局、上達しないまま止めてしまいました。


結局、継続できないやり方ではダメだという事です。


つまり、英語も日常の中に溶け込ませる必要があるという事です。


本気で英語のリスニングをつけたいのであれば、一日に最低一時間はリスニングに集中する時間を作るなど。


また、最近では、オンライン英会話がかなりお得な金額で利用できますので、こういった機会を利用するもの手だと思います。


私は、初の海外投資がフィリピンなので、子供が少し大きくなったら、自分が持つ権利として、購入した物件に宿泊しつつ、英語を学びに行こうと思っています。


まずは、英語をより身近なものにし、可能な限り日常に溶け込ませることが上達への一歩ですね♪