今、色々と試行錯誤している時期で、中々、うまく進んでいるとは言えません。ただ、もがいた後の結果は何かしらの答えがでるので、どんなに辛くても頑張る事はとても大事だと思っています。


世の中、色んな壁がありますが、ただ逃げ出すと逃げ癖がついてダメになりますが、そこを少し我慢すると、結果が出ないのが自分のせいかのか、環境のせいなのか分かるようになります。


環境のせいだったら、さっさと抜けた方がいいですし、自分が悪いんだったら頑張るしかありません。ただそこの判断はある程度、頑張ってきた人しか分からないと思いますが。


さて、日々、ブロガーとして記事を更新しまくっている訳ですが、久しぶりに感銘を受けた言葉を聞いたのでシェアしようと思います。


この言葉を出した方は、もともと同じサラリーマンですが、今は独立して大きな結果を出しています。少なくとも普通のサラリーマンよりは圧倒的な結果と収入を得ています。


それがなぜ成し遂げられたか。それは考え方の違いでしかありません。それが分かる言葉です。

東京で久しぶりに通勤電車に巻き込まれてしまうと、 つい「しまった」と思う。 


ただでさえ窮屈なうえに、 死んだような表情をした会社員を見ると、 自分の現状に嫌気が差してくるからだ。 


人というものは、 人と同じ行動をしていると、 どうしても周囲に流されてしまい、 つい同じような思考になってしまう。 


ということをなんとなく感じていたので、 私はサラリーマン時代から、 なるべく周囲の人と違う行動を取るようにしてきた。 


もちろん、 会社内ではしっかりと仕事をして、 評価を維持しながら。 


私がもし今サラリーマンだったら、 間違いなく始発で会社に来て、 会社の近くのカフェでモーニングセットを注文し、 業務が始まるまでそのまま副業する。 


そしてランチは会社の同僚とではなく、 1人で食べながら、今後の計画を練る。 


会社の業務が終わったら再び終電まで カフェにこもり、副業に勤しむ。 
  
  
終電で自宅に戻ったら、 シャワーを浴びて即就寝。 
そして始発に間に合うように起床。 
これで1日2〜4時間ぐらいは、 副業の時間を確保することができる。 


これで必死で1年ぐらいやれば、 必ず何らかの結果が出ているはず。 
もしくは、会社の近くにマンションを借りて、 自転車通勤にする。 


これであれば、 たとえ家賃を数万円多く支払うことになっても、 副業する時間が増えるので、 簡単に取り返せるだろう。 


ちなみに、東京都内で最も遅くまで開いているスタバは、 TSUTAYA TOKYO ROPPONGI店 
SHIBUYA TSUTAYA店 で朝4時まで。 


さすがに朝4時までは起きていられないので、 せめて朝2時ぐらいまでがリミットか。 


ちなみに、夜遅くまで開いているランキングは、 

1位:午前4時 
TSUTAYA TOKYO ROPPONGI店 
SHIBUYA TSUTAYA店 
  
2位:午前3時 
TSUTAYA 馬事公苑店 

3位:午前2時 
代官山蔦屋書店 
TSUTAYA 大崎駅前店 
芦花公園店 
用賀店 
町田金森店 
日野万願寺店 

となっている。 


私が今サラリーマンだったら、 このどこかの店に 夜な夜な出没しているかもしれない。

実は今の私も同じような行動をしています。そのおかげで、ブログの記事数ももうすぐ7000を超えそうです。一般ブロガーでこれだけの記事を更新している人は稀なのではないでしょうか。


これを成し遂げる為には、自分の時間はほぼ、犠牲にしなければなりません。それが可能なのも、将来を考えているからです。過去の記事はすべて財産です。


自分がどうなりたいかで、日々の行動は変わってきます。今回のメッセージは私だけではなく、多くの人に突き刺さったのではないでしょうか。ただ、それが継続できるか。。。 


多くの人はそこまで自分を追い込めないと思います。だから、成功する人、そうではない人が大きく分かれるのだと思います。