pixta_17894860_S

最近、年齢の為か色んな病気にかかるようになりました。私は元々、体が強くない為、10代の頃は病気がちでしたが、30代になってからまた病気を患うようになりました。


元気な時は気づきませんが、病気になると色々と大変です。場合によっては仕事ができなくなる事もあるでしょうし、特に家庭を持っている場合は、悩みがつきません。


また、病気にも色々とありますが、「自律神経失調症」という病気があるのをご存知でしょうか。


まず、私たちの体は、気温の変化や精神的ストレスなど外からの刺激に対して、体内の状態を一定に保とうとする働きがあります。この働きは「自律神経」によって行われ、内臓、そして血管の収縮・拡張からホルモン分泌まで様々な器官を調整しています。


そして、交感神経と副交感神経という正反対のはたらきをする2つの神経から成り立っているのが自律神経。2つがバランスよく働くことにより、健康を維持しています。


ところが、外部からのストレスなどの刺激が長時間続くと、自律神経がそのストレスを排除しようして、バランスが崩れてしまい自律神経失調症を起こします。


そして、仕事や人間関係の悩みなどの精神的なものだけでなく、外的な暑さや寒さ、病気、けが、睡眠不足、騒音などの刺激のほとんどがストレスに該当します。

突然、更年期障害が発症した母親

かなり前の話になりますが、母親が突然、更年期障害になりました。それほどストレスのある生活をしていなかったと思います。


当時は一緒に暮らしていませんでしたが、会えば言い合いをしていた記憶があります。そして、怒りがエスカレートするので、今では考えられないほどの罵り合いをしていました。


その更年期障害も時間の経過と共に、完治しましたが、それはとても大変な時期でした。ちなみに、更年期障害の症状はさまざまで、日によって症状が異なったり、出なかったりもします。多いものとしては、ほてり、発汗、動悸、不眠などがあるそうです。


これも、結果、何が原因だったのか分かりません。更年期障害も発生する人、しない人がいますが、いざ、発症してしまうと、本人だけでなく、周りの負担はとても大きいものになります。

うつ病、パニック障害など精神的に辛い病気は完治に時間がかかる

最近、大手企業で若手社員の自殺が問題になりましたが、多くの場合、精神的に病んでしまい、鬱病などの精神疾患にかかってしまい、精神的に辛い状態になってしまうことが多いと思います。


私も昔、仕事の重圧から、軽いうつ病と診断されたことがあります。その職場で1年以上かけてうつ病になったこともあってか、完治するまでに2年近くかかりました。


本格的なうつ病になってしまうと、それこそ社会復帰にとても時間がかかる場合があります。私の知人は、鬱病にかかり、自殺未遂をしてしまった人もいますが、鬱病、パニック障害などの病気は、本人しか分からない辛い病気です。


また、こういった病気は、仕事だけで起こるものではなく、主婦の方が子育てをしていて、産後鬱にかかるケースもあります。


ちなみに、鬱病の治療は薬によるものが多いと思いますが、薬に頼った治療だけでは完治が難しいと思います。私も当時は、投薬治療をしていましたが、薬で改善しなかった為、別の方法を模索しました。治療をしていると感じますが、精神的な病気は、明確な治療法がない為、先の見えないトンネルの中にいるような感じてしまうのです。

伝統の整体操法による体癖調整・自律神経系等の調整で本質的解決

自律神経失調症で悩んでいる方は少なくないと思います。そして、治療がうまく行っていないという方もいるのではないでしょうか。


私も精神的な病気を経験しているから言えますが、症状が改善するまでの辛さは想像を絶するものがあります。その為、その期間が長く続くと「本当に治るのだろうか?」と疑問を持ってしまいます。


こういった治療は、早く気づくほどいいでしょうし、良い治療法に巡り合えれば、早い段階で改善することができるかもしれません。個人的に経験でいえば、長く続くほど、そこから抜け出すのも大変になります。
 

ただ、日本人はまじめで考えすぎる人が多いので、自分だけで考えてしまうことが多いです。そこで、自律神経失調症の症状を改善したいという方にお勧めの施術があるので紹介します。


それは、伝統の整体操法による体癖調整・自律神経系等の調整で本質的解決をしてくれるサービスです。

http://shinnsoku.org/


こちらのサービスでは、広島を中心に訪問での整体施術が中心となっており、基本的に自宅等に訪問して整体を行います。また、使用できる場所がない場合は公共施設やレンタルスペースにおいて整体施術も対応しています。


この施術は、日本に古くから伝わる整体操法を中心に行います。初めての方は整体操法、「気」というものを理解する為に、初回健康相談を受けることができます。


整体操法では動物としての人間が生まれながらにして持っている自動制御装置(自律神経系、内分泌系、免疫系など)が最大限に発揮されている状態を理想とし、身体の各部位とその自動制御装置の関係を利用して心身の異常を調整します。


その為、これまで薬による治療などを続けてきて、効果が出ていない方にも新しいアプローチによって、症状が改善される可能性があります。


実際、自律神経失調症で病院にかかる方も多いのですが、そこで自律神経失調症の解決にまで至るという方はそう多くないとのこと。


その為、 更年期障害・生理痛・生理不順・産後の不調、パニック障害、うつ病、メニエル病などの症状が改善せずに悩んでいる方は、一度、相談してみることをオススメします。


個人的に薬の治療は、一時的に症状を緩和しますが、それは逆に薬なしには生活ができなくなることを示しています。例えば、高血圧の薬を一度始めると、薬によって高血圧の症状は緩和しますが、薬を止められなくなると言います。


一番いいのは、薬に頼らず症状を緩和させる事、完治させる事です。自律神経失調症の治療について悩んでいる方は、是非、サイトを訪問してみてください。

http://shinnsoku.org/