medium_3845645512

最近知ったのですが、東京メトロを利用する場合に、経路によっては態々、定期券売り場に行かなくてもPASMO定期の路線変更できるんですね。


これまで、 ピンク色の券売機で、PASMO定期券の「継続」はできる事は知っていたのですが、新規購入を選ぶ事で、路線変更ができます。

券売機(定期券発売機能付き)でのお手続き(PASMO)


これまで路線変更する場合は、定期券売り場にいかないとダメだと思っていたので、メトロの駅員さんに教えてもらった時は、衝撃の事実でした。


そして、PASMOのサイトをチェックしていて、これまで知らなかった機能があるので、紹介します。


以下は抜粋です。

------
①電子音でのお知らせ機能設定
お客さまのご要望により、「電子音でのお知らせ機能」の設定を変更することができます。
SF残額が1,000円以下になった場合、または定期券の有効期間が14日以内になった場合、改札機やバス車内でのご利用時に電子音でお知らせする機能を設定できます。 


②定期券有効期間外のSF利用停止設定
お客さまのご要望により、「定期券有効期間外のSF利用」の設定を変更することができます。
PASMO定期券の有効期間外であることに気付かずに、運賃をSFから減額されることを防ぐため、改札機やバス車内でSF利用ができないように設定できます。
------
 

上記の①の機能は意外と使える機能ですね~。


よく定期外を移動する事があって、運賃が足らなくなる事があるので、これは便利な機能だと思います。


--
 
また、東京メトロの『To Me CARD』を利用すると、いつもよりお得に東京メトロを利用する事ができます。


そして、「To Me CARD」をハピタスで申し込むとポイントが別で貯まってお得です。カード申し込みで、「540円分」のポイントがたまります。


また、ハピタス未登録の方は普段の生活でポイントがドンドン貯まってお得です!

※ハピタス未登録の方はこちらから