Google Chromeのユーザーデータ、キャッシュディレクトリはデフォルトでは、以下の場所に保存されます。

Windows7以降

■ユーザーデーター
%UserProfile%\AppData\Local\Google\Chrome\User Data

■キャッシュデーター
%UserProfile%\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default


通常は問題ないのですが、移動ユーザープロファイルを利用している環境だと、ローカルに保存される為、GoogleChromeの設定やキャッシュデータなどが移動ユーザープロファイルのフォルダに保存されません。


そこで、移動ユーザープロファイルを利用している環境で、GoogleChromeを利用したい場合は、グループポリシーを利用します。


また、ADにインポートするポリシーについては以下を参考にして下さい。

>>デバイス用の Chrome ポリシーを設定する(Chrome for Work ヘルプ)
 

そして、ポリシーをインポートした後は、以下の設定を行ないます。


[ユーザーの構成]-[ポリシー]-[管理テンプレート]-[従来の管理用テンプレート(ADM)]-[Google]-[Google Chrome]-[ユーザーディレクトリを設定する]
${roaming_app_data}\Google\Chrome\User Data


[ユーザーの構成]-[ポリシー]-[管理テンプレート]-[従来の管理用テンプレート(ADM)]-[Google]-[Google Chrome]-[ディスクのキャッシュ ディレクトリの設定]
${roaming_app_data}\Google\Chrome\User Data\Default


また、サポートされるDirectory Variables は以下を参考にしてください。

>>Supported Directory Variables


以下は一部抜粋です。
 
Windows only: 
-------------
 ${documents} - The "Documents" folder for the current user. 
(example resolution : "C:\Users\Administrator\Documents") 

 ${local_app_data} - The Application Data folder for the current user. 
(example resolution : "C:\Users\Administrator\AppData\Local")

 ${roaming_app_data} - The Roamed Application Data folder for the current user. 
(example resolution : "C:\Users\Administrator\AppData\Roaming")

 ${profile} - The home folder for the current user.
(example resolution : "C:\Users\Administrator") 

 ${global_app_data} - The system-wide Application Data folder.
(example resolution : "C:\AppData")

 ${program_files} - The "Program Files" folder for the current process. Depends on whether it is 32 or 64 bit process. 
(example resolution : "C:\Program Files (x86)")

${windows} - The Windows folder
(example resolution : "C:\WINNT" or "C:\Windows")

${client_name) - The name of the client pc connected to an RDP or Citrix session. Available on Chrome 25+.
Take into account that this variable is empty if used from a local session. Therefore if used in paths you might want to prefix it with something which is guaranteed 

to be non-empty.
(example : C:\chrome_profiles\session_${client_name} - produces c:\chrome_profiles\session_ for local sessions and
c:\chrome_profiles\session_somepcname for remote sessions.)


移動ユーザープロファイルを利用する環境の場合、そのまま利用することができないので、上記のような対応が必要になります。


システムによってはGoogle Chromeでないと動作しないものもあると思いますので、IEではなく、Google Chromeを導入しなければならない企業もあると思いますので、そういった場合に、Google Chromeのポリシーは効果的ですね。


移動ユーザープロファイル環境で、Google Chromeを利用する場合は参考にしてみてください。