GalaxyS5のシステムアップデートをしてからバッテリーの消費が急に激しくなりました。これは、Android5の設定によるものだという事で、Wi-Fiの設定を変更しました。


ちなみに、変更手順は以下です。


「設定」→「Wi-Fi」→右上のアイコンで「詳細設定」をタップします。


以下の画面が表示されますので、スリープ中でもWi-Fi接続を維持が常にONになっています。これが問題みたいです。
Screenshot_2016-03-15-14-04-06


Wi-Fiとか音声通信って意外とバッテリーを消費します。以前、仕事でスマホを持ち込めない場所があったので、ロッカーに電源ONの状態でスマホを置いていたら、夕方チェックをしたらスマホのバッテリーがゼロになっていました。おそらく、電波の届かない場所で電波を懸命に検索した結果、スマホのバッテリーが消耗したのだと思います。


他にも、新幹線なんかで利用しているとスマホのバッテリーの消耗が激しい事もありますね。そこで、この設定をオフにする事で消耗を軽減します。


この「スリープ中でもWi-Fi接続を維持」の設定で、「充電時のみON」か、「常にOFF(データ使用料が増加)」を選びます。
Screenshot_2016-03-15-14-12-44


私は「常にOFF(データ使用料が増加)」を選びましたが、この場合、通信が発生した場合、スリープ中だとWi-Fiではなく、LTE経由になってしまうので、データ使用料が増加してしまいます。その為、LTE通信をなるべくさせたくない場合は、「充電時のみON」がオススメです。


充電時であれば、バッテリーの消耗が多少あっても大丈夫ですからね。
Screenshot_2016-03-19-18-39-32


後、ネットワーク通知とスキャンを常に許可のチェックも外します。
Screenshot_2016-03-20-11-21-00

スキャンを常に許可にチェックを入れていると、Wi-Fiがオフの場合でも、Google位置情報サービスやその他アプリケーションがWi-Fiネットワークを利用する為、電池の消耗が激しくなる要因となります。


これにより、確かにバッテリーの消費が抑えられるようになったのですが、たまに、充電をしていても、充電が進んでいない場合があるのです。


そこで調べいてたら、どうやらアプリ自体は起動していなくても、使用したアプリ一覧にずらーっとアプリが表示されている場合は、充電が進みませんでした。これを赤枠の部分をタップすると、一覧を削除できます。
Screenshot_2016-03-26-10-24-21


「最近使用したアプリはありません。」と表示されます。
Screenshot_2016-03-26-10-24-31


一応、これにより問題なく充電されるようになりました。使用したアプリの一覧でもバッテリーの消費の影響ってあるのか不思議。


もしかして、自分の端末だけのバグ???


とりあえず、暫定対処で対応していますが、スマホでバッテリーの消費が激しいのは致命的なので、早く修正して欲しいものです。