b8b99fd2c556989bc05c1e4a91c69b8a_s

私の周りには、かなりの資産を稼いで海外で生活をしている人がいます。私も資産を構築する上で、海外で優雅に過ごすなんて事を夢見ている訳ですが、実際に海外セミリタイアする方というのは色んな理由があると思います。


例えば、老後、日本は物価が高いので、ゆったりと過ごす為に海外を選ぶ。例えば、人気があるのはフィリピンなどですが、物価も家賃も安いので、日本の半分以下の生活費で、贅沢な暮らしが可能になります。


日本は物価も高いし、税金も高いので、今後、益々生活が大変な状態になりますからね。ある程度の収入がある人や、お金持ちは、海外移住を検討するのは至極当然のことだと思います。


そして、ある程度の貯蓄が出来たので、そろそろ、海外へ移住・・・と考えている方で、ちょっと注意したほうがいいかもという事があります。それは、女性問題ですね。


私が建築関係の仕事をしている時に、一緒に働いていたおじさんたちのハマっていたものは、もっぱらフィリピンパブでした。理由は、若い女の子と付き合えるチャンスがあるからです。普通の、キャバクラ、スナックだと女性と付き合うのが難しいですが、フィリピンパブなら、優しくしていれば、ルックスよりも優しさや経済力を重視してくれるから、付き合う事ができるようです。


実際に、40代の男性が、20代のフィリピン女性と付き合っているのを写真で自慢されたこともあります。特に、年齢を重ねると、若い女性は魅力的に感じるのかもしれません。


そして、海外にセミリタイアする場合、同様に女性問題には注意したほうがいいかもしれません。という記事を発見しました。


こちら。
>>40男が「海外セミリタイア」したら悲惨なことに…現地女性にダマし取られた額は3000万円以上


記事によると、タイのバンコクでセミリタイアした40代バツイチ男性が、現地の若い女性にコンドミニアムをだましとられたというものです。

「40代バツイチだけど、5000万円も貯まったし悠々自適に暮らそうとバンコクで若い女性と付き合ったんですが、800万バーツ(約2500万円)で一括購入したコンドミニアムをダマし取られてしまいました……」


この男性の過失は、同棲のため手に入れたコンドミニアムをつい彼女名義にしてしまったのが運の尽きという事です。ちなみに、この男性は、コンドミニアムをだまし取られただけではなく、交際中は、ブランド物をプレゼントしたり、色んな出費がありその金額は3000円万円を超えるそうです。

「年齢差も国柄も合わず、半年で別れました。ところが、彼女は自分名義であるのを理由に『出ていかなければ訴える!』と言い出し、自分が買った家なのに追い出されることになったんです。それ以外に交際中ブランド物をプレゼントしたり、彼女の実家にも仕送りをして家と合わせて消えたお金は3000万円以上。相手に入れ込んだ自分がバカなんですけど、今思い出しても悲惨です」


大事に貯めた3000万円を失い、今は、海外で働かざるを得ない状況になっているそうです。優雅なセミリタイア生活を夢見ていた男性が、海外で失ったものは大きいですね。


女性に騙されて痛い目を見るのは、日本であろうが、海外であろうが変わらないと思いますが、大事な資産を失わないように注意が必要ですね。

「年収500万円以上」の人が豊かなまま早期リタイアを果たす実践マニュアル―“瀕死の激務"だった私が、自由の旗を揚げられた資産