20150520_151725

今年の3月まで千葉に住んで、東京で仕事をしていたのですが、福岡に移住してよかった事の一つは、朝の時間ができた事です。


東京での通勤時間は、Door to Doorで1時間前後かかっていました。その為、朝に7時に起床しても、準備などをしていると、気づいたらご飯を食べる余裕なんてありませんでした。


その為、朝、早く起きてもなんだか慌てているイメージが強かったのですが、福岡に移住して、朝の時間に約30分ほど余裕ができました。


この30分は意外と大きく、これにより朝食をゆっくり食べる時間ができたのです。


このゆったりした時間はかなり貴重で、仕事が終わっても早く帰宅出来るのも魅力ですね。


地方は家賃も安くてコストパフォーマンス的に色んなメリットがあります。


また、福岡、仙台、神戸、大阪など栄えている都市に住めば、物やサービスに困る事もないので、せわしい東京に疲れた人には地方生活はおすすめです。


ただし、いつも書いていますが、年収は下がる可能性が高いです。


その為、生活水準が下がる可能性がある事は注意ですね。


東京は忙しい場所ですが、その分、お金を稼ぎやすいです。仕事も多いです。その為、その分を考慮して地方に移住しないと、想像と違った!という事になりかねません。


例えば、地方に移住しても給与が下がらない場合や、副業でどこに住んでも稼げるといった人は地方に移住した方が生活コストも下がるし、自分の時間がたっぷりできていいのではないでしょうか。


その為、おすすめは副業で稼げるようになって移住する事ですね。


仮に、副業で30万円稼ぐ事ができたら、本業で楽々稼いで、余裕のある生活をする事ができます。地方に住むデメリットはお金くらいでしょう。


もちろん、地方でも稼いでいる人や職業の人はいますので、人によっては地方に移住して大正解!という人もいると思います。


私も、これからブログでの収入さえ増えれば、まさにそのパターンになれると思います。


自分の思うような人生を手に入れる事は、決して容易ではありませんが、日々、こつこつと頑張っている人に、そのご褒美が与えられるのだと信じています。

田舎暮らしの本 2015年 07 月号 [雑誌]