最近、副業、起業系の悪徳商法がニュースになる事が多いですね。そもそも、こういった悪徳商法は、情報弱者を狙ったものなので、普段から予備知識さえあれば気付けるのですが、楽に稼ぎたいとか、今の仕事が辛くて楽になりたいとか、考えている場合に騙されやすいです。


実際、私も楽に稼げる系で何度か騙されそうになった事がありますが、実際、楽に稼げない方法の方が長く稼げますし、やはり、楽に稼げるものってすぐに飽和します。


その為、重要なのが稼ぎ続ける事だと思う訳です。そして、今回、事件としてニュースになったのが「せどり」です。せどり自体は、これまでもよく取り扱われる副業の手法で、よくあるのがブックオフなどで安く本を仕入れてアマゾンなどで高く売る方法です。


個人的には時間の割には非効率だと思ってやったことがないんですが、これが悪徳商法で使われているようです。


こちら。
「せどり」初摘発!>古本ネット転売、「稼げる」とうその疑い 3人を逮捕


記事によると、最近、せどりがもうかるというキーワードがありますが、せどり自体は、かなり前からある手法です。そして、今回は、せどりを勧誘として使った側が捕まったという話です。
最近、「競取り(せどり)がもうかる」などというネット上の都市伝説が広がっていますが、今回は、初の「勧誘」側の摘発となりました。

実際今回の摘発でも、下記の朝日新聞2016年11月15日付け報道によると、「購入者は「転売後の利益はほとんどなかった」「一番多くて月に千円ほどだった」などと話しているという。」と報道され、新手の内職商法とも評価できる「悪徳商法詐欺事案」だろうと思われます。

摘発は、消費者被害の摘発では定評のある宮城県警です。

そして、以下に摘発された会社が書かれていますが、なんと3年くらい前から苦情があったそうです。

今回摘発されたクリック・スクエアに関しては、3年くらい前からネット上では苦情が出始めていたようです。 →Yahoo知恵袋=「㈱クリックスクエアという会社から連絡があり」=2013/11/21 15:34:09
「せどり」という言葉自体が商取引用語であり、一般の市民が行う行為であっても、事業行為にあたることが一般に明らかであり、事業者規制がかかることになります。

ですから、今回のように取り扱う商品が古本のように古物であれば、古物営業法の規制にかかり、また取り扱う商品が新品であっても、通信販売として、特定商取引法の規制が、それぞれかかることに注意しなければなりません。

すなわち前者の場合は、古物営業の許可を経ないで、古物販売を行えば犯罪となり逮捕される可能性がありますし、後者であれば、ネット上の取引は通信販売として、通信販売規制である、事業者の明示等が必要となり、行政処分を受ける可能性があります。
 
基本は30万円の初期費用がかかり、毎月5万円の収益があるというものですが、それでもどうかと思いますよね。。。


ちなみに、私もかつて輸入転売で月収40万円ほどいったことがありますが、すべて、無料のノウハウだけでやり方はわかりましたからね。今はそんな時代です。副業の方法なんて世に知られまくっています。むしろ、どう頑張るか、知恵を絞るかが重要です。


だから、簡単に稼げる魔法の杖があるなんて思わないほうがいいです。同様に、今日の記事でも書きましたが、こんな高額セミナーの詐欺もあるので注意してください。

福岡市の起業家育成塾 プリモで130万円以上の詐欺?2億円荒稼ぎの手法は占い

ちょうど福岡で起業家育成塾の詐欺セミナーでの被害でニュースになっています。情報元はこちら。

起業塾、若者を食い物 福岡地裁が賠償命令 「詐欺行為組織ぐるみ」


記事によると「起業できる」とうたい、内容の乏しいセミナーに高額の受講契約を結ばせたとして、福岡県内の20代の男女6人が福岡市の起業家育成塾「primo(プリモ)」や代表らに計約730万円の賠償を求めた訴訟の判決が30日、福岡地裁であった。鈴木基之裁判官は「社会経験の乏しい若者に組織ぐるみで詐欺行為に及んだ」などとして、全額の支払いを命じたそうです。つまり、詐欺であると判断された訳ですね。


そして、被害金額も54万円~129万円と高額。
判決によると、予備校生ら6人は2014年4月~15年12月、会員制交流サイトなどを通して知り合った女性らから「プリモに入れば、起業して時間とお金を自由に使えるようになる」などと勧誘を受けた。6人は消費者金融から借金するなどして54万~129万円を払い、起業家育成プログラムの受講契約を結んだ。
 鈴木裁判官は判決で「執拗(しつよう)に勧誘して誤信させ、内容に見合わない高額の受講料を支払わせた」とした。プリモ側は「プログラムは確実な成果を約束するものではなく、虚偽の説明をしたことはない」などと主張していた。

プリモ側は「プログラムは確実な成果を約束するものではなく、虚偽の説明をしたことはない」などと主張していたとの事ですが、テレビに出演していた騙された若者は、社長と名乗る男が魅力的だったので憧れてしまったとあります。


最初は、コミュニケーションアプリで知らない女性がやりとりしてきて、世間話などからスタートし、その後、起業して成功している人に会わせたいという内容に変わったそうです。


そして、驚くべきはその内容で、なんと占いが主だったそうです。その後、知り合いの関係、連絡先などを書かせるリストを埋めるように言われてから、怪しく感じてセミナーに通わなくなったとのこと。間違いなく詐欺目的ですよね。

受講料80万円「月収1000万円いける」 名称変え活動継続している可能性が

受講料80万円「月収1000万円いける」 名称変え活動継続があるので注意が必要です。
 賠償命令を受けた福岡市の起業家育成塾「primo(プリモ)」は、団体名を変えて活動を継続しているとみられる。弁護団は同様の被害が続いているとして、この団体を相手取り、10月にも訴訟を起こす方針という。裁判で指摘された「組織ぐるみの詐欺行為」も続いているようだ。
 

こういった高額セミナー、高額塾は詐欺が多いので注意。

 受講料は80万円。講義内容を尋ねても「契約しないと教えられない」の一点張りで「消費者金融で借りられるから大丈夫」「パワーストーンの販売も仲介している。副業で稼げるからすぐ返済できる」と金策の手引きまでされた。
 3時間にわたって説明を受けたが、起業に結びつく具体的な内容は何も出てこなかった。決断できずに席を立つと「自分の未来を即決できないのは、ださい」「100万を背負えないと1億は稼げない」と言い放たれたという。
 130万円を払い、この団体で学んでいた別の20代男性によると、教えられたのは人との相性を知る“占い”や「ほうれんそう(報告、連絡、相談)の徹底」で、具体的な経営のスキルや知識はなかったという。

ちなみに、私も以前、雑誌の裏にある身長が伸びるという商材を買ってしまったことがありますが、内容は食事管理とヨガでした。どちらも健康にはいいのでしょうけれど、それで身長はグンと伸びる事はありませんでした。


当然ですが、、、ちなみに医者に言われたんですが、身長を伸ばすにはタンパク質がいいそうです。と話がそれてきましたが、こういった詐欺に合わないように普段から注意しましょう。そもそも、簡単に稼げるとか、高額な準備金が必要な時点で嘘くさいですからね。