b8b99fd2c556989bc05c1e4a91c69b8a_s

数年前にスタートした海外投資ですが、私が最初に投資したファンド投資の事業が不調で、換金されることになりました。


内容としては、フィリピンのシルバー介護事業と、一部、ホテルとして貸し出すというもので、投資金額は約60万円ほど。


毎月、3万円ずつ支払い、かなり前に支払いが完了していて、利回りは約7%の予定でした。毎年、約4万円ほどの不労所得が入ってくる予定でしたが、事業が不調との連絡があり、その分を少し上乗せして、返金してくれるとのこと。


母親は私が投資をしているという話をしたら、「絶対にだまされている!」と言ってきたり、「事業が不調で返金される」という話をしたら、「本当にお金返ってくるの?」と不安そうな様子。


そして、先日、振込先の銀行の情報を伝えて、最初の入金がありました。私がもともと信頼してスタートした会社での投資なので、特に不安にしていませんでしたが、一般的に投資って「詐欺」のイメージが強いんですよね。


特にテレビのニュースでも詐欺の話題が多いですから、確かに投資をするときは、慎重になったほうがいいこともあります。そして、投資をする際に気をつけたほうがいいのが、ふっと出てきた投資話です。


例えば、会社などで、突然、同僚などがいい話があると持ちかけてきた時です。他にも、知人経由でも、そういった投資話が来ることがあるかもしれません。


はたまた、オレオレ詐欺のごとく、電話から詐欺話が来ることもあります。


そして、投資であまりに高額なリターンがある場合も怪しいと思ったほうがいいですね。うまい話には必ず裏があると思ったほうがいいです。


私が尊敬する投資家の言葉ですが、本当にいい投資話があったら、他人に教えずに自分や、身内など限定した人にしか話さないのが普通で、見ず知らずの人に美味しい投資話を紹介するわけないのです。


普段から、そういった意識さえあれば、へんな投資話がきたときに、「なんか怪しい!」と思えるようにしておくことが大切ですね。