人生を成功させたい!と思っている人はビジネス書などを読む習慣を持っている人が多いと思います。実際、私も数々のビジネス書を読んできました。


例えば、多くの書籍を読んで思ったのは、本をいくら多く読んでも人生が成功するとは限らないという事です。私自身、本を読んだから人生が好転に進んでいるかというと、必ずしもそうではないと思います。


ちなみに、ビジネス書を読む人はメンタルが弱いという記事を発見したのでシェアします。
ビジネス書を読み漁る人ほどメンタルが弱い理由


まず、記事では読書が成功する為の必須アイテムかどうかが書かれています。
「成功するには読書をしよう」といったフレーズをよく耳にします。
ビジネス書を読めば新たな視点が身につき、社会的な成功に結びつくというのが、お決まりの主張です。

確かに、ウォーレン・バフェットやビル・ゲイツなど、巨万の富を築いた成功者に読書家が多いのは事実。成功のためには読書が不可欠だと考えてしまうのも無理はありません。しかし、いっぽうでライフハック系のブログなどを見ると、「5,000冊はビジネス書を読んだ!」や「読書で人生が変わった!」という極端な物言いが多く、どうにもうさん臭い印象が拭えません。

果たして、読書は本当に成功の必須アイテムなのでしょうか?

そして、記事によると、ビジネス書をよく読む人ほどストレスに弱く、うつ傾向が高く、本をたくさん読んでも人格は良くならないし、セルフコントロール能力にも変わりはないとあります。
 そこで参考になるのが、モントリオール大学が2015年に行った実験です(1)。研究チームは30人の参加者を集め、2つのグループにわけました。

1.ビジネス書をよく読む人
2.ほぼ読書をしない人

ここで言うビジネス書とは、カーネギーの「道は開ける」のような古典から、「結局、自分のことしか考えない人たち」のような近年の心理学書までさまざま。人生や仕事へのアドバイスが書かれた本は、すべてビジネス書として定義したようです。

◆ビジネス書ジャンキーはストレスに弱いという実験結果

そのうえで、参加者のストレスレベルやパーソナリティ、うつ傾向を計るテストを行ったところ、結果は以下のようなものでした。

・ビジネス書をよく読む人ほどストレスに弱く、うつ傾向が高い
・本をたくさん読んでも人格は良くならないし、セルフコントロール能力にも変わりはない

なんと、ビジネス書ファンは、ちょっとしたトラブルでもストレスを感じやすく、「うつ病評価尺度」の得点も高かったというのです。
 
えーっ、では本を読んでも意味がないの?という事になりますよね。


また、今回の記事で興味深いのが、読書の量とセルフコントロール能力に相関がなかった事です。さらに、続いて書かれていますが、ここ数十年の研究により、自己コントロール能力こそが、人生の成功を左右する大事な要素だとあります。


一つ言えるのは、読書は決してマイナスではありませんが、何十冊、何百冊読んだから成功できるという類のものではないということです。


ただ、個人的に思うのは、読書、むしろ、情報を集めることが成功のきっかけになる事はあると思います。例えば、以前、輸入転売で稼げた時期がありましたが、それも雑誌で情報を入手したことが要因でした。


今でも、BIG tomorrowは愛読していて、定期的に情報を集めるようにしています。


個人的にこの雑誌との出会いがなければ、今の自分はありません。そう考えると、この雑誌を読んでいた事は自分にとって大きなチャンスだった訳です。


つまり、読書をする事がゴールではなく、その情報を得て、普段の行動に落とし込むことができるかどうかがカギになります。本を読んで満足するのではなく、そこからどうするかのほうが圧倒的に重要です。記事にもありますが、ビジネス書ジャンキーになっても意味がありません。


本を読んでも成功できない、、、という人は、まずは普段の行動を変えるところからスタートすることをオススメします。