こんにちわ、嫁です。


そろそろ次の子の出産準備をしなければならない時期になりました。


肌着とかは臨月ギリギリでもいいかなぁ・・と思っているんですが、抱っこ紐や授乳クッション等はそろそろ目星というか購入するメーカーを決めておこうかな、と。


まだ次の子が男の子か女の子かはっきり分からないので、洋服やおくるみの色は無難もので調べています。
女の子だったら、自転車や洋服が使いまわせて経済的には助かりますが、男の子もやっぱり欲しいですね~。


抱っこ紐はいろんな口コミを読んで、もうエルゴに決めてるんですけど、けっこう高いですよね。。。

商品の説明
色:ブラック
【3ポジション】【ADAPT アダプト】
1.対面抱き2.腰抱き3.おんぶの抱き方で使用可能。
赤ちゃんの成長にADAPTするエルゴベビー・ベビーキャリア。
新生児から首がすわるまでインサート無しで対面抱きが可能。クッション入りヘッド&ネックサポートが頭と首を支えるから、新生児にも安心です。
お子さまの月齢と状態に応じて、留め位置を変えて調節します。

【特徴】
1.エルゴノミックポジション・シートが新生児か幼児(3.2kg~20kg)までの成長に合わせて調節ができます。 
2.クロス装着も可能な肩ストラップと、腰サポート付きウエストベルトが赤ちゃんの荷重を分散。長い時間の使用でも快適です。 
3.クッション入りネック&ヘッドサポートが頭と首を支えます。 
4.スリーピングフード 首カックンのサポートや、日除けにスリーピングフード

【日本限定新機能】
もしもの時の安心のため、日本限定の新機能「ベビーウエストベルト」を開発いたしました。
エルゴベビー・ベビーキャリアの快適性はそのままに、もしもの時には「ベビーウエストベルト」が赤ちゃんの腰周りをしっかりホールドします。
「ベビーウエストベルト」をプラスしてもエルゴベビー・ベビーキャリアの装着手順はシンプルなままで、初めてのベビーキャリアで抱っこ・おんぶに不安のある方にも、「ベビーウエストベルト」でより安心してご使用いただけます。

【キッズデザイン賞/審査委員コメント】2010年度(第4回)
乳児を抱っこする際の姿勢、骨の発達を読み込んだ形状など日常の育児支援のベーシックなポイントをしっかりと抑えている。
重さを分散させ、親の身体負担軽減も可能にしている点も高評価。


しかしやっぱり「疲れにくい」というのはお値段以上の価値があると思うんですよね。


前回の娘の時は、西松屋で買った3000円くらいのやつでしたが、固定する紐が肩しかなかったので、お散歩も買い物も地獄でした。
 

これは経験してみないと分かりにくい事だと思いますが、1時間も肩に米俵背負ってるみたいなものですね。
ポジションの移動も出来ない。


お友達や口コミの意見を参考にすると、

「腰に1本支えの紐があるだけで、重たさが分散されてすごく楽!!」
とのこと。


しかもエルゴは、赤ちゃんがヨダレで肩紐も汚した時のためにカバーが装着できる。
衛生的!!


私はベビーカーを使わないつもりなので、少しでも育児をスムーズにするためにエルゴに決めています(値段だけが気になる・・)


あと、授乳クッション。
これは前回はアマゾンでウサギの絵が描かれたクッションを購入しました。
うちは完全母乳の頻回授乳なので、壁に持たれてクッションの上に娘を置いて授乳しました。




ただ、深夜も赤ちゃんはおっぱいを要求してきてこっちの眠たさ等お構いなしなので、本当に辛かった。


おっぱいあげながら、何度も一緒に寝落ちしました。


そこでよく思ってたのが、よく海外のドラマやアニメで出てくるあの籐で出来たゆりかご・・・・。
あれに揺られながらだったら、授乳しながら母親も寝れて楽なのでは・・・?と思ってました。


そして楽天で調べてみたらありました(笑)
ハンギングチェアですって(笑)




たっか!

でもお金に余裕があって、何より少しでも睡眠をとりたい切実な人には堪らない商品だと思います。
いいなぁ、1回揺られてみたいです(笑)


個人的には、無印の人をダメにするソファー2個使いが1番楽だし確実かなぁ、と思いますが。
正直授乳クッションよりも柔らかいうえにフィットするのでこれが最強だと思います。
1つは赤ちゃんはを固定するクッション。
 
もうひとつは母親が授乳しながら寝れるように腰に敷くクッション。
少しでも寝たい。
新生児を育てるうえで1番辛いのは何と言っても睡眠不足なので、ここはお金を使ってもいい場所だと個人的には思います。


無印は高い!!!という方には、ニトリのクッションがお勧めです。
うちは現在これをクッションで使っていますが、無印ほど弾力がないにしても十分なフィット感でダラダラできます。

ただ、中に詰めているマイクロビーズがヘタれてきたので、半年くらいで中身のビーズを補充するかしないとダラダラ感はなくなってきますね・・・。


ちなみに中身のマイクロビーズはアマゾンにも売ってありましたのでご参考に・・


ヘタれない堕落系クッションが「ヨギボー」にもあるらしいですが、これまた高くて手が届きません。
ただ、本当にヘタれないんだったら、逆にコスパはいいのかもしれませんが・・・。